簡単!便利!
無料査定・問合せのご案内

MENU

iPhoneを買取に出す前にはリセットが必須!初期化の方法を紹介!

iPhoneを買い替える際、少しでも新しいiPhoneの購入費用の足しになればと、古いiPhoneを売りに出す人は多いです。

しかし、iPhoneには画像や動画だけでなく、クレジットカードやパスワードなどたくさんの重要な個人情報が保存されています。

iPhoneに残っているこれらの情報を完全に削除しないと、悪用されてしまうリスクもあるので、買取に出す際の初期化は必須です。

そこでここでは、iPhone の初期化の方法を紹介します。

iPhoneの初期化の前にやること

iPhoneを初期化する前にやらなければいけないことがあります。

何も下準備をせずにいきなりiPhoneを初期化してしまうと、後になって不便が生じたり、困ったりする場面が出てくる可能性があるので、初期化前にやるべきことを確認しましょう。

バックアップを取る

iPhoneを初期化する前には基本的にバックアップを取りましょう。

iPhoneを初期化すれば、iOSのバージョン以外は購入時の状態にリセットされます。

そのため、これまで保存してきた画像や動画は全て消えてしまいます。

iPhoneに保存していた今までの思い出が全て消えてしまうのは避けたいでしょう。

よって、バックアップは忘れずに行いましょう。バックアップの方法は次の段落にて詳しく解説します。

Apple Payに登録しているSuicaの削除


PhoneにSuicaを登録している場合、Suicaの削除も忘れてはいけません。

Suica1枚につき、登録できるiPhoneは1台までです。

初期化の前に登録しているSuicaを削除するのを忘れてしまうと、新しいiPhoneにSuicaを登録できなくなってしまいます。

削除の方法は、設定アプリの「WalletとApple Pay」に移動し、Suicaを選択して画面を一番下までスワイプすると出てくる「このカードを削除」をタップすれば完了です。

ただし、Apple WatchにSuicaを登録している場合は、Apple Watchのアプリから削除を行ってください。

Apple Watchのペアリング解除

Apple Watchのペアリングを解除せずに初期化を行うと、新しいiPhoneにApple Watchをペアリングできなくなってしまいます。

Apple Watchのアプリを起動し、「マイウォッチ」の中からペアリングしているApple Watchの名前を探し、その横にあるiボタンをタップしましょう。

すると設定画面へ移動します。

メニューの中から「Apple Watchとのペアリングを解除」を探し、このボタンをタップすればペアリング解除完了です。

おサイフケータイを削除

おサイフケータイを利用している方はおサイフケータイのアプリの初期化もしなければなりません。

おサイフケータイはFeliCaチップを利用して使用するサービスですがアプリを削除するだけでは利用履歴や個人情報は残ります。

iPhoneの初期化をしてもおサイフケータイのデータは削除されませんので注意してください。

おサイフケータイに関して詳しくはコチラをご覧ください

iPhoneのバックアップ方法

それでは、iPhoneのバックアップの際の詳しい手順を紹介していきます。

まずバックアップの方法にはiCloud経由の方法とiTunes経由の方法の2種類があります。

パソコンを持っていない、バックアップするデータ容量があまり多くないなどといった人はiCloudで良いでしょう。

しかし、iPhoneのデータは容量が大きくなる可能性が高いので、できるだけパソコンを準備し、iTunes経由でのバックアップをおすすめします。

それでは、それぞれの方法を確認していきましょう。

iCloud経由のバックアップ方法


iCloud経由でバックアップを取る場合は、まず設定アプリを開きます。

一番上にあるユーザー名をタップし、画面中段あたりにあるiCloudへ移動しましょう。

すると、画面の真ん中あたりに「iCloudバックアップ」があるので、これをONに切り替えたらバックアップが始まります。

iTunes経由のバックアップ方法


iTunes経由でバックアップを取る場合は、まずパソコンにiPhoneを繋いでiTunesを起動します。

iPhoneを認識したら、画面左上にiPhoneマークが出るので、それをクリックしてiPhoneのページヘ移動しましょう。

画面下部がバックアップに関する項目となっており、「iCloudにすべてバックアップ」「必要な情報だけiCloudにバックアップ」「すべてのデータをパソコンにバックアップ」の3つの方法からバックアップ方法を選べます。

iCloudには保存できるデータの量の制限があるので、できるだけパソコンにバックアップファイルを保存するのがおすすめです。

バックアップ方法が決まったら、画面右側にある「今すぐバックアップ」をクリックして、バックアップが開始されます。

パソコンにバックアップファイルを保存する場合、ファイルの暗号化を行います。

この際にパスワードの設定が求められるので、忘れないようにメモしておきましょう。

Apple IDからサインアウト

バックアップが終わったら必ずやらなければいけないのがApple IDからのサインアウトです。

サインアウトせずに初期化を行うと、アクティベーションロックと言って、初期化をした後にApple IDとパスワードを入力してログインしないと使えなくなってしまいます。

アクティベーションロックがかかっている状態のiPhoneは買取ってもらえないことが多いです。

そのため、この手順も忘れずに行いましょう。

方法は、まず「iPhoneを探す」をオフにします。

次に設定アプリを開き、一番上のユーザー名をタップします。

そして一番下にある「サインアウト」をタップすると、確認画面が出るので、サインアウトを選択して完了です。

iPhoneの初期化の手順

iPhoneのバックアップが済んだら初期化を行います。

設定アプリを起動し、画面中段にある「一般」をタップしましょう。

画面を下にスワイプしていくと出てくる「リセット」をタップし、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

すると、パスコードの入力が求められるので、入力を済ませ、「iPhoneを消去」をタップすれば初期化完了です。

初期化ができない場合はどうすれば良い?

Apple IDのパスワードがわからないなどの理由で初期化ができない場合もあるでしょう。

この場合はAppleに直接問い合わせるのが良いです。

しかし、すぐに買取に出したいけれどもAppleの問い合わせの返答がいつになるかわからないこともあります。

この場合は強制的に初期化する方法を取るのがおすすめです。

ただし、この方法を行うにはパソコンが必須となるので注意してください。

まずiPhoneの電源を切ってiTunesを起動し、iPhoneをリカバリーモードにします。

リカバリーモードにする方法は機種によって異なり、iPhone8以降は電源ボタンを押した状態でパソコンに接続、7・7plusは音量を下げるボタンを押したままで接続、6以前はホームボタンを押したままで接続となります。

すると、iTunesに「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」と表示されるので、復元をクリックして初期化完了です。

iPhoneを買取に出す前は初期化を忘れずに!

iPhoneには大切な個人情報がたくさん保存されています。

そこで、買取に出す際に初期化を忘れると、保存されていた自分のデータが次の持ち主に悪用されてしまうかもしれません。

そんな事態を避けるためにも、iPhoneを買取に出す前には必ず初期化を行ってください。

また、データを引き継ぎたい場合はバックアップも忘れずに行いましょう。