ロレックス選びの決め手!ケースサイズの影響と選び方の知識をご紹介|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/07/01

最終更新日:2024/07/13

ロレックス選びの決め手!ケースサイズの影響と選び方の知識をご紹介

高級腕時計を購入する際、ケースサイズは重要な選択ポイントの一つです。
特にロレックスをはじめとする有名ブランドでは、モデルによってケースサイズが異なり、それぞれ独自の魅力を持っています。
本記事では、ロレックスのケースサイズに焦点を当て、その基礎知識や印象への影響、選び方のコツを解説します。
腕時計愛好家の方はもちろん、これから高級時計の購入を検討している方にも参考になる情報が満載です。
ケースサイズについて理解を深め、自分に最適なロレックスを見つけましょう。

ロレックスのケースサイズ基礎知識

腕時計のケースサイズとは、文字盤を囲むケース部分の大きさを指します。
一般的には、リューズ(竜頭)を除いたケースの直径をミリメートル(mm)単位で表します。
ロレックスの場合、モデルによってケースサイズが異なりますが、主に36mm、40mm、41mm、44mmなどがあります。

1:リューズを含まないケースの直径で表現

ロレックスのケースサイズは、リューズを含まない部分の直径で表現されます。
例えば、デイトジャストは36mmと41mmの2種類がありますが、これはリューズを除いた状態でのケース直径を指しています。

2:形状による違いに注意

ロレックスの多くのモデルは円形のケースを採用していますが、一部のモデルでは異なる形状のケースが用いられています。
例えば、オイスターパーペチュアルのケースは円形ですが、デイトナのケースは若干の角を帯びた形状をしています。
これらの形状の違いも、ケースサイズの測定に影響を与えます。

3:時代によるサイズの変化

ロレックスの各モデルは、時代とともにケースサイズが変化してきました。
例えば、エクスプローラーIIは当初1655で直径39mm程度でしたが、現行モデルの216570では直径42mmへと大型化しています。
このように、同じモデルでも製造年代によってケースサイズが異なる場合があるので注意が必要です。

Barcelona, Spain – Jun1 1, 2018: Modern new last collection of luxury gold wrist Swiss watch manufactured by Rolex model Sky Dweller in the official store distributor store showcase in central Barcelona

印象を左右するロレックスのケースサイズ

ロレックスのケースサイズは、腕時計の印象やスタイルに大きな影響を与えます。
ここでは、代表的なモデルのケースサイズとそれぞれの特徴を解説します。

1:36mmサイズ-エレガントな印象

デイトジャストやオイスターパーペチュアルの36mmモデルは、ロレックスの中では小ぶりなサイズです。
スーツの袖口に収まるコンパクトなケースは、エレガントで上品な印象を与えます。
特に手首が細い方や、女性にも人気のサイズです。

2:40mm・41mmサイズ-万能な標準サイズ

サブマリーナーやGMTマスターIIの40mm、デイトジャストの41mmモデルは、ロレックスの標準的なケースサイズといえます。
程よい存在感があり、ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活躍します。
男性の平均的な手首に合うサイズで、ロレックス入門にもおすすめです。

3:44mmサイズ-存在感抜群の大型モデル

ヨットマスターIIやシードゥエラーディープシーなどの44mmモデルは、ロレックスの中では大型サイズに属します。
ダイナミックなケースが手元で存在感を放ち、スポーティで男性的な印象を与えます。
手首が太い方や、インパクトのあるスタイルがお好みの方に適しています。

4:モデル別のケースサイズとスタイル

ロレックスの各モデルは、それぞれ独自のケースサイズとデザインを持っています。
例えば、オイスターパーペチュアルは36mmと41mmの2種類がありますが、どちらもドレスウォッチとして人気です。
一方、GMTマスターIIは40mmのケースにセラミックベゼルを組み合わせ、スポーティなツールウォッチとしての性格を持ちます。
このように、モデルごとにケースサイズとスタイルの組み合わせが異なるので、自分のファッションに合ったモデル選びが大切です。

最適なロレックスの選び方

ロレックスを選ぶ際は、ケースサイズを考慮することが重要です。
ここでは、手首のサイズやシーンに合わせたケースサイズの選び方を解説します。

1:手首サイズに合わせる

ロレックスのケースサイズは、自分の手首のサイズに合ったものを選ぶのがベストです。
一般的に、手首周りの60〜70%程度のケース直径が理想的と言われています。
例えば、手首周りが17cmの場合、36mm〜41mmのケースサイズがおすすめです。
手首が細い方は36mm、太い方は41mmを選ぶと良いでしょう。

2:ビジネスシーンでは控えめサイズを

ビジネスシーンで着用するロレックスは、36mm〜40mmの控えめなケースサイズがおすすめです。
オイスターパーペチュアルやデイトジャストなら、スーツスタイルにも合う上品な佇まいを演出できます。
あまり大きすぎるケースは、ビジネスシーンでは浮いてしまう可能性があるので注意しましょう。

3:カジュアルスタイルには大型モデルも

カジュアルな服装には、40mm以上の大型ロレックスも合わせやすくなります。
サブマリーナーやGMTマスターIIなら、Tシャツやジーンズといったラフなスタイルにマッチします。
ただし、手首が極端に細い方は、大型モデルでも違和感が出てしまうので、試着して確認することをおすすめします。

4:好みのデザインを優先

ケースサイズは重要な選択ポイントですが、最終的には自分の好みのデザインを優先しましょう。
多少サイズが大きめでも、小さめでも、本当に気に入ったモデルなら長く愛用できるはずです。
また、ヴィンテージモデルといった現行サイズとは異なるケースを持つモデルも魅力的です。
幅広い選択肢の中から、自分だけのお気に入りのロレックスを見つけてください。

まとめ

ロレックスのケースサイズは、モデルによって36mm〜44mmまで幅広いバリエーションがあり、それぞれ異なる印象を与えます。
小ぶりな36mmサイズはエレガントで上品な雰囲気を演出し、40mm〜41mmの標準サイズは幅広いシーンで活躍します。
大型の44mmモデルは、存在感抜群でスポーティな印象が特徴です。
ロレックス選びでは、手首のサイズやシーンに合ったケースサイズを選ぶことが大切ですが、好みのデザインを最優先するのがおすすめです。
本記事を参考に、自分に最適なロレックスを見つけてください。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類の買取方法を取り扱っております。
店頭買取は、商品を店舗に持ち込み、その場で査定・買取を行い、出張買取は、当社が顧客の自宅や指定場所まで訪問し、その場で査定・買取を行います。
宅配買取は、皆さまが商品を発送し、当社が受け取って査定・買取を行う方法です。
当社は破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。
ロレックスや高級ブランド品の買取に強みを持ちますので、ぜひご利用ください。

Archives