簡単!便利!
無料査定・問合せのご案内

MENU

iPhoneリフレッシュ品は買取可能?交換品との違いを解説

iPhoneのリフレッシュ品は買取可能なのかと疑問に思うと思います!

リフレッシュ品や交換品の買取の有無やリフレッシュ品と交換品の違い、買取価格について気になるポイントを解説していきます。

iPhoneのリフレッシュ品、交換品って何?

キャリアの「iPhone補償サービス」、「AppleCare+」に加入している場合にiPhoneに不具合、紛失、盗難があった場合に新品同様(同機種)のiPhoneに変えてもらうまたは本体の交換修理が行われます。

交換機として新たに提供されるiPhoneは交換品、整備済み品、リフレッシュ品などと呼ばれています。

iPhoneリフレッシュ品と交換品の違いとは?

iPhoneのリフレッシュ品と呼ばれているのはドコモが提供するケータイ補償サービスによる交換修理において交換機としてユーザーに提供されるiPhoneのことです。

リフレッシュ品の特徴

リフレッシュ品は外観が新品に交換されているため見た目は新品同様に見えますが、中古品を整備して動作確認と端末の初期化をしたのみで、新品同様の品質が保証されているものではないのです。

外観は新品だけど中身は中古品といったら分かりやすいかもしれません。

交換品の特徴

交換品、整備済製品は、返品されたiPhoneや展示品などをAppleが再整備して新品同様の状態に仕上げたもので、品質は新品と何も変わらないです。

中古品を整備したものとは明らかに品質が異なります。

顧客から回収したiPhoneを再整備して組み上げられるリフレッシュ品との大きな違いになります。

※新品、整備済製品、交換品は“モデル番号”の頭文字でわかるようになっています。

(M:新品 F:整備済み製品 N:交換品)

※シリアルの調べ方は箱のバーコードの所に記載されています。

機種の場合(設定→一般→情報)で確認が取れます。

iPhoneリフレッシュ品は買取が可能か?

機種変更してiPhoneを売ろうと思う方もいると思いますが、リフレッシュ品でも買取してもらえるのか!?

そして買取価格がどうなのか気になりますよね。


答えはもちろんリフレッシュ品でも買取は可能です。

ですが通常品のiPhoneとは異なる点があります。

その違いは買取価格になります。

通常品のiPhoneよりは買取価格も減額対象になってしまう可能性が高まり、いくら外装状態が新品同様品になっても一度手を加えている以上は通常品とは異なる事から減額対象として査定する買取店も多いです。

リフレッシュ品も問題なく買取出来る!

結論色々含め保証交換がまだできるのであれば状態次第ではした方が高く売れる可能性があります。

また保証交換期間が終了している場合はApple公式やキャリアのサイトで修理などの見積もりを聞いた上で買取店に査定をお願いして有利な条件で売るのが一番いいです!