ロレックスのリューズで見極める!種類や時計の個性とケアを解説|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

その他

公開日:2024/05/01

最終更新日:2024/05/24

ロレックスのリューズで見極める!種類や時計の個性とケアを解説

ロレックスといえば、世界中の時計愛好家が憧れる高級時計ブランドの一つです。
相場が最低でも60万円からと、名実ともに高級品です。
特に、ロレックスのリューズに関しては、その精密さと機能性で知られていますが、細部へのこだわりを持つ知識欲旺盛なロレックス愛好家にとって、リューズの特徴やメンテナンス方法は非常に重要な情報です。
この記事では、ロレックスのリューズが担う役割、種類、そして交換時の費用や注意点について深く掘り下げて解説します。

 

ロレックスのリューズが担う重要な役割とは?

 

ロレックスのリューズとは、時計の側面に付いている、操作するためのつまみのことを指します。
この小さな部分が、時計のゼンマイを巻き上げたり、時刻や日付を設定したりするために不可欠です。
リューズの重要性は、その操作性に留まらず、時計の防水性能にも大きく影響を与えます。
特にロレックスは、高い防水性能で知られており、リューズを正しく扱うことがその性能を維持する上で重要になります。

 

リューズの基本機能

 

1:ゼンマイの巻き上げ

機械式時計であるロレックスは、リューズを時計回りに回すことでゼンマイを巻き、動力を供給します。

 

2:時刻調整

リューズを引き出し、時計の針を回して時刻を設定します。
日付調整も同様にリューズを使用します。

 

3:防水性能の確保

リューズは使用後、しっかりと元の位置に戻し、締める必要があります。
これにより、時計内部への水の浸入を防ぎ、防水性能を維持します。

 

リューズの正しい扱い方を知ることは、ロレックス時計を長く愛用するために必須の知識です。
特に、操作後のリューズの締め忘れは、水漏れの原因となるため、常に注意が必要です。

 

 

ロレックスのリューズの種類とその秘密

 

ロレックスの時計は、その機能性だけでなく、デザインにおいても高い評価を受けています。
リューズ部分に目を向けると、ロレックスが細部にわたるデザインへのこだわりを持つことがよく分かります。
リューズには、ブランドのアイコンである王冠のマークが刻まれているほか、リューズの種類を示す刻印が施されています。
これらの刻印によって、リューズの種類が区別され、それぞれが時計の特性を示しています。*

 

リューズの種類と刻印の意味

 

1:バー(―)刻印

ステンレス製または金無垢製を示します。
ロレックスの多くのモデルに見られる基本的なタイプです。

 

2:点1つ(・)刻印

プラチナ製の時計に使用されています。
プラチナは高価で希少な素材であり、この刻印があるリューズは特別な存在感を放ちます。

 

3:点2つ(・)刻印

ホワイトゴールド製の時計を示します。
洗練された輝きを放つホワイトゴールドは、上品な印象を与える素材です。

 

4:点3つ(・・)刻印

防水性能の高いトリプロック式リューズを意味します。
このリューズは、ロレックスのダイビングウォッチといった、高い防水性が求められるモデルに採用されています。

 

これらのリューズの種類と刻印を知ることで、ロレックスの時計の特性や素材を深く理解できます。
リューズの刻印は、時計のアイデンティティを象徴する重要な要素であり、所有者にとってはその時計との繋がりを深めるための知識となります。

 

リューズの種類を正確に識別することは、ロレックス時計を選ぶ際の重要なポイントです。
また、各リューズにはそれぞれの特性があり、時計のケアにおいて留意すべき点が異なるため、その特徴を知ることは時計のメンテナンスにも役立ちます。
ロレックス愛好家であれば、自分の時計のリューズの種類とその意味を理解し、時計との関係をより豊かなものにできるでしょう。

 

 

ロレックスのリューズ交換時の費用と注意点

 

ロレックスの時計を長年愛用していると、時にはリューズの故障や損傷により交換が必要となる場合があります。
リューズは時計の操作に直接関わる重要な部分であり、特に防水性能にも大きく影響を与えるため、故障や損傷は早急に対処する必要があります。
しかし、リューズの交換には費用がかかり、また注意すべき点もいくつかあります。

 

リューズ交換の費用

 

1:交換費用の目安

リューズの交換費用は、モデルや損傷の程度によって異なりますが、一般的には一万円前後が目安となります。
特に高級モデルや複雑な機構を持つ時計の場合、費用が高くなる可能性があります。

 

2:オーバーホールとの併せ技

リューズの交換を機に、時計のオーバーホール(総点検とメンテナンス)を行うことで、時計全体の性能を向上させられます。
しかし、これにはさらに費用がかかるため、事前に見積もりを取ることが重要です。

 

交換時の注意点

 

1:正規の修理店を選ぶ

リューズ交換は、ロレックスの正規修理店または信頼できる時計修理専門店で行うことをお勧めします。
正規店であれば、純正部品の使用や専門技術による修理が保証され、時計の品質を維持できます。

 

2:保証書の確認

ロレックスの時計には、購入時に保証書が付属しています。
保証期間内であれば、リューズ交換が保証対象となる場合もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

3:定期的なメンテナンスの重要性

リューズの交換が必要になる前に、定期的なメンテナンスを行うことで、故障のリスクを低減できます。
特に防水性能を維持するためには、リューズやケースのパッキンの定期的な交換が推奨されます。

 

当社では店頭、宅配、出張のすべての買取に対応しております。
店頭買取はお店で直接査定し、現金で受け取りが可能。
宅配買取は郵送で査定し、自宅から申し込みできます。
出張買取は自宅訪問査定で楽にお取引できます。
破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。
そして当社はLINE無料査定で迅速な査定を提供しておりますので、お気軽にご利用ください。

 

 

まとめ

 

ロレックスのリューズは、時計の機能性や防水性能を左右する重要な部分です。
リューズの交換は、時には避けて通れないメンテナンス作業ですが、正しい知識と適切な手順を踏むことで、時計を長く安心して使用できます。
ロレックス愛好家であれば、リューズのケアにも細心の注意を払い、時計との長い付き合いを楽しむことが重要です。
リューズの交換費用や注意点を理解し、適切なメンテナンスを心がけましょう。

Archives