ロレックス愛好家必見!横穴はいつまであったのかモデル変遷とその秘密を解説|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/03/31

最終更新日:2024/04/18

ロレックス愛好家必見!横穴はいつまであったのかモデル変遷とその秘密を解説

ロレックス愛好家として、時計の細部に至るまでの知識は、単なる趣味を超えた情熱の表れといえるかもしれません。

この記事では、ロレックスのモデルごとの歴史的変遷や特徴を深掘りし、収集や投資の価値を高めるための方法をご紹介します。
新旧モデルの比較解析を通じて、中古価格や投資価値に影響する要素を見ていきましょう。

ロレックスのモデル変遷!歴史的変化を紐解く

ここでは、ロレックスの歴史的背景と新旧モデルの特徴を比較解析し、その中古価格や投資価値に影響する要素を解説します。

1:ロレックス用語の解説

ロレックスには特有の用語があり、それを理解することはコレクションの価値を正しく評価する上で欠かせません。
例えば、「トリチウム」や「ルミノバ」は夜光塗料の種類を指し、これによって新旧のモデルを判断する手がかりとなるのです。

また、「ギザ10」という用語のように、特定の特徴を持つモデルを指し示すことで、その時計の製造年代や希少性を推測できます。

2:歴史的変遷の全体像

1970年代以降のスポーツロレックスの変遷を追うことで、時代ごとの仕様変更を俯瞰できます。
これには、風防の材質変更、夜光塗料の進化、ブレスレットのデザイン変更などが含まれているからです。

これらの変遷があるからこそ各モデルの価値をより深く理解できて、愛着も沸きますよね。

3:変遷が中古価格に与える影響

ロレックスのモデルにおける細かな変更は、中古市場における価格に大きな影響を与えます。
例えば、プラスチック風防を持つヴィンテージモデルや、特定の夜光塗料を使用したモデルは、その希少性から高価で取引されることがあります。

また、保証書の種類やブレスレットのクラスプ変更なども、価値を左右する重要な要素です。

このように、ロレックスのモデル変遷を紐解くことは、単に時計の外見や機能を理解すること以上の価値があります。

横穴はいつまで存在した?ロレックスの進化を辿る

ロレックスの進化において、ベルトと本体を留めるバネ棒の両サイドにある「横穴」の存在は、コレクターの間で長年の謎と興味の対象となってきました。
この小さなディテールが、時計のモデル別の識別やその歴史的価値を把握する上で、意外なほど大きな役割を果たしています。
以下に横穴の役割やいつまで存在していたのか解説します。

1:横穴の存在意義

横穴は、時計のベルト交換を容易にするために設計されました。
早いモデルでは、この穴を通してバネ棒を押し出すことで、簡単にベルトの取り外しできました。

これは、特に軍用時計やプロフェッショナルユースを想定したモデルにおいて、迅速なカスタマイズが求められたためです。

2:横穴の変遷と市場への影響

横穴があるモデルとないモデルの識別は、時計の年代を推測する上で重要な手がかりです。
一般的に、横穴があるモデルは旧式と見なされ、穴がないモデルはより新しい年式と評価されます。

この違いは、中古市場やコレクターの間で、時計の価値を判断する際に重要な要素の一つとなっています。

3:新旧ベルトの識別

さらに、フラッシュフィットのデザイン変更もロレックスの進化を示す要素です。
丸く膨らんでいる旧型ベルトと、スリムに収まっている新型ベルトの違いは、時計の外観だけでなく、その着け心地にも影響を与えています。
査定価格においても、新型ベルトを持つモデルの方が高年式と見なされ、査定額が上がる傾向にあります。

ロレックスのモデルを深く理解することは、ただ時計を所有する以上の意味を持ちます。
横穴の有無やベルトのデザイン変更を追うことで、ロレックスの時計一つ一つに込められた、時の流れや職人の技、そして時代の変遷を感じ取れるかもしれません。

ロレックスの正しい保管と使用法とは

ロレックスを所有する喜びは、その時計が長期にわたり最良の状態を保つことによってさらに高まります。
適切な保管と使用法は、ロレックスの美しさと精度を維持するために不可欠です。
以下では、ロレックスを正しく保管し、日常で使用する際の重要なポイントをご紹介します。

1:保管方法と頻度の管理

ロレックスは、使用しない期間が長いと機械油が凝固するといった悪影響を及ぼすことも。
少なくとも1か月に1度はゼンマイを一杯まで巻いて24時間以上駆動させ、機械油を機構全体に循環させることが推奨されます。
また、ワインディングマシンを使用することで、ロレックスを最適な状態で保管できます。

2:磁気からの保護

磁気はロレックスの精度に悪影響を及ぼすため、磁気を発生する製品からは距離を保つことが重要です。
磁気から5cm以上離して保管することで、影響を最小限に抑えられます。
万一、ロレックスが磁気により影響を受けた場合は、時計店で磁気抜きを行えます。

3:適切な保管場所の選定

ロレックスは湿気や埃が少なく、電磁波が発生する機械から距離をおいた場所に保管することが望ましいです。
また、日光が直接当たる場所や高温になる場所は避け、安定した環境で保管することが重要です。

まとめ

ロレックスは精密機械であり、その価値を長期にわたって保つためには、正しい保管方法と日々の注意深い使用が求められます。
適切な保管と定期的なメンテナンスによって、ロレックスは何世代にもわたって愛される時計となるでしょう。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取それぞれに対応しております。
店頭へお持ち込みいただく店頭買取でも、自身の時間に左右されず宅配として配送できる宅配買取でも、また、当社の査定専門家が皆様の家へお伺いする出張買取でも、皆様に満足いただける納得価格を提案いたします。
破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。

全店舗直営でございますので、納得できる買取価格をどこでも提案いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

Archives