ロレックスのオイスターパーペチュアル買取の最新動向とその真価とは|買取エリート

電話でのご相談・無料査定 0120-022-655
電話受付時間
10:00~20:00

LINE無料査定 最短30秒カンタン査定

店頭買取

東京エリア
神奈川エリア

神奈川エリア

千葉エリア

千葉エリア

大阪エリア
兵庫エリア

兵庫エリア

静岡エリア

静岡エリア

広島エリア
岡山エリア

岡山エリア

香川エリア

香川エリア

愛媛エリア

愛媛エリア

群馬エリア

群馬エリア

ロレックス

公開日:2024/03/27

最終更新日:2024/04/18

ロレックスのオイスターパーペチュアル買取の最新動向とその真価とは

時計は単なる時間を告げる道具ではなく、その所有者の個性や価値観、そして時には地位さえも象徴するアイテムです。

特にロレックス オイスター パーペチュアルは、高級時計の中でも人気のあるモデルの一つであり、その資産価値としての魅力は、時計愛好家や投資家たちの間で高く評価されています。

この記事では、ロレックス オイスター パーペチュアルの買取価格と市場動向、そしてその希少性や投資価値について掘り下げていきます。

ロレックス オイスターパーペチュアルの買取市場における特徴

ロレックス買取においてオイスターパーペチュアル114300ダークロジウムモデルは特に注目されています。
オイスターパーペチュアルシリーズは、ロレックスが誇るオイスターケースとパーペチュアル機構を搭載した、ブランドの歴史において重要な位置を占めるモデルです。

オイスターケースは1926年に開発された世界初の防水ケースであり、1931年には革新的な自動巻き機構が発明されました。

これら二つの技術の結晶であるオイスターパーペチュアルは、ロレックスの原点ともいえる存在であり、歴史が長いためモデル数も豊富で、Refナンバーは40以上にのぼります。
スポーツモデルに比べると買取価格は若干低めですが、流行に左右されないデザインのため、価格の安定性が魅力です。

オイスターパーペチュアルノンデイトに関しては、その起源は1926年のオイスターケース開発と1931年のパーペチュアル機構の発明に遡ります。

これら二つの革新的な発明を組み合わせることで、1933年にはRef.2940やRef.3131などのファーストモデルが登場しました。
当時のオイスターパーペチュアルは、手巻き用に設計されたケースの裏蓋をドーム状に変更し、自動巻きキャリバーを収める独特の形状から、「バブルバック」という愛称で親しまれていました。

1950年代から1960年代にかけては、オイスターパーペチュアルに日付表示機能を追加したオイスターパーペチュアルデイトが登場しました。
このモデルは、デイトジャスト機構ではなく、24時付近で徐々に日付が変わる仕組みが採用されていました。
また、現在に至るまでわずか3世代のみが発売されており、その希少性も特徴の一つです。

アンティークモデルについては、一般的に時間が経過することで価値が増すとされています。
オイスターパーペチュアルにおいては、特に1950年代から1960年代に製造された4桁リファレンスモデルが、アンティークまたはヴィンテージとして高く評価されています。

現代のトレンド!レアカラーのオイスターパーペチュアル

ロレックスのオイスターパーペチュアルシリーズは、最新のトレンドとしてレアカラーバリエーションで注目を集めています。
特にコーラルレッド、イエロー、キャンディピンク、ターコイズブルーといった鮮やかな色彩を採用したモデルが、市場に登場するや否や大きな話題となりました。

これらの色彩が特徴のモデルは、2020年に新たにラインナップに加わり、わずかな期間で生産終了を迎えるなど、その希少性は日に日に増しています。
特にターコイズブルーは、その人気と希少性の高さから価格が急騰し、コレクターや投資家たちの間で非常に高い関心を集めています。

市場での価格動向を詳細に見ると、特にターコイズブルーの価格推移は顕著で、その人気と希少性から価格が高騰していることがわかります。
例えば、オイスターパーペチュアル41mm Ref.124300のターコイズブルーは、2021年1月時点で150万円程度でしたが、わずかな期間で価格が急騰し、2022年2月には548万円を記録しました。

このような価格の高騰は、ターコイズブルーがティファニーブルーとも呼ばれ、生産終了前から非常に人気が高かったことに起因します。
その後、価格は一時的に落ち着くものの、再び上昇傾向にあり、今後も高い水準を維持することが予想されます。

コレクターが注目すべき点としては、これらのレアカラーモデルの市場価格は非常に変動しやすいことが挙げられます。
特に新作の発表や特定のモデルの生産終了発表は、市場価格に大きな影響を与えるため、投資やコレクションの目的で購入を検討している場合は、常に最新の市場動向を把握し、慎重な判断が求められます。

また、レアカラーモデルはその希少性から偽造品のリスクも高いため、購入の際には正規の販売ルートを選ぶことが重要です。
このように、オイスターパーペチュアルのレアカラーモデルは、その美しい色彩だけでなく、市場での価値や投資対象としての魅力にも注目が集まっています。

エアキングと比較した上でのオイスター パーペチュアルの特徴

オイスター パーペチュアルとエアキングは、ロレックスの中でも独特な位置を占めるモデルです。
エアキングはもともとパイロット用に設計されたモデルで、その大きな特徴は、読みやすいダイヤルとシンプルなデザインにあります。

一方、オイスター パーペチュアルは、ロレックスの基本的な価値を体現するモデルとして、エレガントなデザインと汎用性の高さを持ち合わせています。
特に90年代において、これら二つのモデルは、素材やデザインにおいて微妙な差異がありましたが、そのどちらもが高い品質と耐久性を備えている点では共通しています。

まとめ

この記事では、ロレックス オイスター パーペチュアルの買取価格と市場動向、レアカラーモデルの希少性と価格動向、そしてエアキングとの比較を通じて、その特徴とコレクション価値について掘り下げました。

オイスター パーペチュアルは、その歴史的背景とデザインの進化、レアカラーの希少性、そしてエアキングとの比較において見られる独自性により、時計コレクターや投資家にとって引き続き魅力的な選択肢であることがわかります。

なお、当社では店頭買取・宅配買取・出張買取それぞれに対応しております。
店頭へお持ち込みいただく店頭買取でも、自身の時間に左右されず宅配として配送できる宅配買取でも、また、当社の査定専門家が皆様の家へお伺いする出張買取でも、皆様に満足いただける納得価格を提案いたします。
破損・アフターダイヤ・オーバーホールでも買取可能です。

従来の買取屋とは異なったモダンで快適な環境の中、査定をいたしますのでぜひお気軽にお問い合わせください。

Archives