2024年注目!ロレックスの新作と廃盤モデルについて解説します|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/06/13

最終更新日:2024/07/12

2024年注目!ロレックスの新作と廃盤モデルについて解説します

ロレックスの新作発表は、時計愛好家やコレクターにとって一大イベントです。
2024年のロレックスは、GMTマスターIIやデイデイトなどの人気モデルに新たなバリエーションを追加し、市場に大きな影響を与えています。
この記事では、2024年のロレックス新作概要と廃盤モデルの動向、そして新作モデルの販売戦略と予測について解説します。
高価買取にも繋がる情報が多いので、購入を検討されている方のみならず、売却を検討されている方もぜひ最後までご覧ください。

2024年のロレックスの新作概要

2024年4月9日、ロレックスは公式サイトで新作モデルを発表しました。
注目の新作は以下の通りです。

1:GMTマスターIIブラック&グレーベゼル

2023年に登場したコンビモデル(Ref26713GRNR)のブラック&グレーベゼルを採用したステンレス仕様が新たに加わりました。
従来の青赤、赤黒、黒の3色展開に新たな選択肢が加わり、より幅広い好みに対応できるようになりました。
ムーブメントや基本性能は従来のモデルと同様で、ブレスレットはオイスターとジュビリーの2種類から選べます。

2:デイデイト新ダイアル

デイデイト40のエバーローズゴールドには、グラデーションの「スレートオンブレ」ダイアルが追加されました。
デイデイト36のエバーローズゴールドには、2023年のスカイドゥエラーで人気を博した「ブルーグリーン」カラーが採用されています。
さらに、ホワイトゴールドモデルではマザーオブパールダイアルが初登場し、ラグジュアリー感がさらに高まりました。

3:パーペチュアル1908プラチナ

2023年に誕生した「パーペチュアル1908」コレクションにプラチナバージョンが加わりました。
ロレックス独特の「アイスブルー・ダイアル」ではなく、”ライスグレインモチーフ”と呼ばれる特徴的なギューシェ加工が施され、エレガントな雰囲気を醸し出しています

4:イエローゴールド製ディープシー

イエローゴールドケースにブルーのダイアル・ベゼルを組み合わせた、シリーズ初の金無垢モデルが登場しました。
重厚感あふれるデザインで、ロレックスの高級感を存分に味わえる一本です。

これらの新作モデルは、既存のコレクションとは異なる個性を持ち、ロレックスのラインナップをさらに豊かにしています。
時計愛好家やコレクターは、自分の好みやスタイルに合わせて新たな選択肢を検討できるでしょう。

廃盤モデルとその市場への影響

新作の登場に伴い、いくつかのモデルが廃盤となりました。
主な廃盤モデルとその市場への影響は以下の通りです。

1:ヨットマスターII

旧世代ムーブメントを搭載した最後のモデルであるヨットマスターIIが、予定通り生産終了となりました。
希少性が高まることで、市場での価値が上昇する可能性があります。

2:デイトナ”ル・マン”

2023年に発表されて話題を呼んだ記念モデル「デイトナ”ル・マン”」が、わずか1年で生産終了となりました。
本数限定ではないものの、流通量は少ないと予想され、今後の価値変動が注目されます。

3:「フルーテッドモチーフ・ダイアル」と「パームリーフモチーフ・ダイアル」

デイトジャスト36と40で展開されていたこれらのダイアルが、2021年の登場からわずか数年で生産終了となりました。
短命に終わったこれらのダイアルは、希少性が高まることで価値が上昇する可能性があります。

廃盤モデルは、新作の登場により市場での希少性が高まり、価値が上昇する傾向にあります。
特に限定モデルや短期間で生産終了となったモデルは、コレクターにとって魅力的な存在となるでしょう。

新作モデルの販売戦略と予測

2024年のロレックス新作モデルの販売開始時期は、通常5月から6月にかけてと予想されますが、生産状況によって変動する可能性があります。
新作発表後は市場が活気づき、特に買取価格の変動に注目が集まります。

1:販売開始時期と入手難易度

新作モデルの販売開始時期は、店舗によって異なる場合があります。
人気モデルは発売当初から品薄になることが予想され、入手難易度が高くなるでしょう。

2:買取価格の変動

新作発表後、廃盤モデルの買取価格が上昇する傾向にあります。
一方、新作モデルは発売当初から高い買取価格が付くことが多く、特に人気モデルは市場価格を大きく上回る可能性があります。

3:長期的な価値変動

ロレックスの新作モデルは、長期的に見ても価値が上昇する傾向にあります。
限定モデルや生産終了モデルは特に注目され、コレクターにとって重要な存在となるでしょう。

ロレックスの新作発表は、市場に大きな影響を与えます。
新作モデルの販売戦略を理解し、買取価格の変動を注視することで、より良いタイミングでの購入や売却が可能となるでしょう。

まとめ

2024年のロレックス新作は、GMTマスターIIやデイデイトなどの人気モデルに新たなバリエーションを追加し、時計愛好家やコレクターの期待に応えました。
新作の登場により、ヨットマスターIIやデイトナ”ル・マン”などの廃盤モデルの希少性が高まり、市場での価値上昇が予想されます。
新作モデルの販売開始時期は5月から6月にかけてと予想されますが、人気モデルは発売当初から品薄になる可能性があります。
買取価格は新作発表後に変動し、特に廃盤モデルと新作モデルに注目が集まるでしょう。
ロレックスの新作は長期的にも価値が上昇する傾向にあるため、市場動向を注視しながら、自分の好みに合ったモデルを選ぶことが重要です。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類の買取方法を取り扱っております。
店頭買取は、商品を店舗に持ち込み、その場で査定・買取を行い、出張買取は、当社が顧客の自宅や指定場所まで訪問し、その場で査定・買取を行います。
宅配買取は、皆さまが商品を発送し、当社が受け取って査定・買取を行う方法です。
当社は破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。
LINEを使った簡単かつ迅速な無料査定サービスもございますので、ぜひご活用ください。

Archives