岡山でダイヤの買取は行っている?高く売れるダイヤや業者の特徴

 

宝石の中でも一際美しく、人気も高いダイヤ。

 

不要になったダイヤは買取に出すことをおすすめしますが、同じダイヤでも買取金額が大幅に変わることがあります。

 

高く売れるダイヤにはどんな特徴があるのか、また高く買取ってくれる買取業者の選び方についてご紹介いたします。

 

岡山でダイヤを高く売りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

 

岡山でダイヤを高額買取してもらう方法

岡山でダイヤを売る方法についてご紹介します。

 

それぞれのメリット、デメリットを比較して、自分の目的やライフスタイルに合わせた取引方法を選びましょう。

 

 

店頭買取

店頭に持ち込みその場で査定してもらうというシンプルな方法です。

 

すぐにダイヤをお金に変えることができるというメリットがあります。

 

岡山にもダイヤを買取ってくれる店舗はありますが、数が少ないため比較しにくい、地方に住んでいる方は利用しにくいというデメリットもあります。

 

 

出張買取

自宅に査定スタッフに来てもらえる買取方法です。

 

ダイヤだけでなく宝石類やブランド品などもまとめて処分したいときに、荷物を運び出す必要のない出張買取は便利です。

 

その場で現金に変えられるという手軽さもあります。

 

一方で出張エリア外の場合は出張不可、または高い出張料が必要になるという可能性もあります。

 

東京などの都心に店舗があるような買取業者には出張買取は依頼できませんので、この場合も利用できる店舗が限られてしまいます。

 

 

宅配買取

ネットで申し込むことができ、売りたいダイヤを送るだけで査定してもらえるのが宅配買取です。

 

宅配買取なら全国各地のどこからでも利用できるため、買取業者選びの選択肢が一気に広がります。

 

より高額で買取ってくれると人気の買取業者を利用することも可能です。

 

宅配買取なら、時間や立地を気にすることなく準備を進められるというメリットもあります。

 

しかし、大切な宝石を郵送する不安感を感じたり、入金されるまでの時間が長いのが気になるという方もいます。

 

クチコミで安全性を確認してから利用するようにしましょう。

 

 

高く売れるダイヤの特徴

どのようなダイヤが高く売れるのかをご紹介します。

 

条件を満たして、より高い買取金額を目指しましょう。

 

 

鑑定書がある

ダイヤには鑑定書がついていることがほとんどです。

 

この鑑定書があるかどうかで査定金額は大きく変わります。

 

査定スタッフの目は確かでも、鑑定書のない中古品を購入することをためらう方が多く、どうしても価格を下げて販売しなければなりません。その分査定金額も低くなってしまいます。

 

鑑定機関から発行された鑑定書、さらに2010年以降の鑑定書であれば、より信頼度はアップします。

 

 

状態が良い

ダイヤの状態も買取金額には影響します。

 

小さくても傷が入っていると価値が大幅に減少します。

 

また、指輪やネックレスなどのアクセサリーに埋め込まれたダイヤの場合、アクセサリー自体の状態も査定金額に影響を与えます。

 

くすみやサビは事前に拭き取り、できるだけ綺麗な状態にしてから査定を依頼するようにしましょう。

 

ダイヤを高価買取してくれる業者の特徴

ダイヤを高価買取してくれる業者の特徴についてご紹介いたします。

 

業者選びをきちんと行えば、より高い金額での取引が可能になります。

 

 

専門の鑑定士が在籍している

ホームページを確認して、宝石専門の鑑定士が在籍しているかどうか確認しましょう。

 

ダイヤの鑑定は非常に難しく、素人同然のスタッフが行っても適正な価格は期待できません。

 

きちんと資格のある鑑定士に査定してもらうようにしましょう。

 

 

宝石買取を専門にしている

ブランド品、衣類、書籍など全般に買取を行っている業者ではなく、宝石の買取を専門にしている買取業者を選ぶことをおすすめします。

 

総合買取業者はなんでも買取ってくれる分、それぞれの査定基準が非常に曖昧で、安く仕入れて安く売ることを目的としているケースが多いです。

 

宝石を専門にしている業者なら、市場の価値やダイヤの状態、人気、トレンドなどから判断して適正な価格をつけてくれます。

 

宝石の取り扱いに慣れているため、紛失や壊されるなどの心配も少なくなります。

 

 

販売ルートが海外にもある

店舗のみ、国内のみの通販ではなく、海外にも販売ルートがある買取業者を選びましょう。

 

ダイヤは世界的に価値が高い宝石です。そのため、海外にも販売できるとなればより高額での取引が可能になります。

 

その分査定金額も高くなります。

 

ホームページで、販売ルートについても確認しておきましょう。

 

 

岡山からダイヤを高く売れる業者を探そう

岡山でダイヤを高く売れる業者についてご紹介いたしました。

 

ダイヤの買取方法には店頭買取、出張買取、宅配買取があります。自分の目的、住んでいる地域、またライフスタイルなどに合わせて、より適切な買取方法を選んでください。

 

より宝石の買取に特化した実績のある買取業者を選ぶことで、大切なダイヤを高額で買い取ってもらうことができますよ。

 

ダイヤモンドを高く売るポイントと買取額の算出方法

 

自宅を掃除していて見つけたダイヤモンドや、使わなくなったダイヤを買取に出したいと思っている人はいませんか。

 

古いものだし買取してもらえるかわからないけど…

 

なんて諦めてしまっている人もいるかもしれません。

 

今回はダイヤモンドの買取について詳しく說明していきます。

 

そもそもダイヤモンドの何が価格を決めるのか?

 

そのポイントについても紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

ダイヤモンドの買取額はどうやって決まる?

ダイヤモンドを買取に出した場合、まずはそれが本物かどうかを確認します。

 

購入時に鑑定書などがあれば、一緒に持っていくと買取業者によっては少し高い価格帯で買取してくれる場合もあります。

 

ダイヤモンドの場合、きちんとした買取店だと世界で最も普及している「GIA(Gemological Institute of America)」に沿って鑑定が行われることが多くなります。

 

ダイヤモンドの価値を決めるときの「4C」があり、「大きさ」「カット」「透明度」「色合い」にて品定めが行われます。

 

それぞれランク付けされており透明度の高いダイヤモンドであればあるほど価値が高くなります。

 

またカラーダイヤモンドでも色の違いによって価値が変わります。

 

事前に鑑定書の中に表示されている「カラット数」「カットグレード」「カラーグレード」「クラリティグレード」を伝えて、見積もりを出してくれる場合もあります。

 

ただし鑑定書が英語表記の場合もありますし、鑑定書を保証書と勘違いしている場合もあります。

 

そのためわからない場合は、一度持ち込んで確認してもらった方が懸命です。

 

ダイヤモンドを買取に出すお店の選び方

ダイヤモンドを買取にだすときに、店舗によっても査定額に大きな違いがあると言われています。

 

知識不足・経験不足の店舗の場合、買取に自信が持てないとリスクを抑えて極端に安い価格帯を提示してくることがあります。

 

そのまま買取に出してしまうと、出した本人が損をしてしまうことも珍しくないのです。

 

そもそも日本には宝石鑑定士の国家資格は存在しておらず、民間資格もしくは独学で学んだ程度の人が多いのです。

 

資格には一流の技術を証明できるものもあれば趣味の延長線上で鑑定している場合もあります。

 

鑑定士が本当に正しい知識を持ち合わせているのか心配になったときは、無理に買取に出すのではなく一度検討する時間を作ってもいいかもしれません。

 

ダイヤモンドは大切な資産ですし、信用できないお店に出す必要はありませんよね。

 

他にも買取だけでなく買い付け経験がある鑑定士の場合は、信用できるレベルの高さだと思っていいでしょう。

 

査定時に詳細の内容を教えてくれるかどうかも判断基準となります。

 

場合によっては土台から外して鑑定する場合もあるのですが、それを說明無しでされてしまうと大きなリスクになります。

 

ダイヤモンドの高価買取のポイント!

ダイヤモンドを高価買取にする為には、インターネットや周辺のお店で事前に相場を調べておくようにします。

 

相場を知らないと悪徳業者にだまされてしまうことがあります。

 

インターネットなどで簡易見積もりができる方法もたくさんありますので、まずはインターネットで大体の相場を調べてみてください。

 

同時に相場を把握した上で「いくらならダイヤモンドを売るのか」相場から目標金額を決めておくようにします。

 

提示された金額が希望通りでないときは交渉するのも1つの手段です。

 

少しでも条件が良く買取してくれる業者を探すようにしましょう。

 

ダイヤモンドは高値で買取してもらえる可能性がある宝石です。

 

納得できる価格にて買取してもらえるように、まずは相場を知り見積もりを出してもらいましょう。交渉次第で高額になるのも夢ではありません。

 

 

ブラウンダイヤモンドの特徴と価格について解説します

 

カラーダイヤモンドが気になっている人の中で、比較的手頃な価格帯で優しい色合いの「ブラウンダイヤモンド」を検討している人もいるのではないでしょうか。

 

艶やかなダイヤモンドも華やかな印象になっていいのですが、落ち着いた風合いは年齢を問わずに使えますし、シックで上品な印象になります。

 

そんなブラウンダイヤモンドとはどんなものなのか?特徴や価格について詳しく說明していきます。

 

ブラウンダイヤモンドとは?

結晶格子の歪みによって生まれたのがブラウンダイヤモンドです。

 

別名シャンパンダイヤやコニャックダイヤなんて異名も持っています。

 

薄いブラウンのシャンパンダイヤは女性誌などで一時期取り上げられていたこともあるので名前を知っている人もいるかもしれません。

 

また、日本で使われるようになったのは最近ですが、2世紀頃のローマ人はリングなどにブラウンのダイヤモンドをセットしていたと言われています。

 

1980年台までアーガイル鉱山にて豊富に産出されていた時代は、かつては粗悪品などと言われることもあり、工業用のダイヤモンドなんて言われることもありました。

 

当時からオーストラリア人はこれらを磨いてアクセサリーにする習慣があり、ブラウンの色の濃さによって名前を付けていました。

 

ブラウンダイヤモンドの知名度が上がるまでにかなりの時間がかかったようです。

 

そのためブラウンダイヤモンドは安価で取引されるダイヤモンドでしたが、近年は人間の肌に自然に馴染む、ナチュラルカラーとして注目されるようになりました。

 

大人の女性の魅力を引き出す色でもあり包容力に溢れた色合いが特徴です。

 

似ているものでイエローダイヤモンドもありますが、少し華やかな印象になりすぎてしまいなかには苦手意識を感じてしまう人もいます。

 

どちらにしようか悩んだときにブラウンダイヤモンドを選ぶ人が多いようです。

 

ブラウンダイヤモンドは厳格な基準のもとで見ると「ファンシーダイヤモンド」に分類されるため、カラーダイヤモンドには分類されていません。

 

宝石学研学会(GIA)でも認定されていない、カラーのダイヤモンドとなります。

 

ブラウンダイヤモンドの中でも特に高価なコニャックダイヤ

宝石がブラウンなんて…と考える人も多かったといいます。

 

一部ではクズダイヤなんて言われることもありダイヤモンドといえば、無色透明をイメージする人が多かったことが関係しているようです。

 

基本的にブラウンの色味が濃ければ濃いほど価値が高くなる傾向にあります。

 

シャンパンダイヤは薄いブラウンをしているので、なかには通常のダイヤモンドと大差なく良く見なければわからないなんて声もあります。

 

特にコニャックダイヤと呼ばれる、ブラウンの色が鮮やかで深く落ち着きのある色合いのものは世界中から高く評価されています。

 

その結果ブラウンダイヤモンド全体の人気が高くなり価値も上昇しているのです。

 

ブラウン自体が日本人との肌なじみがよく目立ちにくい色合いなので、確かな存在感があります。

 

また金具部分がゴールドだと同系色で全体に統一感も出るので、日常使いのアクセサリーとしても使いやすいですね。

 

一般的に人気のある色味はミディアム~ダークトーンのものになり、少し赤みを帯びたような色合いが好まれます。

 

ブラウンダイヤモンドといいますが、グリーンやイエロー、オレンジ、レッドなどの色味が混ざっているので、完全にブラウンというわけではありません。

 

安価なこともあり近頃では店頭でも見かける機会が増えています。

 

人工のものではないので1つ1つ風合いが違い見た目も変わります。

 

実際に目にしてみて気に入るものを選ぶのがポイントです。特に店頭の明かりの下で見るのと外で見るのは色合いに違いがあります。

 

ブラウンダイヤモンドの石言葉

ブラウンダイヤモンドには「物事に動じない」強い精神力を持つ力があります。

 

そのため何か大役を任されたときに確かな結果を生み出してくれる色でもあり、生きる力を強めたいときにも重宝します。

 

また心を癒やしてくれる存在でもあり、完全な存在だとも言われます。

 

未熟なものや不完全なものをはねのけてくれる効果もあるのだとか。

 

恋人・家族・友人などの「すべての愛」に対してエネルギーを与えてくれる色なので大切な人との関係を守りたいと思っている人にとって、ブラウンダイヤモンドは力になってくれる最適な存在だといえるのではないでしょうか。

 

茶色が土や大地を表す色であることもあり、「安定」を意味するのがブラウンダイヤモンドともいえるのではないでしょうか。

 

まとめ

ブラウンダイヤモンドは比較的手頃な価格帯で購入できる、カラーダイヤモンドです。

 

落ち着いた色合いはまさにブラウンだからこそ生み出せるものです。

 

大きめのカラットにしても派手になりすぎてしまうこともなく、上品で肌なじみの良さが特徴です。

 

無色透明のダイヤモンドではないからこその楽しみ方もあると思いませんか。

 

ブラウンダイヤモンドで美しい印象を作り出してみませんか。

手頃なダイヤモンド!イエローダイヤについて解説

 

通常のダイヤモンドではなく、色付きのカラーダイヤモンドが気になっている女性もいるのではないでしょうか。

 

数あるカラーダイヤモンドの中でも産出量が多く、注目されるきっかけになったのが「イエローダイヤモンド」です。

 

まずは手頃なカラーダイヤモンドが欲しいと思っている人におすすめです。

 

イエローダイヤモンドとはどのようなものなのか?特徴や価値について說明していきます。

 

イエローダイヤモンドとは?

イエローダイヤモンドは自然界の力で作られたものと、人工で作られたものがあります。

 

カラーダイヤモンドは、結晶格子の中にある窒素原子や炭素原子の数によって、カラーの色が変わります。

 

イエローダイヤモンドは採掘量が多いこともあり比較的手頃なダイヤモンドです。

 

なかには工業用として使用されることもあります。

 

もちろん黄色の色味が美しい鮮やかなものになると、その価値が一気に上がり高値にて取引されることも珍しくありません。

 

太陽のような山吹色をしたダイヤモンドは壮麗な美しさがあります。

 

イエローダイヤモンドのグレードで見ると、「ベリーライトイエロー」「ライトイエロー」「イエロー」「ファンシーライトイエロー」「ファンシーイエロー」「ファンシーインテンスイエロー」「ファンシービビットイエロー」の順番に色味が濃くなり、黄色の割合が大きなものほど高値になる傾向にあります。

 

ダイヤモンドではカラーグレードをD~Zで表し、無色透明のものを最上位ランクとしています。

 

透明のダイヤモンドであってもグレードが下がると黄色みがかった色になるので、そんなに価値があるものなの!?と思う人もいるかもしれません。

 

ダイヤモンドの黄色みがかった色と、イエローダイヤモンドは全く別のものになります。

 

イエローダイヤモンドでも特に高価なものとは?

Zよりも色味が強いものをファンシーカラーダイヤモンドといいます。

 

なかでも特に価値が高く、イエローダイヤモンドの最高峰と言われているのが「カナリーイエロー」です。

 

特に色が濃く美しいこともありときにはマーマレードイエローと言われることもあります。

 

ここまで鮮やかな色はほとんど排出されませんし、天然で傷がないとなるとほぼないに等しくなります。

 

そのため価値が高く高額な取引が行われています。

 

流通量が多いイエローダイヤモンドでも、市場に出回ることはほとんどありません。

 

近頃はハイジュエリーブランドのティファニーがイエローダイヤモンドを使ったアクセサリーを発表したことでも話題になりました。

 

このことをきっかけにイエローダイヤモンドの注目度が高くなっています。

 

特に大粒のものはめったに見られないとされ、実物を目にするとあまりの美しさに驚いてしまうかもしれません。

 

イエローダイヤモンドはどこで産出されるの?

イエローダイヤモンドの産地は世界で20カ国以上あると言われています。

 

比較的取れる場所も多いのですが、100カラット以上の大きなイエローダイヤモンドになると、南アフリカでしか採掘することができません。

 

他には「ロシア」「インド」「ブラジル」「オーストラリア」「今後」「カナダ」などで採掘することができます。

 

カラーダイヤモンドのなかでも産出量が多いイエローダイヤモンドですが、それでも限られた地域でしか見ることができません。

 

いかに貴重なものであることがわかりますね。

 

イエローダイヤモンドの石言葉とは?

カラーダイヤモンドにはそれぞれに石言葉があります。

 

イエローダイヤモンドにもさまざまな効果が期待できると言われています。

 

例えば黄色=黄金をイメージさせることから「冨」「名誉」「成功」を意味すると言われていることから、イエローダイヤモンドは「宝石の王様」なんて異名で呼ばれることもあります。

 

自由でパワフルなイメージを与えてくれるイエローは、仕事運や明るい気持ちにさせてくれる色としても知られています。

 

何か目指すべき夢や道がある人に、切り開いてくれる役割が期待できます。

 

イエローダイヤモンドの場合、ときどき驚くほどの安い価格で販売している場合があるのですが、これらは人工で作られたものの可能性が高く、ナチュラルダイヤモンドではないので価値が低い模造品の可能性があります。

 

あまりに相場よりも安い価格で売っている場合は、一度疑ってみた方がいいでしょう。

 

いくら流通量が多いといっても驚くほど安い価格では販売されていません。

 

まとめ

明るい気持ちにしてくれるイエローダイヤモンドは、比較的挑戦しやすいカラーダイヤモンドです。

 

もし気になっている人がいれば、純度が高く色が鮮やかなものを選ぶようにしてください。

 

見ているだけで元気をもらえるようなダイヤモンドなので、幸せな気持ちにしてくれること間違いなしですよ。

 

カナリーイエローもなかなか見かけませんが、あまりの美しさに驚いてしまうかも。

 

そのぐらいイエローダイヤモンドは華やかでエネルギーに満ち溢れた宝石だといえるのです。

奇跡のダイヤモンド!ブルーダイヤモンドが高額で取引される理由

 

ダイヤモンドといえば純白をイメージする人が多いと思いますが、爽やかな「ブルーダイヤモンド」が世界的にも人気があります。

 

ダイヤモンドなのに青!?と驚く人もいるかもしれません。

 

甘すぎず透明感のある美しい青は見ているだけで虜になってしまうほどの美しさです。

 

そもそもブルーダイヤモンドとはどんなものなのか?具体的に紹介していきます。

 

ブルーダイヤモンドとは?

ブルーダイヤモンドはダイヤモンド全体の0.00001%の確立でしか発掘されることがなく、その希少性の高さもあって「神様のきまぐれ」と呼ばれることがあります。

 

そのため市場に出回ることはほとんどありません。

 

むしろ偶然でも見かけることがあればラッキーともいえるのが、ブルーダイヤモンドといえるのではないでしょうか。

 

かつては無色透明のダイヤモンドが最高級品だと言われていました。

 

色が入っているダイヤモンドになると最も価値の低いものと言われることが多かったのです。

 

その認識が変わったのは、イエローダイヤモンドが人気になり、それと同時にブルーダイヤモンドも注目されるようになったことにあります。

 

ブルーダイヤモンドはどうやって誕生したの?

どうやってブルーダイヤモンドが誕生したのか?気になる人もいると思います。

 

ブルーダイヤモンドができるのは結晶格子に不純物が混ざることによって着色します。

 

そこにホウ素が交じることによって産出されます。

 

そもそもダイヤモンドが誕生する過程で、地中海の奥深くにホウ素が存在しているはずがないので、ブルーダイヤモンドが誕生すること自体が本当に奇跡でもあるのです。

 

どうしてホウ素が存在していたのかは今でも謎だと言われています。

 

海外のネイチャー誌で2018年8月2日に掲載された内容に、興味深い記述を発見しました。

 

ブルーダイヤモンドはとても深いダイヤモンドだといい、地球のはるか深い場所にて結晶化することでダイヤモンドが生まれるとしています。

 

ホウ素は古代の海洋から派生された可能性があるというのです。

 

少し難しくなってしまうのですが、海水が海底に浸透すると化学反応を起こします。

 

ホウ素が海洋リソスフェアに蓄積します。

 

上昇した温度と圧力が含水鉱物を破壊したあとに、ダイヤモンドの成長因子となるホウ素が濃縮された液体が流出され、個体鉱物を囲んでいる薄層とメタンや水素が共存することによってホウ素が濃縮しダイヤモンドの成長を促したと考えているのです。

 

2016年に発見されたことによって地面から何百キロも離れた地下で作られた、スーパーディープダイヤモンドはとても価値の高いダイヤモンドであると考えるようになったのです。

 

ブルーダイヤモンドが高額な取引をされる理由

同じブルーダイヤモンドの中でも処理がされておらず発色がきれいなものは貴重性が高いとされています。

 

一般の人が手を出すのは難しいと言われるほど高価な価格がつくこともあり、なかなか購入できるものではありません。

 

例えば2014年に南アフリカの首都近郊にある鉱山にてブルーダイヤモンドが発見されました。

 

今までのブルーダイヤモンドとは違うビビットブルーだったこともあって世界中から注目されています。

 

実際にオークションでは1カラットが180万ドルになると言われており、日本円だと約1億8,000万円になり、それ以上の価値になるのではと言われています。

 

ダイヤモンド自体はもともと高価なものですが、こんなに高額な価格で取引されていると考えると驚きですね。

 

ちなみにブルーダイヤモンドが使われた映画があるのを知っていますか?

 

実話をもとに作られたタイタニックでハート型の青いダイヤモンドがあったのを覚えていますか?

 

物語の冒頭で老いたローズがジャックとの思い出を懐かしみながら海に投げるシーンで見たことがあると思います。

 

そのぐらい希少性があり庶民にはなかなか手に入らないダイヤモンドでもあったのです。

 

ブルーダイヤモンドの石言葉が気になる

カラーダイヤモンドにはそれぞれ石言葉があります。

 

ブルーダイヤモンドには「幸福を願う」という意味があります。

 

身につけると知るべきことを知れるともいわれており、知性の石としても知られています。

 

婚約指輪や結婚指輪などに使う人もいて、お互いが隠し事をせずに家庭を築いていくと考えると、とても合ったダイヤモンドの石言葉だと思いませんか。

 

ブルーダイヤモンドの前では誰もが嘘をつくことができなくなりそうですね。

 

また、お互いの絆を強める意味や効果もあり、大切なじん性のパートナーへの贈り物に最適だと言われています。

 

信頼関係を作ってくれるダイヤモンドです。

 

まとめ

カラーダイヤモンドの中でも、ブルーダイヤモンドはなかなか見かけません。

 

それだけ高い価値があり透き通るような空や海をイメージさせるとても美しい色をしています。

 

無色透明のダイヤモンドが多い中で、ブルーのダイヤモンドは目立ちますし石言葉もとても素敵ですね。

 

それだけ魅力を秘めたダイヤモンドといえるのではないでしょうか。

 

 

 

女性人気No1!ピンクダイヤの希少性と価値について

 

カラーダイヤモンドには全部で12種類のカラー展開がありますが、中でも特に人気があり高価なダイヤモンドとして知られているのが「ピンクダイヤモンド」です。

 

女性にとっては上品でかわいらしい色合いに、ひと目見るだけで虜になってしまう人もいると思います。

 

身に付けているだけで女性らしさを引き出してくれるのが、ピンクダイヤモンドの素晴らしさでもありますね。そんなピンクダイヤモンドについて紹介します。

 

ピンクダイヤモンドとは?

そもそもピンクダイヤモンドはどうやってできていると思いますか。

 

ダイヤモンドの結晶格子に窒素原子が含まれた窒素原子が含まれ、付随する炭素原子が欠けてしまうことで生まれます。

 

手頃な価格帯で店頭などで見かけるピンクダイヤモンドは、ほとんどの場合が人工で作られたものになり、天然のピンクダイヤモンドではありません。

 

自然界が作り出したカラーダイヤモンドは、ナチュラルダイヤモンドと呼ばれています。

 

ピンクダイヤモンドが天然のものなのか、人工のものなのかを見極める基準があります。

 

ピンク色が鮮やかかどうか、透明度が高いかによって見極めるための基準になります。

 

ピンクダイヤ温度は透明度の高さやカラットによって値段が変わります。

 

ただしピンクダイヤモンドのように希少性の高いものになると、カットの基準を高めることを優先します。

 

そのためカラットの減量をほとんど行いません。

 

貴重でなかなか手に入らないピンクダイヤモンドを削ってしまうのをもったいないと考えているからです。

 

ピンクダイヤモンドの中に含まれている内包物が、石の耐久性に関わる場合でないとカットを優先することはありません。

 

またピンクダイヤモンドの中にも、少しオレンジがかった色味のものもあればブラウンのような色味のものもあります。

 

本当に美しいピンクダイヤモンドになると桜色のような美しいピンクになり、透明度が高く美しいものになります。

 

ファンシーピンクダイヤモンドとは?

ピンクダイヤモンドの中でもファンシーピンクダイヤモンドと呼ばれるものがあります。

 

ピンクダイヤモンドの色は“明るさ”と“濃さ”によって評価されることが多く、4CのカラーのなかでZを超えた一定以上の色の明るさや濃さをもったピンクダイヤモンドを、「ファンシーピンク」と呼びます。

 

ファンシーピンクであってもその価値には段階分けがあります。

 

「ファンシーヴィヴィット」「ファンシーインテンス」「ファンシーディープ」「ファンシーダーク」「ファンシー」「ファンシーライト」で分かれています。

 

ピンクの色が濃いものほど人気が高く、ファンシーピンクダイヤモンドであってもなかなか手に入れることができません。

 

そのぐらい高い価値のあるものです。

 

ピンクダイヤモンドは希少性があり価値が高い

ピンクダイヤモンドが産出されているのは、オーストラリアの北部にあるアーガイル鉱山だと言われています。

 

ピンクの色が強く出ているものほど高い価値があると言われています。

 

また同時に透明度の高いものほど価格が高くなる傾向にあります。

 

実際に2013年11月にジュネーブで開催された、世界2大オークション「ササビーズ」では、60カラットのピンクダイヤモンドが85億円という驚きの金額で取引されたと言われています。

 

これは史上最高の値段になりこんな価格で取引されたダイヤモンドはありません。

 

いかにすごいことかがわかりますね。

 

もともとピンクダイヤモンドは通常のダイヤモンドよりも希少性が高く、年間生産量は0.1%しか存在していません。

 

ダイヤモンドの数百倍の価値になることから、市場で見かけることはほとんどありません。

 

特に年々ピンクダイヤモンドの生産量が減少していることもあって、アーガイル鉱山は2018年前後で採掘を終了すると言われています。

 

これらの要因や限られた鉱山でしか採掘できず、限定の流通量が決まっていることもありその価値は上がり続けています。

 

採掘できなくなる=新しいピンクダイヤモンドが市場に出回ることがなくなります。

 

ピンクダイヤモンドの石言葉

ダイヤモンドなどの宝石には色によってもともと持っている石言葉があります。

 

ピンクダイヤモンドの場合は「永遠の愛」になり幸せや愛情をイメージさせることから結婚指輪や婚約指輪に選ぶ人が多いようです。

 

柔らかい女性らしい色になるので、とてもロマンティックな印象になりますね。

 

またピンクダイヤモンドは流通量が少なくなっていることもあり投資目的で所持している人もいるのだとか。

 

特別な相手に贈るならピンクダイヤモンドがおすすめです。

 

まとめ

カラーダイヤモンドのピンクは特に希少性が高くなかなか手に入らないものです。

 

淡いピンク色が入っているだけで女性の優しさを表してくれる色合いでもあり、幸せを印象づけてくれます。

 

特に天然のピンクダイヤモンドになると少し紫がかった色味になるので、大人っぽい印象になります。

 

同じピンクダイヤモンドでも色合いが異なりますので自分の好きな色を選んでみてくださいね。

カラーダイヤモンドの希少性と種類について

 

ダイヤモンドといえば無色透明の純白の色をイメージするかもしれません。

 

実はダイヤモンドにはさまざまな種類があると言われており、中でも人気が高いのが「カラーダイヤモンド」であることをご存知でしょうか?

 

どうしてカラー付きのダイヤモンドがあるのか、中には気になっている人もいると思います。

 

カラーダイヤモンドについて詳しく說明していきます。

 

カラーダイヤモンドとは?

カラーダイヤモンドというと無色透明のダイヤモンドに人工的に色を加えたものではないの?

 

と思っている人もいるかもしれません。

 

確かに人の手が加えられているように見えるほど美しい色をしています。

 

ですがカラーダイヤモンドは自然の中で生まれたものです。

 

ナチュラルダイヤモンドと呼ばれることもあり、主にアーガイル鉱山や南アフリカ、ブラジル、ロシア、インドなどで産出されています。

 

通常のダイヤモンドの場合、無色~淡黄色のカラーをしており、純度の高いダイヤモンドは「D」で表し、「Z」にいけばいくほど黄色の色味が強くなるとされています。

 

Zに近くなると人間の肉眼でも色が真っ白ではないことがわかるほどです。

 

着色が見えてしまうほどダイヤモンドとしての価値が下がってしまいます。

 

ちなみにファンシーダイヤモンドになると逆の傾向があるそうです。

 

ダイヤモンドの多くは、含まれている窒素原子の割合や周囲にある炭素原子の組み合わせに寄ってきます。

 

例えば決勝の中に窒素原子を取り込んだ場合、欠けて完全ではなくなることでピンク色のダイヤモンドが生まれます。

 

そもそもダイヤモンドの色を決めるときは、マントルの中に存在していた異種原子が取り込まれることによって色が生まれます。

 

カラーダイヤモンドは完璧なものではなく、“不完全”だからこそ完成したものです。

 

カラーダイヤモンドに関しては科学的な証明はされていません。

 

なかには「ダイヤモンドの生成過程によるもの」と考える人もいれば、「放射線の照射によって結晶構造におきる変化」などが原因となり、色が生じていると考えられています。

 

不純物にはホウ素・窒素・水素などが考えられ、カラーダイヤモンドを作る要因となっています。

 

カラーダイヤモンドは希少性が高い

純白のダイヤモンドよりも希少性が高いことによって、はるかに高い価格で取引されることがあります。

 

カラーダイヤモンドは限られた場所でしか採掘することができません。

 

そのため市場で出回ることもなかなかありませんし、価格の相場が存在せず高値で売買されることがほとんどです。

 

どうして生まれたのか?明確にわからないことからも「神秘的」だと考えられる場合も多く、カラーによってパワーストーンのような効果も期待できると価値がどんどん高くなっているのです。

 

購入する人の中には婚約指輪や結婚指輪などに使われることもあり、特別なときに用いられるダイヤモンドとしても知られています。

 

カラーダイヤモンドの種類とは?

カラーダイヤモンドにはさまざまな種類があります。

 

宝石学会(GIA)に認定されているカラーダイヤモンドは「ピンク」「レッド」「イエロー」「オレンジ」「グリーン」「パープル」「ブルー」「バイオレット」です。

 

そのほかの「ブラウン」「グレー」「ブラック」「ホワイト」は認定されてはいないものの、カラーダイヤモンドの一種になります。

 

数あるカラーダイヤモンドの中から抜粋して、それぞれの特徴について簡単に說明していきます。

 

ピンクダイヤモンド

ダイヤモンドの結晶格子の中に窒素原子が取り込まれ、欠けたときにピンクダイヤモンドになります。

 

特に人気の高いものでオーストラリアの北部にある鉱山でしか取ることができません。

 

純白のダイヤモンドよりも高値で取引される事が多く、同じカラットでもあっとでも200倍以上の価値になると言われています。

 

ブルーダイヤモンド

ダイヤモンドの結晶格子の中に、炭素原子の1億中の中に5個以内の割合にてホウ素原子が取り込まれることによって生まれます。

 

イエローダイヤモンド

取り込まれた窒素原子の含有量が、炭素原子100万個に対して10個~5500個含まれることによって、イエローダイヤモンドになります。ブラウンダイヤモンドも同じように作られます。

 

グリーンダイヤモンド

ダイヤモンドの結晶格子の中に窒素原子が取り込まれ2つの窒素原子に挟まれた炭素原子が欠けてしまうとグリーンダイヤモンドになります。

 

ブラックダイヤモンド

ダイヤモンドの中にあるグラファイトや鉄功績などの介在物によって、その色が反映して黒色となって現れます。これがブラックダイヤモンドとなります。

 

まとめ

カラーダイヤモンドは全部で12種類ありますが、そのできる理由ははっきりとは解明されていないにしても、自然の力で生み出されたものと考えるととても貴重で価値のあるものなのがわかります。

 

カラーダイヤモンドのカラーによっても価値は変わりますが、自分が気に入る好みの色を選ぶのをおすすめします。

 

鑑定書は必要!?ダイヤモンド鑑定書の種類と違いを解説

 

ダイヤモンドのアクセサリーを購入したときに「鑑定書」がついてきます。

 

ダイヤモンドの価値を証明するためにとても大切なものであることはわかるのですが、なかにはいろいろな数字や図形が書いてあるのでどうやって見ればいいのか?

 

その方法を知らない人も多いのではないでしょうか。

 

購入した場所によっても形状が違うのでよりわかりにくくなります。

 

そんなダイヤモンドの鑑定書について說明していきます。

 

ダイヤモンドの鑑定書とは?

一言でいうと、ダイヤモンドの品質やそのものの価値を評価し証明するものです。

 

英語ではDIAMOND GRADING REPORTと記されており、日本語よりもこの表記を見かけることの方が多いのではないでしょうか。

 

中にはダイヤモンドの品質を保証する4Cga記載されています。

 

この4Cとは「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」の頭文字を取ったものになり、ダイヤモンドがどのぐらいの価値があるものなのかを表しているのです。

 

■ダイヤモンドの鑑定書には種類があるって本当?

ダイヤモンドの鑑定書においても、発行する機関によって種類が異なります。

 

なかでも有名な機関で発行されている鑑定書を紹介します。

 

GIA鑑定書

宝石学会が発行しているもので国際評価基準で定められたダイヤモンドの基準を満たしていることを証明するものです。

 

2つの種類があり「ダイヤモンドグレーディングレポート」と、「ダイヤモンドドシェ」があります。

 

持ち運びがしやすいサイズなのがダイヤモンドドシェになり、すべてが英語にて表記されています。

 

GIA鑑定書がついているダイヤモンドの場合は、縁の部分に固有の鑑定書番号がレーザーによって刻印されています。

 

目では確認できない程度の小さな刻印になるのですが、世界でたった1つだけのダイヤモンドであることを証明する大切な刻印です。

 

一部のダイヤモンドにはついていないものもありますが、ほとんどのものにはついています。

 

CGL鑑定書

中央宝石研究所が発行している鑑定書になり、国内最王手の鑑定機関としても知られています。

 

ダイヤモンドの写真がついていること、日本語と英語の両方の表記が混ざっているものが多く、右下には中央宝石研究所のロゴが入っています。

 

ダイヤモンドの重さを表す表記は小数点3位まで記載されているなど、先程紹介したGIA鑑定書とはまた違ったものになります。

 

鑑定書については多少のデザインの異なる部分はあるにしても、記載している内容については大きな差はありません。

 

また販売しているお店によって鑑定書を1箇所だけにしているところもあれば、2ヶ所で鑑定している場合もあるなど、さまざまな特徴があります。

 

ダイヤモンドの鑑定書がないモノを購入してしまうことがないように注意してください。

 

また鑑定書がないダイヤモンドはもし買取に出すことになったときも、買取額を下げる原因になってしまうこともあります。

 

なかには鑑定書がないと買い取りできないと断られてしまうことも珍しくありません。

 

もしどうしても見つからない場合は鑑定書がなくてもOKの業者を探した方が懸命といえるのではないでしょうか。

 

せっかく価値の高いダイヤモンドが証明できないのはもったいないですよね。

 

宝石鑑定書はダイヤモンドの鑑定書とは違う

ちなみに宝石鑑定書はダイヤモンド以外の宝石にもついてるものになり、品質を証明するものではありません。

 

すべての宝石を対象としていて、寸法や重量などの検査で知り得たデータを表したものです。

 

ダイヤモンド購入時にもついてくることがありますが、あくまでも石の起源だったり人的手段の有無を記載したものでそれを見ただけではダイヤモンドの価値を測ることはできません。

 

ダイヤモンド鑑定書と宝石鑑定書を勘違いしてしまい、鑑定書がついているから純度が高く価値の高いダイヤモンドだと思いこんでしまうこともあるのですが、その書類がどんな表記になっているのかしっかりと見極めることが大切です。

 

ただしダイヤモンドの中には必ずしも鑑定書がついているとは限りません。

 

一概に値段だけで判断することはできないのですが、安いファッションジュエリーの場合は鑑定書ではなく保証書がついている場合がほとんどです。

 

ダイヤモンドが小さいと正確に計測することができないので、鑑定書をつけるとコストが掛かりすぎてしまうのが原因のようです。

 

だからといって価値がないわけではないので安心してください。

 

サイズが小さいダイヤモンドの場合は鑑定書がつかない場合もあると覚えておくと安心です。

 

まとめ

ダイヤモンドの鑑定書について世間一般で知られるようになったのは、1990年になってからです。それまでは鑑定書の存在さえ知られていないこともありました。

 

ダイヤモンドのすべてに鑑定書がついているわけではないものの、どのぐらいの品質であるかを証明するものが鑑定書になります。

 

付属品としての扱いにはなるものの購入時についていた場合は、大切に保管するようにしてくださいね。

ダイヤモンドを選ぶ上で重要なポイントの「カット」とは!?

 

ダイヤモンドを選ぶ上で「カット」はとても重要なポイントです。

 

一言でダイヤモンドといってもカットの種類が幅広く、カットによってそれぞれの印象が変わるといっても過言ではありません。

 

一番有名なのはブリリアントカットでしょうか。

 

そんなダイヤモンドのカットの種類について說明します。

 

ダイヤモンドのカットとは?

ダイヤモンドのカットとは、輝きを決めるものです。

 

カットというとデザイン的な要素をイメージする人が多いかもしれません。

 

例えば「ラウンド型」「ハート型」「楕円形」「マーキス」「ペア」などのデザインのことをイメージするかもしれませんが、全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態のことをいいます。

 

ファセットが光といかに良い相互作用を持つかを評価するもののことを指します。

 

そもそもダイヤモンドの結晶は正八面体をしており、平行に劈開という結合力の比較的弱い面を割ることができます。

 

このカットの方法をクリービングといいます。

 

ダイヤモンドの切断や構造上無視することができない切断の方法をグレインといいます。

 

1300年頃、地上で最も固い鉱物としてダイヤモンドを磨く方法が発見されました。

 

当時はダイヤモンドの結晶を合わせて磨くという方法が取られていました。

 

その後1450年頃にポイントカットが生み出され、16世紀になるとローズカットが生まれ、17世紀にはオールドシングルカットが生まれました。

 

その後マザランカットやオールドヨーロピアンカット、1919年には光学理論と数学によってラウンドブリリアントカットが誕生しました。

 

ダイヤモンドにとってカットとは?

ダイヤモンドの原石がその美しさを引き出す為の重要な工程になり、最適なプロポーションや仕上げのポリッシュやシンメトリーによって、ダイヤモンドの価値が決まるといっても過言ではないのです。

 

石のバランスや対称性などが光の反射を生み出します。

 

これは最新の技術や経験に裏付けられた職人の技によってできるもので、光の取り込み方やきらめきを増幅させます。

 

最も効率よく光を光学的に反射させる形としては、57面体だと言われています。

 

ダイヤモンドを販売しているメーカーによってもカットのデザインには違いがあり、「◯◯カット」のようにブランド名がついているものもあります。

 

それぞれにダイヤモンドを美しく見せる工夫があるのです。

 

ダイヤモンドのカットの段階とは?

どんなカットするかについてですが、「エクセレント」「ベリーグッド」「グッド」「フェア」「プア」の5段階によって評価されています。

 

エクセレントは最上級品になり、まさに理想的なカットのプロポーションを表します。

 

明るい部分と暗い部分が均等なパターンで存在する最高峰のダイヤモンドです。

 

ベリーグッドからは浅いカットになり、輝きやシンチレーション、ポリッシュなどによって決まります。

 

シンチレーションとはダイヤモンドが生成する輝きの量で、内側の反射が生み出す光と暗い領域のパターンを表します。

 

特定のプロポーションによって、暗さが決まります。

 

グッドになるとシンチレーションによって輝きが抑えられてしまいパビリオメインを作っています。

 

フェア以降はより輝きを抑えたものでこんトラストが弱いので深いカットになります。

 

プアになると非常に厚いガードルで全体の深さが大幅に増大してしまっているので、原石よりもはるかに小さくなってしまうことがあります。

 

ダイヤモンドのカットは唯一人間の技術力によって影響されるものになります。

 

価値を決めるときに基準となる4Cの中でも最も複雑で分析も技術的に難しいとされています。

 

正確なカットでないとダイヤモンドの魅力を引き出すことはできません。

 

ダイヤモンドの原石の基準を表すソーヤブルとは?

ダイヤモンドの中でも「ソーヤブル」と呼ばれる理想的な形をした、最高の歩溜まりがある原石が最も価値が高いと言われています。

 

ソーヤブルは、ソーイング(のこぎり)に適していることから名付けられたものです。

 

ソーヤブル

ダイヤモンドの2割弱になるもので、正八面体もしくはそれに限りなく近い形のことをいます。

 

ブリリアントカットなどに使用されるものです。

メイカブル

長く平べったい形状がまちまちのものになりかろうじてファンシーダイヤモンドに研磨されるものです。

 

技術の発達によりメイカブルでもブリリアントカットができる場合があります。

ニアージェム

かろうじて宝石用となるもので工業用として使用されることがあります。

 

宝石などで使用されることはないので、見たことがない人の方が多いかもしれません。

 

まとめ

ダイヤモンドの原石の形によってもできるカットとできないカットがありますが、ダイヤモンドの価値を決める上で重要なポイントになります。

 

カット1つで印象がガラッと変わりますね。

 

ダイヤモンドのカットがいかに重要なもので、ダイヤモンドのとしての価値を高めてくれるのか選ぶときの基準にしてみてくださいね。

 

ダイヤモンドで一番重要!?「クラリティ」について解説

 

ダイヤモンドの透明度の価値を表すときに「クラリティ」を使用します。

 

そもそも透明度ってなに?なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

 

いわゆるダイヤモンド内に含まれている内包物(インクルージョン)やブレミッシュがない、純度の高いダイヤモンドである証にもなります。

 

そんなダイヤモンドのクラリティについて詳しく說明していきます。

 

ダイヤモンドのクラリティとは?

ダイヤモンドは人工で作られたものではなく炭素分子や圧力がかかることによって、地球が生み出した天然鉱物です。

 

そのため同じように見えるダイヤモンドであっても、内部の特徴「インクルージョン」と外部の特徴「プレミッシュ」に違いが出てしまうことも珍しくありません。

 

完全に不純物がないダイヤモンドというのは存在しないのですが、不純物が多くなるとダイヤモンドの見た目に印象してしまうので、純度が高い=高い価値のダイヤモンドになります。

 

そもそもインクルージョンとは小さな結晶のことをいい、ダイヤモンドの形成時に中に閉じ込められてしまうことがあります。

 

結晶は内部で成長して原子構造に不規則性が出てしまこうことがあるのです。

 

プレミッシュの場合は、ダイヤモンドの表面にある擦り傷や欠けた部分のことを表します。

 

多くのダイヤモンドの原石は、これらの欠点が存在してしまうので避けたまま研磨しなくてはいけません。

 

そのため結果としてダイヤモンドの重さを犠牲にしてしまうことが多く、貴重性が低くなってしまうのです。

 

ですが自然界で作られた天然鉱物のダイヤモンドか、人工で作られたダイヤモンドか見極める上では重要な見極めポイントにもなります。

 

クラリティの6つのグレードとは?

クラリティは「米国宝石学会(GIA)」によって6つのグレードに分類されています。

 

グレードの中でもより細分化されて、全部で「11等級」に分類に分かれています。

 

まずはその6つのグレードごとに違いについて比較していきます。

 

フローレス(FL)

10倍の大きさで拡大して確認しても、インクルージョンやブレミッシュなどが確認できない、純度の高いダイヤモンドです。

 

外部・内部ともに欠点がなく宝石商であってもなかなか見かけることのない希少性の高いものになり、市場ではほとんど流通することがありません。

 

最高頻度のクラリティともいえるでしょう。

 

インターナリーフローレス(IF)

10倍の大きさで拡大してもインクルージョン確認できないダイヤモンドです。

 

ただし外部などに非常に小さな傷が確認できる場合もあります。

 

ダイヤモンドの中では市場に出回っているものの中で最高グレードだと言われています。

 

ベリーベリースライトリーインクルーデッド(VVS1およびVS2)

熟練した鑑定士が見ても確認が困難なぐらい、非常にわずかなインクルージョンが含まれているダイヤモンドです。

 

普通に目で見て見えることはほとんどありません。

 

そのため市場に出回っているダイヤモンドの中でも高い価値を誇るものです。

 

ベリースライトリーインクルーデッド(VS1およびVS2)

10倍まで拡大するとインクルージョンがなんとか確認できる、微小の違いのあるダイヤモンドです。

 

肉眼で確認することはできず、高い価値のあるダイヤモンドです。

 

スライトリーインクルーデッド(SL1およびSL2)

10倍でみるとインクルージョンが確認できるダイヤモンドです。

 

SL1は肉眼では確認できないケースの方が多いのですが、SL2になると大きなカラット数のものだと肉眼で確認できる場合もある。

 

インクルーデッド(l1・l2・l3)

10倍の確立にすると安易に確認ができ、ダイヤモンドの見た目に影響してしまっている場合。

 

輝きや透明度に出てしまっているなど、鑑定書が付随しない品物になります。

 

結婚指輪や婚約指輪などに使われることはほとんどなく、安価なファッションジュエリーなどで用いられることのあるダイヤモンドです。

 

クラリティは今のGIAが定める前まで、宝石商が独自で決めていた「ピケ」や「ルーペクリン」などの言葉を使って、ダイヤモンドのクラリティを表現していました。

 

このままでは誤解が生じてしまうとしてクラリティのグレーディングシステムが開発されたのです。

 

今では世界中どこに行ってもこの6つのカテゴリに分類されることもあって、明確な基準で取引ができるようになりました。

 

インクルージョンは目視では確認できないほどとても小さな物質になるので、訓練を受けた鑑定士でないと確認できません。

 

一見同じように見えるダイヤモンドであっても、クラリティの違いがダイヤモンドの外見に大きな影響を与えてしまうのは間違いありません。

 

まとめ

ダイヤモンドのクラリティは価値を決める上で大切なポイントです。

 

純度が高いものになるとその分価値や価格が上がります。

 

でもある一定のランクまでは肉眼では確認できないこともあり、予算などと合わせて検討した上で決めるようにするのをおすすめします。

 

クラリティが高いと市場ではなかなか見かけません。

 

 

ダイヤモンドの透明度を表す「カラー」とは!?価値と色の違いを解説

 

ダイヤモンドの価値を決める4Cと呼ばれる確認方法の中に、透明度を表す「カラー」があります。

 

白系のダイヤモンドならどれも同じではないの?と思っている人もいるかもしれませんが、カラーによってダイヤモンドの価格はさまざまです。

 

カットの次に選ぶときの基準になるもので、今回はダイヤモンドのカラーについて詳しく說明していきます。

 

ダイヤモンドのカラーとは?

ダイヤモンドのカラーは「米国宝石学会(GIA)」によって定められているものになり、ダイヤモンドのカラーを「D~Z」までのスケールで評価しています。

 

Dは無色になりこのアルファベットに近ければ近いほど、宝石としての価値が高いと判断されます。

 

Zになると薄い黄色もしくは茶色をしています。

 

透明に見えるダイヤモンドですが、実は多少の色がついていてその差は肉眼では確認できない場合もあります。

 

そもそもどうしてDから表記されるようになったのか?というと、以前は他のカラーグレードを表すときにA~使われていた経緯もあり、混乱を避ける目的でD~Zで表すようになったと言われています。

 

一般化される前は明確な定義がなくなかにはアラビア文字やローマ文字を使用していたこともあり、これでは誤解の原因になってしまうとして評価がいいものではありませんでした。

 

GIA以上に確かにダイヤモンドのカラーの価値を評価できる方法はないのです。

 

ダイヤモンドのカラーは、制御された照明の下であり正確な観察条件のもとでマスターストーンと比較することによって、無色の程度が測定されています。

 

プロの鑑定士が見て判断しており、購入時に鑑定書をつけてくれます。

 

鑑定士はお店によっても異なりなかには2社鑑定を行っているところもあるようです。

 

その方がより精度の高い鑑定ができ、購入するときにも安心です。

 

ただしなかにはこの鑑定書をつけてくれない店舗もあるので購入時はくれぐれも注意してくださいね。

 

ダイヤモンドのカラー別見え方の違い

ダイヤモンドのカラーでは「G」以上のものになると肉眼では無色透明に見えるので、その違いはわかりにくくなります。

 

一番手頃に購入できダイヤモンドの輝きが美しいダイヤモンドいうとG~Hを選ぶ人が多いようです。

 

G以降になるとどうしてもダイヤモンドの色合いに違いを感じてしまう人もいます。

 

カラーの目安の基準としてはD~Fが「無色」、G~Jは「ほぼ無色」、K~Mは「わずかに黄色」、N~Rは「ごく薄い黄色」、S~Zが「薄い黄色」とされています。

 

特に店頭だとわかりにくく、ダイヤモンドのカラーを比較したことがないと判断できないケースもあります。

 

単体で見ただけでは判断しづらいこともあり、見る人が見て判断した上でダイヤモンドのカラーの違いがわかるといえるのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドのカラーの程度はどうやって選べばいい?

ダイヤモンドカラーについては購入時に悩んだ経験がある人も多いはずです。

 

予算の兼ね合いなどもありますが、用途によっても選び方の基準が異なります。

 

ダイヤモンドのカラーの中でも“完全無色”として絶大な人気があるのが「D」のダイヤモンドです。

 

最高グレードのものになりなかなか手に入りません。

 

それだけ希少価値が高いものになり、ダイヤモンドの中でカラーグレードではずば抜けた違いがあります。

 

実際にダイヤモンドを購入している人の約0.8%はこのダイヤモンドの選択をしています。

 

そうはいっても普段遣いのアクセサリーであれば、極端に悪いものでない限りダイヤモンドのカラーの違いを気にしなくてもいいという考え方もあるようです。

 

それほど近くでアクセサリーを見られることがなければM程度までカラーを下げて購入してもいいですね。

 

ダイヤモンドのゴージャス感を出したいのであれば、カラット(重さ)が大きなものにした方が存在感のあり、十分な価値があるといえるのではないでしょうか。

 

婚約指輪や結婚指輪などの、一生モノの場合はD~G程度をおすすめします。

 

純粋や純白などの言葉が強い意味を持っていますし、ダイヤモンドには「永遠の絆」などの意味があり一生を誓うものでもあるので、できる限り無色で透明度の高いものを選ぶのをおすすめします。

 

ダイヤモンドは見た目の美しさが大切ですし、まわりにある枠によっても印象が大きく変わります。

 

特に特別なときに選ぶダイヤモンドの場合は、あとから後悔してしまう原因になります。

 

純白のドレスとやっぱり相性がいいのは純粋なダイヤモンドです。

 

まとめ

ダイヤモンドのカラーについて知らなかった!なんて人も多いはずです。

 

選ぶときの基準の1つとしてカラーの違いにも注目してみるといいでしょう。

 

Dが一番純度が高く透明でZになると黄色みがかった色のダイヤモンドになります。

 

どんなシーンで使うのか?によっても変わりますが、後悔することのないカラー選びをすることが重要です。

 

一度その違いを見ておくと、カラーを選ぶときの基準にできますよ。

 

 

ダイヤモンドの大きさを表す「カラット」とは!?

ダイヤモンドを選ぶときの基準に「カラット」があります。

 

ダイヤモンドの価格の価値を決めるときに取り入れられることが多く、目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

でも意外と知らないのがダイヤモンドのカラットの意味や価値の基準ですよね。

 

今回はダイヤモンドのカラットについて詳しく說明していきます。

 

ダイヤモンドのカラットとは?

カラットについてダイヤモンドのサイズ感を表す値だと思っている人もいると思います。

 

そもそも聞き慣れない言葉ですし、ダイヤモンド好きであっても意外と知らない人もいるのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドのカラットですが、正しくは宝石の重さを表す単位のことをいいます。

 

1カラットは0.2gで計算されています。

 

カラットが大きくなるとダイヤモンドの価格が高くなるのは、重さが大きくなれば石のサイズも比例して大きくなるので希少価値が高くなるためです。

 

0.1カラット増すごとに0.6mm~0.8mm程度大きくなると考えられており、0.1カラットは3.0mm程度の場合が多いそうです。

 

0.2で3.8mm、0.3で4.4mm、0.5で5.2mmなど、大きくなればなるほどダイヤモンドとしての希少性も高くなるので価値が高くなります。

 

自然の力によって生み出されているダイヤモンドだからこそ、大きくなるとなかなか見つからないのです。

 

また大きなダイヤモンドが好きな人もいて、それがより高い価値を生み出しているといえるのかもしれません。

 

ダイヤモンドの価値を決める4Cとは?

ダイヤモンドの価値について調べてみると国際基準には「4C」と呼ばれるものが存在しています。

 

これはダイヤモンドの重量を表す「カラット」、透明度を表す「クラリティ」、色合いを表す「カラー」、研磨技術の度合いを表す「カット」が関係しているといいます。

 

それぞれ等級や段階によって差があります。

 

簡単にそれぞれの違いについて說明します。

 

先程說明したカラットはもちろんのこと、クラリティは11段階で表現され、ダイヤモンドの傷や欠け具合によって評価が決まってしまいます。

 

10倍に拡大して検査にかけ鉱物の有無や位置・大きさ・性質などを総合的に判断していきます。

 

傷があったりダイヤモンドの内部に何か異物が入り込んでしまっていると、ダイヤモンドの価値が低くなってしまいます。

 

見た目ではそこまで大きな差がないように見えるものの、検査にかけると一目瞭然の違いがあります。

 

カラーには23段階の等級がありかすかな色の違いによってランク分けされています。

 

Dが最高評価だと言われており、黄色みが入るとE・F・Gとランクが下がっていくことになります。

 

肉眼ではほとんどわからないものの品質の高さには違いが出てしまいます。

 

カットに関しても5段階に分類されておりそれぞれがダイヤモンドの価値を決める上で重要な働きをしているのです。

 

これらの基準によってダイヤモンドの価格が決まっているのです。

 

例えばカラット数は全く同じダイヤモンドだとしても、他の3つの要素に違いがあればその分価値の価格も変わります。

 

4Cの要素によってダイヤモンドの価値は変わると考えておくとわかりやすいですね。

 

どの程度のカラットが人気があるの?

カラットの数が大きくなればなるほどその存在感が強くなります。

 

例えばゴージャスで存在感のあるダイヤモンドを希望するのであれば、カラット数が大きな方がいいですよね。

 

逆に清楚感のある雰囲気を重視するのであれば、小さめのカラットの方がいいと思います。

 

日本でも0.2カラット程度のものが一番多く、大きくても0.4カラット程度だと言われています。

 

0.1以下のダイヤモンドを複数付けたデザインのものもよく見かけますよね。

 

海外では大きなダイヤモンドの方が人気が高く、約6.5mm程度の1カラット前後のものが多いとされています。

 

婚約指輪や結婚指輪などに明確な定義はありませんので、その人がイメージする希望の形に合った物が一番です。

 

指輪などにダイヤモンドを付ける場合、使い方によっても変わってきますよね。

 

例えば大きなダイヤモンドだと家事を頻繁にする人にとっては使いにくさを感じてしまうこともあると思います。

 

冠婚葬祭などのイベントにつけるのであればカラット数が大きなものの方が、華やかな印象になりますね。

 

どんなシーンで使うのか?によってもダイヤモンドを選ぶときに変わるポイントといえるのではないでしょうか。

 

カラットの人気は国によっても違いがあるので、一概にはいえません。

 

まとめ

ダイヤモンドのカラットは重さを表すものであり、ダイヤモンドの印象を決める上でとても重要なものです。

 

カラットが小さい方が好きな人もいれば、大きく存在感がある方が魅力を感じるという人もいます。

 

カラット数はもちろん重要ですが、他の4Cによってダイヤモンドの価値が変わるということ、カラットの大きさによっても価格が変わるのでダイヤモンドを選ぶときの参考にしてみるとわかりやすいかもしれません。

 

同じダイヤモンドでもちょっとした大きさの違いで印象が変わりますよ。

 

 

ダイヤモンドが選ばれる理由とは!?性質や価値について

 

ダイヤモンドといえば、男女問わず憧れの存在で結婚指輪などの特別なときに使用されることもあり、4月の誕生石としても知られています。

 

石言葉は「永遠の絆」などとてもロマンチックですね。

 

そもそもダイヤモンドとはどんなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなダイヤモンドについて詳しく說明していきます。

 

ダイヤモンドとは?

炭素が結晶化した天然鉱物のことをダイヤモンドといいます。

 

日本語では「金剛石」と言われることもあります。

 

結晶の構造は多くが八面体をしていて、中には六面体もあれば十二面体など、自然にできたものだからこそのさまざまな形があります。

 

ダイヤモンドは原子に対して不対電子が存在しないので電気を通しません。

 

ダイヤモンドの原石が形成されたのは、人類が生まれる前の7000年前~16億年よりも前になると言われています。

 

火山活動が活発に行われていた地球で150kmの地底で作られました。

 

炭素分子はマグマに含まれていたものになり、1000℃以上の高温と5万気圧の中で結晶化したものがダイヤモンドになりました。

 

地球上に存在する天然鉱物の中でも、最も硬くて普遍的な輝きを持っているのが特徴です。定まった形で産出されることがありません。

 

でもどうして地底の奥深くにあったダイヤモンドが地上に出てきたかというと、火山噴火が起きたことによって地表に吹き出したと言われています。

 

地球のエネルギーによって生まれたのがダイヤモンドとなり、奇跡の結晶としても知られているのです。ダイヤモンドは、ギリシャ語の「Adamas」=屈しないが語源になっています。

 

これはダイヤモンドが何事にも屈しない万物最高の美しさであることを表したものになります。

 

ダイヤモンドの性質は?

意外と知らないのがダイヤモンドの性質です。

 

「硬度」「安定性」「色」に焦点をあててダイヤモンドの特徴について見ていきましょう。

 

硬度

ダイヤモンドといえば自然界にある物質の中では、一番硬い硬度を持つ物質としても知られています。

 

硬度の値は「10」です。

 

数字だけ見るとわかりにくいのですが、水晶は「7」ですし、ルビーやサファイアは「9」であることからも、いかに丈夫で傷がつきにくく美しい見た目を保ってくれるものです。

 

ただし瞬時に圧力がかかるのが弱いのでじん性には弱く、割れてしまうこともあります。

 

安定性

日光にさらされてもダイヤモンドの輝きには変化が起こらず、硫酸や塩酸などにも変化が起こらない自然鉱物としても知られています。

 

ただしダイヤモンドは油となじみやすい特徴があるので、皮脂などで汚れたように見えてしまうこともありますが、磨くともとに踊ります。

 

ダイヤモンドの多くは少し黄色みを帯びたものが多く、無色透明のものはほとんど存在しません。

 

無色透明になるとその分価値が高くなります。

 

ピンクやブルーなどのカラーダイヤモンドは特に希少性が高くダイヤモンドとしても価値が高くなる傾向にあります。

 

屈折率

ダイヤモンドは2.42と屈折率が高く、ダイヤモンドの内部で全反射がおこりやすい特徴があります。

 

ダイヤモンドといえば「ブリリアントカット」が有名ですが、光を当てたときに反射が美しくなりそれが相乗効果になりダイヤモンドの魅力を引き出します。

 

ダイヤモンドはどこで取れるの?

ダイヤモンドがどこで取れるのか気になりますよね。

 

近年日本でも極小ながらダイヤモンドの結晶が採掘されたことで話題になりました。

 

2007年に愛媛県四国中央市のかんらん岩より発見されています。

 

ダイヤモンドは主に「ロシア」、「ボツワナ」「コンゴ共和国」「オーストラリア」「南アフリカ」「カナダ」で取れると言われており、この割合は全世界の90%にもなると言われています。

 

なかでも1967年に独立したばかりのボツワナのオラパ鉱山によって大鉱床が見つかったことで、世界でも2番目にダイヤモンドが生産されるようになり、「アフリカの奇跡」などと呼ばれるようになり、大きな経済成長を遂げるようになりました。

 

ダイヤモンドが特別な日に選ばれる理由

ダイヤモンドの輝きは永遠に続くことから「輝くような美しさと金運に恵まれて、愛情に満ちた家庭を築ける」などの意味があります。

 

そのため婚約指輪や結婚指輪などに選ばれることが多く、いつまでもこの幸せな日々が続くように願いを込めています。

 

日本では結婚60年を祝うものとして「ダイヤモンド婚式」が行われています。

 

長寿と繁栄を意味したものになり、長い間一緒に解きを刻んでいけることが限りない幸せだと考えられています。

 

相手への感謝の気持ちを伝えるものでもありますね。

 

ダイヤモンドは永遠の輝きを放つものでもあり、その輝きは衰えることを知りません。

 

ダイヤモンドの輝きを知ってしまうとダイヤモンドにまさるものはないのでは?と感じます。

 

地球の大自然が作り出したかけがえのないものと考えると、ダイヤモンドが時代に左右されず人気があるのも納得できますね。

心斎橋でダイヤを売りたい!高価買取のポイントは?

ダイヤはアクセサリーとしてのデザインだけでなく、そのもの自体に非常に価値があります。

 

どんなデザインのもの、古いものでも、買取に出せば納得のいく金額で取引することができるでしょう。

 

今回は、ダイヤの買取について、高価買取してくれる業者の見つけ方や高価買取のコツをご紹介します。

 

不要になったダイヤが自宅にあるという方は、買取業者に査定を依頼してみましょう。

 

 

ダイヤを高価買取してくれる業者とは?

まずは、どのような業者がダイヤを高く買い取ってくれるのかをご紹介いたします。

 

買取業者選びの際の参考にしてみてくださいね。

 

 

  • 宝石の買取を専門にしている

その買取業者が宝石の買取を専門にしているかどうかをチェックしてみましょう。

 

ブランド品、アパレルアイテム、書籍など、なんでも買い取ってくれるような総合買取業者は、不要なものをまとめて処分するには非常に便利です。

 

しかしその分それぞれの専門知識に乏しい可能性が高く、ダイヤなどの高価なアイテムもきちんと査定してもらえない可能性があります。

 

ダイヤ、金、プラチナなど貴金属、宝石の買取実績が多数あり、知識を持っているスタッフがたくさん在籍しているような買取業者を選ぶようにしましょう。

 

ホームページにどのような貴金属、宝石の買取を行っているのかを掲載している買取業者がほとんどです。

 

事前にチェックしてから査定を依頼するようにしましょう。

 

 

  • 質の高い鑑定士がいる

日本には宝石鑑定に関する国家資格などはありません。

 

独学で鑑定の勉強をしている方や、民間の資格を持っているという方がほとんどです。

 

当然ですが、独学などの場合は知識に非常にバラつきがあります。

 

民間資格も簡単に取得できるものが多いので、ただ資格を持っているというだけでは安心できません。

 

いい鑑定士、信頼できる鑑定士は、より自分の仕事をアピールするためにグレードの高い資格を所有していることがほとんど。

 

アメリカの宝石学会が発行している、世界的に有名な資格「GIA」や「FGA」の資格を持っている鑑定士が在籍している買取業者を選ぶと、より安心して大切な宝石を預けることができるでしょう。

 

 

  • 査定の内容を説明してくれる

宝石の買取業者の中には、あれこれと難癖をつけて安く買おうとする業者もいます。

 

そのような業者に査定を依頼すると、理由も告げられずに信じられないような価格を提示してきます。

 

優良な買取業者であれば、こちらから質問しなくてもなぜこのような査定金額になったのが、どこが査定のポイントなのかを詳しく教えてくれます。

 

また、わからないことを質問しても、知識が豊富なので詳しく教えてくれることでしょう。

 

査定を依頼して、少しでも不審な点がある場合は取引をしないことをおすすめします。

 

きちんと説明してくれる買取業者はたくさんありますので、他に依頼するようにしてみましょう。

 

 

  • 長く営業し続けている

その買取業者の営業年数をチェックしてみましょう。

 

営業年数が長いということは、それだけ多くの人に信頼されて商売を続けてきたという何よりもの証拠になります。

 

とくに激戦区に店舗を構えている業者は、競合店にも負けずに買取、販売を続けてきたということがよくわかりますね。

 

しかし、営業年数が短いからといって悪い業者というわけでもありません。

 

新しい業者はとにかく在庫がほしいので、高めに買い取ってくれるという可能性もあります。

 

いきなり営業年数が短い店舗だけに的を絞ってしまうと買取相場がわからずに損をする可能性もありますので、複数の検討リストの一つには営業年数が短めの業者も入れておくといいかもしれません。

 

 

ダイヤを高く売るために大切なこと

では、ダイヤを高く売るために大切なことについてチェックしていきましょう。

 

ダイヤはそのまま持ち込んでも高く買い取ってもらうことができますが、高価買取のコツを押さえておくことでより有利な取引ができるようになりますよ。

 

大切なダイヤを売るなら、少しでも高く売れるように工夫しておくようにしましょう。

 

 

  • ダイヤの相場を調べておく

ダイヤの知識がないままに買取業者に査定を依頼すると、安い金額で買い叩かれても気づくことができません。

 

損をしないためにも、ダイヤの相場を予めチェックしておきましょう。

 

カラット数などでダイヤそのものの価値を調べることもできますし、そのダイヤがブランドのものならブランドネーム、デザインも加味した買取金額を期待することができるでしょう。

 

インターネットではダイヤやブランドジュエリーの相場などを簡単に調べることができます。

 

前もって、簡単にでもチェックしておくようにしてくださいね。

 

 

  • 付属品を揃えておく

ダイヤを購入すると、鑑定書、証明書、ギャランティカード、箱、紙袋などが付属していますよね。

 

買取に出す際は、これらの付属品もすべて揃えて売るようにしましょう。

 

鑑定書などは査定の際には重要になりますし、ギャランティカードがあることでブランド品としての価値も高めることができます。

 

もちろんダイヤのアクセサリーをそのまま持ち込んでも高く買い取ってもらうことは可能ですが、より高価買取を望むなら付属品は必須と言えます。

 

 

  • 不要になったら早めに売る

ダイヤ自体の価値は時代を超えても変わることはありませんが、アクセサリーとしてのデザインにはトレンドというものがあります。

 

あまりにも古いデザインのものはその後販売してもなかなか買い手がつかず、買取業者としては在庫を抱えることになってしまいます。

 

そのため買取金額も低くなる傾向に。

 

高く買い取ってもらいたいのなら、トレンドの内に売りに出すことをおすすめします。

 

とくに話題のブランドのものなどは、時代がすぎるとブランド自体に古臭い印象がついてしまいます。

 

本来なら高く買い取ってもらえたはずのダイヤも安く買われてしまう可能性があるため、不要だと判断したら早めに買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

 

 

  • 日頃のケアも大切

ダイヤの買取金額は、そのダイヤ、アクセサリーの状態でも上下します。

シルバーの部分がくすんでいたり、ダイヤに傷、汚れがついているものは買取金額が低くなる傾向に。

一度使用したらきれいに拭き取っておく、毎回同じ箱に戻しておくなど、日頃のメンテナンスも怠らないようにしましょう。

 

  • 他社の査定金額と比較する

一つの買取業者に絞らず、他社の査定金額を比較することも大切です。

 

買取金額は、そのダイヤの状態や価値だけでなく、買取業者の在庫状況や査定基準、買取後の販売ルートなどでも変わります。

 

同じタイミングに同じものを査定に出しても、数十万円もの差が生じるなんてこともしばしば。

 

あらかじめ複数のダイヤ買取業者をピックアップしてそれぞれに査定を依頼し、より高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

 

 

大阪でダイヤを売るなら心斎橋!

大阪の心斎橋には、ダイヤの買取を行っている業者がたくさんあります。

 

買取業者の激戦区とも言われているくらいすぐ近くにたくさんの店舗があるので、一日で複数の店舗を回ることができますよ。

 

どの業者に査定を依頼すればいいのかわからないという方は、心斎橋の店舗をいくつか回ってみるといいでしょう。

 

他店との比較もしやすく、他店での査定金額を言うことで価格交渉も可能です。

 

査定だけなら無料としている業者がほとんどですので、遠慮せずにより高く売れる業者が見つかるまであちこちチェックしてみてください。