ロレックスのトリプルゼロRef.168000とは?謎に満ちたレアモデルを徹底解析|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/06/15

最終更新日:2024/07/11

ロレックスのトリプルゼロRef.168000とは?謎に満ちたレアモデルを徹底解析

ロレックスRef.168000は、一見すると通常のサブマリーナと同様ですが、その存在は時計界の中でも特異な位置を占めています。
このモデルは、ロレックスの歴史の中でも「謎のモデル」として注目されることが多く、その理由はその型番と製造背景にあります。
今回は、このRef.168000がどのようなモデルであるか、その魅力と謎に迫ります。
高価買取にも繋がる有益な情報をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

Ref.168000とは何者か?トリプルゼロと呼ばれる「謎のモデル」の探求

ロレックスRef.168000は、1980年代後半の非常に短い期間に製造されたことが知られています。
このモデルは、通常の5桁の型番と異なり6桁の型番を持ち、これが「トリプルゼロ」とも呼ばれる所以です。

Ref.168000の特別な背景

1:製造期間と背景

Ref.168000は、1987年から1988年にかけてのごく短期間に生産されました。
これは、素材の変更期に位置付けられ、特にステンレスの種類が変わりつつあった時期と重なります。

2:型番の意味

「168000」という型番は、ロレックスが試験的に使用した「特別なシリアル」であり、通常の型番とは一線を画しています。
このモデルの型番と製造背景には、ロレックスが新しい技術や素材を試すための試みが見て取れます。

ロレックスのRef.168000は、「904L」と呼ばれるステンレスを使用していた可能性があります。
これは、より高い耐蝕性を持ち、後のモデルにも採用されることになる素材です。
Ref.168000の登場は、そのような新素材への移行期にあたるため、特に重要な意味を持っています。

以上の点から、Ref.168000はロレックスのモデルの中でも特にユニークな位置を占めるといえるでしょう。
その製造背景や素材の変化、型番の意味など、多くの点で通常のモデルとは一線を画しています。
これらの特徴が、Ref.168000を「謎のモデル」として、時計コレクターたちの間で注目される理由です。

Ref.168000の異説と素材の変遷

Ref.168000については、その短い製造期間と特異な特性から多くの説が存在します。
このモデルにまつわる異説を検証し、時計の素材がどのように進化していったかについて掘り下げていきましょう。

異説の検証

1:繋ぎモデル説

Ref.168000がRef.16800からRef.16610への過渡期モデルとして製造されたという説があります。
この説は、Ref.168000が1987年から1988年にかけて製造されたということ実に基づいています。
その期間の短さから、このモデルが市場への試験的な導入であった可能性が指摘されています。

2:ダイアル仕上げ説

また、Ref.168000が特殊なダイアル仕上げを採用していたという説もあります。
しかし、実際の証拠は限定的であり、多くの専門家はこの説に懐疑的です。
ダイアルの塗装技術自体は他のモデルと大差なく、特にRef.168000専用のものではなかった可能性が高いです。

素材の変遷

1:ステンレス素材の進化

Ref.168000の製造期間は、ロレックスがステンレス素材を「316L」から「904L」に変更していた時期と一致します。
この「904L」は、従来の「316L」よりも耐蝕性に優れており、現代のロレックスモデルにおいて標準的な素材となっています。

2:ステンレスの特性

「904L」ステンレスは、特に海水や汗に強い特性を持っています。
このため、ダイビングウォッチとしての性能が求められるサブマリーナシリーズに最適な素材であり、Ref.168000の試験的導入がその後のモデルに大きな影響を与えました。

以上のように、Ref.168000はロレックスの歴史の中でも特に重要なモデルの一つです。
その異説や素材の進化は、現代のロレックスモデルを理解する上で欠かせない要素となっています。

Ref.168000の製造と市場での位置付け

Ref.168000の製造と市場での位置付けは、その時計の希少性とコレクターにとっての価値に大きく関連しています。
このモデルの製造背景と、市場での評価を探り、どのような意味を持つのかを考察します。

製造背景

1:製造時期と試験的性格

Ref.168000は、1987年から1988年にかけての短期間に製造されました。
この時期は、ロレックスが新しい素材や技術を市場に導入するための試験的なフェーズであったと考えられています。
特に、ステンレス素材の変更は、このモデルの最大の特徴として挙げられます。

2:市場での位置付け

初期の製造数が非常に限られていたため、Ref.168000は市場で見かけることの少ないレアモデルとされています。
その希少性から、コレクターズアイテムとしての需要が高まっており、現在でも高い評価を受けています。

市場での評価

1:希少性による価値

Ref.168000は、製造期間の短さと特殊な素材使用により、ロレックスの中でも特に希少価値の高いモデルです。
これはコレクターにとって大きな魅力となり、市場価値を押し上げる要因となっています。

2:コレクターからの見方

多くの時計コレクターは、Ref.168000を特異な存在と捉え、その所有は一種のステータスと見なされています。
このモデルの特性を理解し、評価することは、真の時計愛好家にとって重要な試金石ともいえます。

以上の点から、Ref.168000はロレックスの時計の中でも独特な地位を保ち続けています。
その製造背景と市場での位置付けは、このモデルの理解を深めるために欠かせない要素です。

まとめ

この記事では、ロレックスRef.168000の独特な背景と特性、市場での位置付けについて詳細に解説しました。
Ref.168000は、その製造期間の短さと使用された特殊な素材から、時計コレクターにとって非常に魅力的なモデルです。
また、このモデルの希少性は市場価値を高め、コレクターたちの間で高く評価されていることが明らかになりました。
このような背景を持つRef.168000は、ロレックスの時計の中でも特に注目すべき存在であり、そのすべての側面を理解することが、時計愛好家にとっての大きな喜びとなるでしょう。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類の買取方法を取り扱っております。
店頭買取は、商品を店舗に持ち込み、その場で査定・買取を行い、出張買取は、当社が顧客の自宅や指定場所まで訪問し、その場で査定・買取を行います。
宅配買取は、皆さまが商品を発送し、当社が受け取って査定・買取を行う方法です。
当社は破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。
当社は最新の市場相場を反映し、高価買取を実現しますので、ぜひご利用をお待ちしております。

Archives