ロレックスの定番!ディープシーとシードゥエラーの違いとは?|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/02/17

最終更新日:2024/04/18

ロレックスの定番!ディープシーとシードゥエラーの違いとは?

高級時計の世界は、技術愛好家たちにとって魅力的な分野です。
特に、ロレックスの「ディープシー」と「シードゥエラー」というモデルは、その精密な機能性とデザインで知られています。
本記事では、これら二つのモデルの機能的違いやデザイン、そして歴史的背景を掘り下げてご紹介します。

シードゥエラーの機能

シードゥエラーは、その圧倒的な防水性能で知られるロレックスの代表的ダイバーズウォッチです。
この時計は、海の深さを探るダイバーたちのために開発されました。
最初のモデルは610mの深さまでの防水を実現し、その後、性能を向上させ1,220m、そしてディープシー版では3,900mまで耐えられます。
この驚異的な防水能力は、ダイバーがどんな深海にも挑む際の信頼の証です。

1:完全防水とその技術

完全防水を実現するためには、時計の細部に至るまで精密な設計が必要です。
シードゥエラーは、海中での使用を前提に、隙間のない構造を備えています。
2008年には、リングロックシステムが導入され、専用の工具がなければ開けられない構造になりました。
この技術により、水の浸入やホコリの侵入を防ぎ、時計の中の細かい部品を保護しています。

2:ヘリウムエスケープバルブ

深海ダイビングでは、減圧チャンバー内でのヘリウムガスの影響が問題となります。
シードゥエラーには、ヘリウムガスが時計内部に侵入しないように設計されたヘリウムエスケープバルブが搭載されています。
これにより、時計は深海の厳しい環境下でも正確な時間を刻み続けられるのです。

3:防水性能の進化

シードゥエラーの防水性能は、時間とともに進化してきました。
最初の610mの防水能力からスタートし、シードゥエラーは1,220m、ディープシー版では3,900mまでの深さに耐えられるようになりました。
これにより、プロのダイバーたちも、より深い海底の探索を可能にしました。
この進化は、技術の限界を押し上げるロレックスの挑戦の歴史を象徴しています。

ディープシーの魅力

ロレックスのディープシーは、その独特の魅力で時計愛好家たちを魅了しています。
ディープシーは特にその防水性能とデザインで高い評価を受けています。
サブマリーナモデルとの比較でもその違いが際立ち、ディープシー独自の特徴が光ります。

1:リングロックシステム

ディープシーの最大の特徴の一つは、ロレックス独自のリングロックシステムです。
この革新的なケース構造は、水深3,900mでの防水を可能にしています。
窒素合金ステンレススチール製のセンターリング、厚さ5mmのドーム型サファイアクリスタル、グレード5のチタン合金製の裏蓋を使用することで、極限の環境下でもその性能を保持します。

2:ヘリウムガスエスケープバルブ

ディープシーには、ケース9時位置にヘリウムガスエスケープバルブが備わっています。
深海で使用される空気に含まれるヘリウムが時計内部に侵入し、気圧差で故障を引き起こすことを防ぐための機能です。
このエスケープバルブは、ディープシーがサブマリーナモデルよりも高い防水性を実現するための重要な要素です。

3:優れたデザイン性

ディープシーのデザイン性は、スポーティーかつ上品なバランスが特徴です。
ブラックやDブルーの文字盤は、その美しさで多くの時計愛好家を魅了し続けています。
また、サブマリーナとの比較では、ディープシーはサイクロップレンズを採用せず、より強い水圧に耐える設計となっており、その差異が明確になっています。

シードゥエラーとディープシーの違いを徹底比較!

ロレックスの二大ダイバーズウォッチ、シードゥエラーとディープシー。
これらのモデルは一見似ていますが、実は明確な違いがあります。
ここでは、その主要な違いを深く掘り下げ、購入時の選択肢を明確にします。

1:サイクロップレンズの有無

最も注目すべき違いの一つは、サイクロップレンズの有無です。
新しいシードゥエラーにはこのレンズが搭載されていますが、ディープシーには採用されていません。
サイクロップレンズは日付表示を拡大し、視認性を高める機能ですが、ディープシーはより高い防水性能が求められるため、これを省いています。

2:ケースサイズと重量感

シードゥエラーとディープシーの間で、ケースサイズと重量感にも違いがあります。
ディープシーの方がシードゥエラーに比べてケースサイズが大きく、重厚感があります。
これにより、ディープシーはより深い水深での使用に耐える設計となっていることがわかります。

3:防水性能の差異

両モデルの防水性能にも違いがあります。
シードゥエラーは1,220mまで、ディープシーは3,900mまでの防水性能を誇ります。
この差は、特に深海への潜水を考えるダイバーにとって重要な選択基準となります。

まとめ

本記事では、ロレックスのシードゥエラーとディープシーの特徴と違いを解説しました。
シードゥエラーはその優れた防水性能とダイバーのニーズを満たす機能性で、ディープシーはさらに強化された防水性能と独自のデザイン性で知られています。
どちらのモデルも、技術愛好家にとって魅力的な選択肢であることをご理解いただけたのではないでしょうか。

当社は、「最高の買取をする」という理念のもと、お客様の商品を買い取らせていただきます。
買取方法には、直接店舗で買い取る「店舗買取」、お客様に商品を送っていただく「宅配買取」、お客様のもとへお伺いして買取をする「出張買取」の3つの方法があります。
破損した商品やアフターダイヤ、オーバーホールが必要な商品でも買い取らせていただきますので、お気軽にご利用くださいね。

Archives