ロレックスの16800モデルの今!その値上がりの背景と今後の価格予測をご紹介|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/06/11

最終更新日:2024/06/17

ロレックスの16800モデルの今!その値上がりの背景と今後の価格予測をご紹介

時間に対して敏感で、資産価値としての時計にも関心が高い消費者の皆様にとって、高品質で価値が上昇する可能性のある時計は魅力的な選択肢の一つでしょう。
中でも「ロレックス16800」は、近年の価格動向や将来の値上がり期待から注目を集めています。
この記事では、「ロレックス16800」の最近の価格変動とその背景を解説し、この時計への投資を検討する上で役立つ情報をお届けします。
購入を検討されている方に限らず、売却にも役立つ情報が多数ございますので、高価買取に繋げたい方はぜひ最後までご覧ください。

ロレックスの16800の最近の価格変動とその背景

ロレックスは定期的な価格改定を実施しており、特に2023年には一部のモデルの生産終了や全体的な10%前後の値上げが行われました。
この動きにより、「ロレックス16800」を含む特定のモデルでは価格の高騰が見られます。

1:ロレックスの価格改定の歴史

2015年以降、ロレックスは2019年、2020年、2021年と毎年のように価格改定を実施してきました。
さらに2022年と2023年には年2回のペースで値上げが行われ、直近の2023年9月には全モデルで平均10%程度の価格上昇がありました。
こうした一連の値上げにより、ロレックス全体の価格水準は着実に上がっています。

2:生産終了モデルの整理と価格への影響

2023年にはいくつかのロレックスモデルが生産終了となり、ラインナップの整理が進みました。
生産終了となったモデルは希少性が高まるため、中古市場での価格上昇が予想されます。
「ロレックス16800」も生産終了の可能性があるモデルの一つとして、今後の価値上昇に期待が持てるでしょう。

3:並行輸入品と中古品の価格動向の違い

ロレックスの定価改定は、正規店で販売される新品だけでなく並行輸入品の価格にも影響します。
並行輸入品は定価改定に合わせて値上がりする傾向にあります。
一方、中古品の価格は定価改定の直接的な影響は受けにくいものの、ロレックスの人気モデルは需要が高いため、中古市場でも高値で取引されるケースが多いのが特徴です。

なぜロレックス16800は特に値上がりしているのか?

「ロレックス16800」を含む一部のモデルが顕著な値上がりを見せている背景には、新型コロナウイルスの影響、中国バブルによる需要増、金の価格高騰などの要因があります。
これらが複合的に作用し、市場価格を押し上げていると考えられます。

1:コロナ禍がもたらした品薄状態

新型コロナウイルスの世界的流行により、ロレックスの工場も一時的に操業を停止せざるを得ない状況に陥りました。
生産体制の縮小により供給量が減少し、品薄状態が続いています。
さらにロックダウンによる消費者心理の変化から、資産価値の高い時計への需要が高まったことも品薄に拍車をかけています。

2:中国富裕層による爆買いの影響

近年の中国では富裕層が増加し、高級品の需要が拡大しています。
特にロレックスは富の象徴として人気が高く、中国国内での販売数量は急増しています。
中国バブルともいえるこの状況が「ロレックス16800」を含む人気モデルの価格を押し上げる一因となっているのです。

3:金の価格高騰がもたらす波及効果

金の国際価格は過去10年で約1.5倍に跳ね上がっており、高値圏で推移しています。
金は高級時計の主要な材料の一つであるため、金価格の上昇は時計の製造コストを押し上げ、販売価格にも影響を与えます。
「ロレックス16800」の値上がりにも、金価格の高騰が一定の役割を果たしていると推測されます。

サブマリーナモデルの価格変動とは?

「ロレックス16800」と同じく人気の高いサブマリーナシリーズでは、特定のモデルの価格変動が目立ちます。
新作の発表や市況の変化により、一部のレファレンスは大幅な値上がりを記録しています。

1:Ref.116610LVの価格推移

グリーンのベゼルが特徴的なサブマリーナRef.116610LVは、2010年の発売以降、市場での人気を集めてきました。
2016年時点では買取相場が約86万円でしたが、2019年には約146万円、2023年には約262万円と、わずか数年で3倍以上に跳ね上がっています。
新作サブマリーナの登場によって、希少性が高まったことが値上がりの要因と考えられます。

2:Ref.126610LNの登場と影響

2020年に発表されたサブマリーナの新作Ref.126610LNは、機能面でのアップデートが評価され、瞬く間に人気モデルとなりました。
Ref.126610LNの登場は、旧モデルであるRef.116610LNの価格上昇にもつながっています。
新旧モデルの価格差は徐々に縮まりつつあり、Ref.116610LNの希少価値が再評価される動きが出ています。

3:限定モデルの値上がり傾向

サブマリーナの中でも、限定モデルや特別仕様のモデルは高い人気を集め、プレミア価格で取引されるケースが少なくありません。
例えば、グリーンのベゼルとダイヤルを組み合わせたRef.126610LVは、発売から間もなく買取相場が300万円を超える水準まで上昇。
希少性の高いモデルは、発表直後から値上がりが期待できるといえるでしょう。

まとめ

本記事では、「ロレックス16800」の価格動向とその背景を中心に解説してきました。
ロレックスは近年、定期的な価格改定により全体的な値上げを進めており、「16800」を含む人気モデルの価格は大きく上昇しています。
本記事が、「ロレックス16800」の魅力と投資価値を理解する一助となれば幸いです。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類の買取方法を取り扱っております。
店頭買取は、商品を店舗に持ち込み、その場で査定・買取を行い、出張買取は、当社が顧客の自宅や指定場所まで訪問し、その場で査定・買取を行います。
宅配買取は、皆さまが商品を発送し、当社が受け取って査定・買取を行う方法です。
当社は破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。
常に最新の相場情報をもとに、納得のいく価格を提示いたしますので、初めての方でも安心してご利用ください。

Archives