究極のダイバーズウォッチ!ロレックスサブマリーナコンビモデルの種類と魅力を解説|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/06/04

最終更新日:2024/06/15

究極のダイバーズウォッチ!ロレックスサブマリーナコンビモデルの種類と魅力を解説

ロレックスのサブマリーナコンビモデルは、高級時計の世界において特別な存在感を放つコレクションです。
1953年のデビュー以来、ダイバーズウォッチの革命児としてその地位を築き上げ、1980年代には新たな魅力を加えるためにステンレスとゴールドの組み合わせが導入されました。
このコンビモデルは、ただの時計としてだけではなく、ステータスシンボルとしても多くの愛好家に支持されています。
この記事では、サブマリーナについて解説していきます。

 

ロレックスのサブマリーナコンビモデルの魅力と歴史

 

ロレックスが1953年に市場に投入したサブマリーナは、プロフェッショナルダイバーからアドベンチャースポーツ愛好者まで、幅広い層に受け入れられたダイバーズウォッチの代名詞です。
この時計の特徴は、高い防水性能を持つオイスターケースと、潜水時間を測れる回転ベゼルにあります。

1980年代に入ると、ロレックスはこれらの機能性を保ちつつも、ステンレスとゴールドを組み合わせたコンビモデルを追加しました。
この変更は、サブマリーナに新たな次元の豪華さをもたらし、特に青ベゼルの「青サブ」モデルは若者を中心に絶大な人気を博しました。
スポーティーでありながらエレガントなデザインは、フォーマルな場でも日常的な使用でもマッチするため、多くのコレクターの心を掴みました。
そんなサブマリーナは中古価格でも160万円ほどはする高級時計の一角として人気があります。

サブマリーナコンビモデルの歴代変遷と種類

 

サブマリーナコンビモデルは、その長い歴史の中で数々の革新を経てきました。
最初のコンビモデルは1980年代半ばに登場し、ステンレススチールと18金イエローゴールドの素材を使用したことが特徴です。
特に注目されるのは、「Ref.16803」として知られる初代コンビモデルで、この時代からサブマリーナはそのデザインと機能性で名声を確立しました。
Ref.16803は、サファイアクリスタル風防や300mの防水性能を備え、ダイバーズウォッチとしての信頼性を高めつつ、日常生活での使用にも適したデザインを提供しています。

 

1:Ref.16803の進化

 

Ref.16803は、初めてサブマリーナにコンビモデルが導入されたモデルで、1984年から1988年まで製造されました。
このモデルは、特に青サブとして知られ、ゴールドの魅力を存分に発揮しながらも、機能的には純粋なダイバーズウォッチとしての性能を維持しています。

 

2:世代交代と技術の進化

 

Ref.16803から後継モデルであるRef.16613に変わるとき、さらに多くの技術革新が施されました。
Ref.16613では、ベゼルの材質が改良され、より耐摩耗性に優れたセラクロムベゼルが導入されたほか、ムーブメントの精度が向上しました。
このモデルは1989年から2009年までの長い間市場に供給され、その間に多くのサブモデルも登場しました。

 

3:希少価値の高いダイヤル

 

特にコレクターから注目されているのは、特定のRef.16803モデルに見られるフジツボダイヤルやニップルダイヤルといった、特有のダイヤルデザインです。
これらは製造時期が限られており、特に青サブのバリエーションで見られる色の変化が特徴的です。
経年による色の変化は、個体によって異なり、「ブルートロピカルダイヤル」と呼ばれる変化が見られるモデルは非常に高い評価を受けています。

これらの歴代モデルとその特性を理解することは、サブマリーナコンビモデルを評価し、選択する上で重要です。
次世代のモデルへの進化を追いながら、それぞれのモデルが持つ独特の魅力やコレクション価値を見極めることが、コレクターや投資家にとっての楽しみの一つといえるでしょう。

サブマリーナコンビモデルを手に入れるための買取方法

 

ロレックスのサブマリーナコンビモデルを手に入れるためには、複数の買取方法が存在します。
ここでは、店頭買取、出張買取、宅配買取の三つの主要な方法とその特徴について解説します。

 

1:店頭買取

 

店頭買取は、直接店舗に訪れて時計を売る方法です。
この方法の最大のメリットは、即時査定と即金買取が可能である点です。
時計の状態を直接見てもらえるため、詳細な査定が期待できます。
しかし、店舗によっては混雑している場合があり、待ち時間が発生することがデメリットです。

 

2:出張買取

 

出張買取は、買取会社が直接自宅や指定の場所に来て時計を査定するサービスです。
大量の時計や重い時計を持って移動する必要がないため、手間がかかりません。
また、プライバシーが保護される環境での取引が可能です。
ただし、事前にスケジュールを調整する必要があり、急な対応が難しい場合があります。

 

3:宅配買取

 

宅配買取は、時計を梱包して買取会社に郵送し、査定後に買取価格が提示される方法です。
自宅から一歩も出ることなく手続きが完了するため、全国どこからでも利用できるのが最大の利点です。
しかし、時計が配送中に紛失または損傷するリスクがあり、査定結果に満足できない場合に返送を依頼する必要があります。

これらの方法を選ぶ際には、自分の状況や時計の状態、買取会社の評判などを考慮することが重要です。
サブマリーナコンビモデルのような高価な時計の場合、信頼できる会社を選ぶことが何よりも重要です。

当社は上記すべての買取方法にも対応しているうえに、破損・アフターダイヤ・オーバーホール品でも買取可能です。
ロレックスの文字盤の種類と交換の魅力についての深い知識を持っていますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください。

まとめ

 

ロレックスのサブマリーナコンビモデルは、その歴史的価値と美しさから多くのコレクターに愛され続けています。
購入や投資の際には、モデルの特徴を理解し、適切な買取方法を選ぶことが成功の鍵となります。
また、選ぶ買取方法によっては、その手軽さや安心感を得られることがありますが、注意深く会社を選ぶことを忘れないでください。
自分のニーズに合った方法でサブマリーナコンビモデルを手に入れ、その価値を十分に楽しんでください。

Archives