ロレックスのサンダーバード買取の極意!歴史と価値を知る|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/03/23

最終更新日:2024/04/19

ロレックスのサンダーバード買取の極意!歴史と価値を知る

ロレックス サンダーバードは、ただの高級腕時計ではありません。
その誕生から現在に至るまでの長い歴史の中で、この時計は品質と独自性を追求し続けてきました。

特に高級腕時計が気になる方にとって、サンダーバードは単なるアクセサリー以上の価値を持ちます。
この記事では、サンダーバードのユニークな特徴とその買取市場の現状や悔いのない売却または購入を選択するための方法をご紹介します。

サンダーバードの由来とユニークな特徴

サンダーバードという名前は、アメリカ空軍のアクロバット飛行チーム「サンダーバーズ」から取られました。
このチームの退役した隊長を記念して特別に注文されたことが、その名の起源となっています。

この際に誕生したモデルは、ロレックスのデイトジャストシリーズに初めて回転ベゼルが搭載されたことで知られ、時計コレクターの間で高い評価を受けています。
サンダーバードのデザインは、スポーツモデルとドレスモデルの間に位置する独特のスタイルを持ち、それが独自の魅力を放っています。

また、このモデルの大きな魅力の一つは、そのバリエーションの豊かさにあります。
ブレスレットの種類や色によって、見た目の印象が大きく変わるため、多くの時計コレクターを惹きつけてやまないのです。

サンダーバードのデザインは、一般的なスポーツモデルやドレスモデルには分類できない独自の魅力を持っています。

このモデルの特徴として、異なるバリエーションによってガラリと印象が変わる点が挙げられます。
例えば、ブレスレットの種類や色を変えるだけで、全く異なるスタイルを楽しめるのです。
このように、サンダーバードはその中間的なデザインによって、多くの人々に愛され続けています。

加えて、サンダーバードは第5世代にわたって受け継がれるロングセラーモデルとしても知られています。
1956年に誕生して以来、約50年にわたって生産され続けたこのモデルは、その間に数々の進化を遂げてきました。

初代モデルは、クル・ド・パリが施された回転ベゼルが特徴的なデザインで、後に細いラインが無数に入るデザインへと変更された第2世代、名機cal.1570を搭載した第3世代を経て、ムーブメントの高振動化を果たした第4世代、そして完成型として第5世代に至るまで、そのデザインと機能性は常に時計愛好家の期待を超えるものでした。

これらの進化の歴史は、サンダーバードが単なる時計ではなく、時代を超えて受け継がれる芸術作品であることを物語っています。

ロレックスのサンダーバードの買取市場動向

ロレックスのサンダーバードは、その長い歴史と独自性あふれるデザインで、買取市場において際立った地位を確立しています。

このモデルは、モデルごとや時計の状態に応じて買取価格が大きく変わるものの、一般的には高価買取される傾向にあります。
サンダーバードの特別な魅力は、光輝く18金ゴールド製の回転ベゼルや、繊細なエンボス加工が施されたベゼルなど、他のデイトジャストモデルと比べて明確に区別されるデザイン要素にあります。

特に初期モデルや珍しいバリエーションのサンダーバードは、そのデザインの違いが価格に大きく反映され、高値で取引されることが多いです。
例えば、1962年ごろに誕生したRef.1625/8は、全体が18金イエローゴールドで仕上げられ、特にベゼルのアラビア数字が立体的にデザインされており、その豪華さで注目を集めています。

このモデルの前期型では、Cal.1560が搭載され、独特のクサビインデックス・アルファハンド・ドルフィンハンドが特徴であり、後期型では更に進化したCal.1570を搭載し、デザインの統一性とダイヤルバリエーションの豊富さが増しています。
Ref.1625/8は、その製造期間の長さと高級感から、現在でも約77万円前後の価値があるとされています。

また、Ref.16253は、特別仕様の回転ベゼルを特色とし、エンボス加工されたベゼルが特徴的なモデルです。
このモデルも、Cal.1560からCal.1570への移行を経て、デザインと機能性の両面で進化を遂げています。
このモデルの市場価値は、約60万円前後と評価されています。

さらに、サンダーバードシリーズの最終形とされるRef.16264は、1988年頃に登場し、前モデルと比較して耐久性が向上したCal.3135を搭載しています。
このモデルでは、デザインの大きな変更は見られませんが、エンボス加工されたベゼルのアラビア数字が大きくなり、より洗練されたデザインになっています。
このモデルの現在の買取価格も、約60万円前後で安定しています。

これらの特徴を持つサンダーバードは、デイトジャストやターノグラフといった他のモデルと比較しても、その独自のデザインと機能性で、コレクターたちから高く評価されています。
サンダーバードの魅力は、ただその時計を所有することだけにとどまらず、その歴史やデザイン、市場価値を理解することによって、より深く楽しめるのです。

高価買取を実現するための秘訣

サンダーバードを高価買取で手放すためには、いくつかの重要なポイントがあります。
まず、時計をきれいにお手入れしてから査定に出すことが基本です。

次に、購入時の付属品をすべて揃えて査定に出すことが重要です。
これには、箱、保証書、オーバーホールの証明書などが含まれます。

最後に、不要品をまとめて査定に出すことで、買取価格が向上する場合があります。
これらのポイントを押さえることで、サンダーバードの魅力を最大限に引き出し、高価買取を実現できます。

まとめ

この記事では、ロレックス サンダーバードの由来とユニークな特徴、買取市場の現状、そして高価買取を実現するためのコツについて解説しました。
サンダーバードは、その特別なデザインとロングセラーモデルとしての歴史により、多くのコレクターから愛され続けています。

買取市場においても、これらの特徴を理解し、適切な準備を行うことで、より高い価格での取引が期待できます。
サンダーバードの持つ独特の魅力を最大限に活かし、悔いのない売買を実現しましょう。

なお、当社では店頭買取・宅配買取・出張買取それぞれに対応しております。
店頭へお持ち込みいただく店頭買取でも、自身の時間に左右されず宅配として配送できる宅配買取でも、また、当社の査定専門家が皆様の家へお伺いする出張買取でも、皆様に満足いただける納得価格を提案いたします。
破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。

宝石や高級時計からお酒やスマホなど、納得のいく価格提示を行いますので、自宅に眠る貴重品がございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

Archives