ロレックスのターノグラフ買取ポイントとは?知られざるターノグラフの世界を解説|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/03/15

最終更新日:2024/04/19

ロレックスのターノグラフ買取ポイントとは?知られざるターノグラフの世界を解説

時計を趣味にする人々の中には、ロレックスの輝かしい歴史とその時計の独特な魅力に魅了される方が少なくありません。
特に、ロレックスの中でも独特の位置を占めるターノグラフは、その特殊なデザインと機能性で注目を集めています。

この記事では、ターノグラフの持つ独特な魅力とその歴史、さらには市場での価値について深掘りしていきます。
ぜひ最後までご覧ください。

ロレックスのターノグラフの独特な魅力と歴史

ターノグラフは2004年から2013年の間に生産されたロレックスの特別なモデルです。
この期間、ターノグラフはデイトジャストの派生モデルとして、そのデザインの基盤を継承しながらも、独自の機能性とスタイルを確立しました。
ここでは、ターノグラフが時計愛好家の間でどのように位置付けられているのか、その魅力を3つのポイントで解説します。

1:デザインと機能性の融合

ターノグラフの最大の特徴は、デイトジャストと同様のフルーテッドベゼルを採用しながらも、それを両方向に回転させられる点です。
この回転式ベゼルは、時間を測定するための実用的な機能として活用でき、ターノグラフをただの美しい時計から一歩進んだツールウォッチへと昇華させています。

2:スポーティかつ個性的な外観

ターノグラフのデザインは、赤いデイト表示と秒針を特徴とし、デイトジャストよりも一層スポーティで個性的な外観を持っています。
この赤の差し色は、時計の顔ともいえる文字盤に動きと生命感を与え、所有する喜びを一層深めます。

3:希少性とプレミア価値

生産期間が比較的短く、現在は生産終了となっているターノグラフは、市場での希少性が高まっています。
この希少性は、ターノグラフが持つ独特の魅力をさらに際立たせ、時計コレクターの間での価値を高めています。

ターノグラフは、その機能性とデザインの融合、そして希少性によって、ロレックスの中でも特別な位置を占めています。
回転式ベゼルや赤いデイト表示といった特徴は、ターノグラフならではの魅力を形作っており、時計愛好家にとっては見逃せないポイントです。

ターノグラフの中古市場における現状と価値

ロレックスの中古市場は、常に動きがあり、特定のモデルには目を見張るような価格変動が見られます。
ターノグラフは、生産終了モデルとしてその例外ではありません。
ここでは、ターノグラフの中古市場における現状とその価値について見ていきましょう。

1:希少性による市場価値

ターノグラフは2004年から約9年間の短い期間で製造されたため、市場に出回る数は限られています。
この希少性が、ターノグラフの価値を高める大きな要因となっています。
特に、ステンレススチール製のスポーツモデルが値上がりしやすいロレックスの中で、ターノグラフはその希少性から注目を集めています。

2:中古市場での需要と供給

ターノグラフは、生産終了により新品市場からは姿を消しましたが、中古市場では依然として一定の需要があります。

しかし、極端な価格高騰は見られず、他の人気モデルに比べると比較的手に入れやすい価格帯で取引されています。
これは、ターノグラフが「王道よりも通好みのロレックス」として位置付けられているためで、独特の魅力を持つモデルとして認識されています。

3:将来的な価値の見込み

ロレックス全般にいえることですが、希少性が高いモデルほど、時間が経つにつれて価値が上がる傾向にあります。
ターノグラフも例外ではなく、現在の中古市場での動きを見る限り、今後もじわじわとその価値は上昇していくと予測されます。

特に、状態が良いモデルやレアな文字盤カラーを持つモデルは、高い価値を持ち続けるでしょう。

ターノグラフのモデル別詳細と買取価格

ターノグラフの魅力を理解する上で、モデル別の特徴を知ることは欠かせません。
ここでは、特に代表的な3つのモデル(Ref.116261、Ref.116264、Ref.116263)の詳細と買取価格について解説します。

1:Ref.116261(RGコンビ)

Ref.116261はターノグラフの初期モデルで、K18ピンクゴールドとステンレススチールのコンビが特徴です。
このモデルは、リリース当時からデザインの洗練さと、比較的手頃な価格設定で注目を集めました。

取引価格は約100万円から140万円程度で、色によって微妙に価格が変動しますが、ピンクゴールドを使ったデザインのドレッシーさが高く評価されています。

2:Ref.116264(WGベゼル)

Ref.116264は、ホワイトゴールドを使用したベゼルが魅力的なモデルです。
ステンレススチールのボディに加え、スポーティながらも上品なデザインが特徴で、ビジネスシーンでもプライベートでも活躍する万能さを持っています。
特にブルー文字盤のモデルは希少性が高く、約120万円近くで取引されることもあります。

このモデルの人気は、近年さらに高まっており、相場価格も上昇傾向にあります。

3:Ref.116263(YGコンビ)

Ref.116263は、K18イエローゴールドとステンレススチールの組み合わせが美しいモデルです。

特に日本限定モデルは300本のみの販売であり、その希少性からコレクターの間で高い需要があります。
通常モデルも含め、取引価格は約100万円から始まり、特にブラック文字盤のモデルは170万円程度まで価格が上がることがあります。
日本限定モデルはさらに高価で、130万円から150万円程度で取引されています。

まとめ

この記事では、ターノグラフの魅力を深く掘り下げ、モデル別の詳細と買取価格について解説しました。
ロレックスのターノグラフは、その独特なデザインと機能性、希少性により、時計愛好家やコレクターの間で高く評価されています。
生産終了モデルであることから、その価値は今後も上昇していくことが予想されます。

当社では店頭買取・宅配買取・出張買取それぞれに対応しております。
店頭へお持ち込みいただく店頭買取でも、自身の時間に左右されず宅配として配送できる宅配買取でも、また、当社の査定専門家が皆様の家へお伺いする出張買取でも、皆様に満足いただける納得価格を提案いたします。
破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。

皆様が納得できる価格をエリートの査定員が示しますので、今眠っている時計があればぜひ一度当社にお問い合わせください。

Archives