簡単!便利!
無料査定・問合せのご案内

MENU

ダイヤモンドを高く売るポイントと買取額の算出方法

 

自宅を掃除していて見つけたダイヤモンドや、使わなくなったダイヤを買取に出したいと思っている人はいませんか。

 

古いものだし買取してもらえるかわからないけど…

 

なんて諦めてしまっている人もいるかもしれません。

 

今回はダイヤモンドの買取について詳しく說明していきます。

 

そもそもダイヤモンドの何が価格を決めるのか?

 

そのポイントについても紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

ダイヤモンドの買取額はどうやって決まる?

ダイヤモンドを買取に出した場合、まずはそれが本物かどうかを確認します。

 

購入時に鑑定書などがあれば、一緒に持っていくと買取業者によっては少し高い価格帯で買取してくれる場合もあります。

 

ダイヤモンドの場合、きちんとした買取店だと世界で最も普及している「GIA(Gemological Institute of America)」に沿って鑑定が行われることが多くなります。

 

ダイヤモンドの価値を決めるときの「4C」があり、「大きさ」「カット」「透明度」「色合い」にて品定めが行われます。

 

それぞれランク付けされており透明度の高いダイヤモンドであればあるほど価値が高くなります。

 

またカラーダイヤモンドでも色の違いによって価値が変わります。

 

事前に鑑定書の中に表示されている「カラット数」「カットグレード」「カラーグレード」「クラリティグレード」を伝えて、見積もりを出してくれる場合もあります。

 

ただし鑑定書が英語表記の場合もありますし、鑑定書を保証書と勘違いしている場合もあります。

 

そのためわからない場合は、一度持ち込んで確認してもらった方が懸命です。

 

ダイヤモンドを買取に出すお店の選び方

ダイヤモンドを買取にだすときに、店舗によっても査定額に大きな違いがあると言われています。

 

知識不足・経験不足の店舗の場合、買取に自信が持てないとリスクを抑えて極端に安い価格帯を提示してくることがあります。

 

そのまま買取に出してしまうと、出した本人が損をしてしまうことも珍しくないのです。

 

そもそも日本には宝石鑑定士の国家資格は存在しておらず、民間資格もしくは独学で学んだ程度の人が多いのです。

 

資格には一流の技術を証明できるものもあれば趣味の延長線上で鑑定している場合もあります。

 

鑑定士が本当に正しい知識を持ち合わせているのか心配になったときは、無理に買取に出すのではなく一度検討する時間を作ってもいいかもしれません。

 

ダイヤモンドは大切な資産ですし、信用できないお店に出す必要はありませんよね。

 

他にも買取だけでなく買い付け経験がある鑑定士の場合は、信用できるレベルの高さだと思っていいでしょう。

 

査定時に詳細の内容を教えてくれるかどうかも判断基準となります。

 

場合によっては土台から外して鑑定する場合もあるのですが、それを說明無しでされてしまうと大きなリスクになります。

 

ダイヤモンドの高価買取のポイント!

ダイヤモンドを高価買取にする為には、インターネットや周辺のお店で事前に相場を調べておくようにします。

 

相場を知らないと悪徳業者にだまされてしまうことがあります。

 

インターネットなどで簡易見積もりができる方法もたくさんありますので、まずはインターネットで大体の相場を調べてみてください。

 

同時に相場を把握した上で「いくらならダイヤモンドを売るのか」相場から目標金額を決めておくようにします。

 

提示された金額が希望通りでないときは交渉するのも1つの手段です。

 

少しでも条件が良く買取してくれる業者を探すようにしましょう。

 

ダイヤモンドは高値で買取してもらえる可能性がある宝石です。

 

納得できる価格にて買取してもらえるように、まずは相場を知り見積もりを出してもらいましょう。交渉次第で高額になるのも夢ではありません。