ロレックスの魅力を再発見!デイトジャスト1601と1603の違いを解説|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/06/02

最終更新日:2024/06/15

ロレックスの魅力を再発見!デイトジャスト1601と1603の違いを解説

ロレックスの時計に対する深い愛情を持つ方々に、デイトジャスト1601と1603の違いを解説することで、最適な選択をサポートします。
時計コレクターとしてのこだわりを満たすため、この記事ではこれら二つのモデルの特徴や違いに焦点を当て、賢い選択ができるように情報を提供します。

 

デイトジャスト1601とは?歴史と技術の融合

 

デイトジャスト1601は、1960年代から1970年代後半にかけて製造された、ロレックスの象徴的なモデルの一つです。
このモデルは、直径36mmのケースが特徴で、特にリューズを引くと秒針が止まるハック機能が搭載された初めてのモデルとして知られています。
そのデザインと機能性は、時計技術の進化を象徴しており、多くの時計愛好家にとって特別な存在です。

 

1:時代背景と技術革新

 

デイトジャスト1601の登場は、時計技術における大きな進歩の時期と重なります。
特に、デイト機能が完成した1955年以降、ロレックスはこの機能を多くのモデルに採用し始めました。
デイトジャスト1601は、その中でも技術的な改良が加えられた代表的なモデルです。

 

2:ハック機能の重要性

 

ハック機能は、正確な時刻設定を可能にするために重要です。
この機能により、時計の秒針を止めて時刻を合わせられて、特に時計を複数持つコレクターにとっては必須の機能といえるでしょう。

 

3:モデルの稀少性

 

デイトジャスト1601は製造期間が限られているため、市場で見つけることは容易ではありません。
この稀少性が、コレクターにとっての価値をさらに高めています。

BANGKOK, THAILAND – JULY 17 : Rolex datejust watch, gold dial and Rolesor two tone gold jubilee strap, expensive luxury watch, the most famous model, was taken in Bangkok, Thailand, on July 17, 2022.

なぜデイトジャスト1603は時計愛好家の間で注目されるのか?

 

デイトジャスト1603は、デイトジャスト1601の後継モデルとして登場し、その製造は1977年から1988年にかけて行われました。
それぞれおよそ200万円から300万円ほどの値をつけることもあります。
このモデルは、前モデルからのいくつかの進化が特徴であり、時計愛好家にとって注目すべき存在です。
特に、リューズ操作によるデイト早送り機能が追加されたことは、大きな改善点とされています。

 

1:デイト早送り機能の革新性

 

リューズ操作によるデイト早送り機能は、時計の使用便利性を大きく向上させました。
以前のモデルでは時間を合わせる際に針を回す必要がありましたが、この機能により、日付けのみを迅速に調整できるようになったのです。
これは特にビジネスマンや頻繁に日付を調整する必要があるユーザーにとって、非常に有用な改良です。

 

2:コレクターズアイテムとしての魅力

 

デイトジャスト1603は、その機能的な進化に加えて、時計コレクターの間で特に価値があるとされています。
このモデルは製造年数が比較的短いため、市場での流通数が少なく、その希少性がコレクターにとっての魅力を増しています。

 

3:デザインと技術の融合

 

デイトジャスト1603は、ロレックスの伝統的なデザインを踏襲しつつ、現代的な技術を融合させたモデルです。
このバランスの良さが、多くの時計愛好家から支持される理由となっています。
また、このモデルの持つエレガントながらも実用的なデザインは、さまざまなシーンで活躍することを約束します。

これらの点から、デイトジャスト1603は時計愛好家にとって非常に注目すべきモデルであり、その詳細な理解と評価が求められています。
このモデルに対する深い理解は、コレクションの一部としての価値を十分に引き出す鍵となります。

1601と1603!見た目でわかるその違い

 

デイトジャスト1601と1603は、見た目にもいくつかの重要な違いがあります。
これらの違いを理解することは、どちらのモデルを選択するかを決定する際に役立ちます。
特に文字盤のデザインは、両モデルを識別する上での鍵となるポイントです。

 

1:文字盤のデザインの差異

 

デイトジャスト1601は、外周に一段落ちた立体的な構造を持つ文字盤が特徴です。
このデザインは、繊細かつ高級感を演出し、視覚的にも非常に魅力的です。
一方、デイトジャスト1603は、段落ちがないフラットな文字盤を採用しており、よりモダンで洗練された印象を与えます。

 

2:リューズの操作性

 

デイトジャスト1601はリューズを引くと秒針が停止するハック機能が備わっていますが、リューズ操作には一段階のみ存在します。
これに対し、デイトジャスト1603はデイト調整のための二段階の引き出しが可能で、ユーザーにとってより便利な操作性を提供します。

 

3:ケースとベゼルの仕様

 

両モデルは同じ36mmのケースサイズを採用していますが、1601はベゼルがより装飾的であることが一般的です。
このベゼルのデザインは、モデルの全体的な外観に豪華さを加える要素となっています。
一方で、1603はよりシンプルで現代的なベゼルデザインを持ち、異なるタイプの時計愛好家を引きつけています。

まとめ

 

デイトジャスト1601と1603の選択は、個々の好みと時計に求める機能に大きく依存します。
1601はその伝統的な魅力と独特のデザインで知られ、クラシックなスタイルを好むコレクターに適しています。
一方、1603はそのモダンな感覚と改良された機能性で、より実用的な日常使いを求めるユーザーに最適です。
どちらのモデルもロレックスの時計作りの伝統を色濃く反映しており、どちらを選んでもその質と価値は保証されています。

当社ではさまざまなブランド品を取り扱っております。
店頭買取は店舗に商品を持ち込んで査定してもらう買取サービスです。
全プロセスが即日で完了することも店頭買取の大きなメリットです。
買取価格が高額になりやすいという特徴があります。

宅配買取は自宅で商品を箱に詰めて買取会社へ送る、非対面での買取サービスです。
自分の都合に合わせて買取ができて、店舗に持ち込む手間や費用がかからないのが特徴です。
出張買取は買取会社が依頼者の自宅まで訪問して、品物の査定から支払いまでやってくれる買取サービスです。
自宅から一歩も出ずに不要品を売却でき、交通費や発送費用などの無駄なお金を節約できます。

当社は上記すべての買取方法にも対応しているうえに、破損・アフターダイヤ・オーバーホール品でも買取可能です。
全国展開しており、地域や店舗で相違のない価格、接客、空間を提供していますので、はじめての方でも安心してご利用ください。

Archives