【岡山】貴金属はどのようにして売る?貴金属買取についてご紹介

 

不要になったアクセサリーや貴金属は、買取に出すことをおすすめします。

 

適正な買取業者を選べば、損をすることなく不要な貴金属をお金にすることが可能です。

 

買取可能な貴金属にはどんな種類があるのか、また岡山で貴金属を高く買い取ってもらうために重要なポイントなどについてご紹介いたします。

 

 

不要になった貴金属は売却が可能!

 

貴金属は国によって価値が違うお金とは違って、世界共通で同じ価値があります。

 

そのため資産を増やす目的で購入する方も多いです。

 

貴金属は買い取られたあと全世界に向けて販売されるので、その分買取金額も高くなりやすい傾向にあります。

 

貴金属の種類をチェックして、自分が持っている貴金属にはどのような価値があるのかを確認してください。

 

 

プラチナ

貴金属の中でもとくに貴重で価値が高いのがプラチナです。

 

結婚指輪などのアクセサリーに利用されることが多い貴金属ですね。

 

プラチナは、金の50分の1程度しか産出されません。

 

またプラチナは化学変化に強く、傷つきにくい、経年劣化しにくいという点でも高く評価されています。

 

くすんでしまっていても、磨けばすぐに元通りの輝きを取り戻すことができます。

 

純プラチナは非常に柔らかく、毎日つけるアクセサリーにそのまま使うには不向きです。そのため多くのプラチナにはゴールドなどの素材が混ぜられています。

 

ですがプラチナの純度が高ければ高いほど買取金額が高くなる傾向にあります。

 

 

ゴールド(金)

ゴールドは貴金属の中でも定番の素材です。

 

金色が特徴的ですが、近年はピンクゴールド、イエローゴールドなどの色味がついたゴールドを利用したアクセサリーも登場しています。

 

これらには銅や銀などが混ぜられており、それによって色の変化を楽しむことができます。

 

ゴールドもプラチナと同じく比較的柔らかい素材ですので、アクセサリーにする場合は純度を落としているものがほとんどです。

 

24金が純金、18金が純度75%と、数字が下がるにつれて純度が下がり、買取価格も低くなります。

 

 

シルバー

シルバーは貴金属の中でも比較的安価で入手しやすい素材です。

 

放置しているとくすみ、変色を招きますので、定期的に磨いてあげる必要があります。

 

シルバーも柔らかい素材ですので純度を落として使用されます。

 

950シルバー、925シルバー、900シルバーなどの種類があり、数字が大きいほど純度が高くなります。

 

ですがシルバーはプラチナやゴールドと比較すると価値が低いため、高い買取金額になることは少ないです。

 

 

岡山で貴金属を買取ってくれる業者を探そう

岡山では、貴金属の買取を行っている業者がたくさんあります。

 

その中でもどのような形態の店舗を選ぶかどうかは非常に重要です。

 

自分のライフスタイルや目的に合った買取業者を選び、満足のいく取引ができるようにしましょう。

 

 

店舗買取型

店頭での買取、販売を行っている、買取業者の中でもオーソドックスな買取方法です。

 

フランチャイズやチェーン店の場合は査定マニュアルなどがあり、全国でほぼ同じくらいの金額で買い取ってもらえます。

 

しかし地域の需要に合わせて買取価格が上下することもありますので注意しましょう。

 

店舗買取型では、その場で査定スタッフに貴金属を査定してもらえるというメリットがあります。

 

大切な貴金属ですから、その場でしっかり見てもらい、すぐに査定結果を提示してくれるというのは大きな安心感につながります。

 

査定金額に満足できればその場での支払いも可能です。そのためすぐに現金がほしいという方にもおすすめです。

 

店舗買取型は便利な点も多いですが、岡山は都市部と比較して店舗数が少ないため査定金額を比較できない、地方に住んでいる方はなかなか足を運ぶことができないというデメリットがあります。

 

 

出張買取型

出張買取型は、事前に買取業者に電話やメールで査定を依頼し、予約した時間に自宅に来てもらうという方法です。

 

自宅で貴金属を査定してもらえるので、近くに買取店舗がない方や体が不自由な方、子供がいてなかなか家を開けられない方などにおすすめです。

 

また、貴金属以外の自宅にあるものの買取査定も追加で依頼できるというメリットもあります。

 

しかし近年この出張買取型の業者によるトラブルも増えてきていますので、依頼する際はクチコミなどを参考に信頼できる買取業者かよく確認する必要があります。

 

不安な場合は女性スタッフを指名できる業者を選んだり、家族や友人に連れ添ってもらうことをおすすめします。

 

 

宅配買取型

近年人気を集めているのがこの宅配買取型の買取方法です。

 

ダンボールなどに売りたい貴金属を詰めて買取業者宛てに送り、到着次第査定を行ってもらいます。

 

その後査定結果の連絡がくるので納得できればその金額を振り込んでもらえます。

 

買取業者の中には事前に予約が必要な業者、ダンボールなどを送付してくれる業者、送料や振込手数料が無料の業者など、使いやすいサービスが揃っている業者もあります。

 

店舗に行ったり、自宅に査定スタッフがくるまで待機したりといった手間がかからず自分のペースで買取の準備を進めることができるため、忙しい方や地方にお住まいの方におすすめです。

 

岡山にいながら東京などの人気のエリアでの査定金額を提示してもらえるという点も魅力です。

 

宅配買取の場合は他の買取方法と違い入金までに時間がかかることが多いので、その点だけ注意しておきましょう。

 

 

岡山で貴金属を高く買取ってくれる業者の特徴

岡山で貴金属を高く買い取ってもらうなら、買取業者選びは重要です。

 

どのような業者が高い買取金額を提示してくれるのか、その特徴を見てみましょう。

 

 

買取価格表が掲載されている

ホームページをチェックすると、貴金属の買取価格表が掲載されていることがあります。

 

買取査定を依頼したい業者はこのような価格表を掲載しているか見てみましょう。

 

価格表は、定額の場合もありますが時期によって変動するものもあります。

 

不安な場合は事前に電話などで価格表とおりに買取ってくれるのかを確認してみてください。

 

 

ブランド品の買取も行っている

アクセサリーなどの貴金属を売却する場合、ブランド品の買取も行っているか確認しましょう。

 

そのアクセサリーが人気ブランドのものである場合、貴金属としてではなくブランド品としての価値も含めて査定してくれる可能性があります。

 

シルバーのような価値の低い貴金属であっても、ノーブランド品とブランド品であればその価値は大きく違います。

 

 

買取にかかる手数料が少ない

店頭買取の場合は査定料、出張買取の場合は出張料、宅配買取の場合は送料や振込手数料など、何かと手数料を取ろうとする買取業者には注意しましょう。

 

買取金額を高くして、その分手数料を差し引いているというケースも少なくありません。

 

近年は査定料、出張料、振込手数料、キャンセル料などの手数料をすべて無料にしている買取業者も多いのでこのような良心的な業者を選ぶことをおすすめします。

 

 

岡山で貴金属を高く買い取ってもらおう

岡山での貴金属買取についてご紹介いたしました。

 

貴金属は、プラチナ、ゴールド、シルバーなどの種類があり、それぞれに価値が違います。

 

自分が持っている貴金属の種類をチェックし、ホームページに記載されている価格表と照らし合わせてから買取を申込みましょう。

 

買取業者の選び方、買取方法の選び方もきちんと検討することで、よりスムーズな取引を行うことができます。

神戸で金を高く売ろう!高価買取のポイントとは?

 

金は世界的に価値があり、投資のために金を購入するという方も多いです。

 

金を手放したい、換金したいという場合、どのように売却すれば一番高く売ることができるのでしょうか。

 

金を高く売るためにできることや、高く買い取ってくれる業者の特徴についてご紹介いたします。

 

神戸で金を売りたいという方、必見です!

 

金の買取前に確認しておきたいこと

まずは金を買取に出す前に確認しておきたいことについてご説明します。

 

事前にチェックすべき点をきちんと確認しておくことで、買取査定金額も大きく変わります。

 

 金をきちんと計量しておこう

金の買取金額は、その重さによって上下します。

 

買取業者に持ち込むと、まずその金の計量から査定が始まります。

 

金はそのまま持ち込んでも計量してもらえますが、事前に計量しておくことである程度の買取金額を予測することができます。

 

また、金の買取を行っている業者の中にも悪徳な業者がいるのは事実です。

 

計量した重さを誤魔化し、安く買い叩かれるという可能性もあります。

 

事前に金の重さを計量しておけばそのような誤魔化しにも気づくことができるでしょう。

 

金の計量は専用の計量器を使うのが一番ですが、自宅で計量するならある程度細かい重さが分かる程度の計量器で構いません。

 

0.1グラムくらいまで計量することができる計量器を使って測定するようにしましょう。

 

 アクセサリーの情報を確認

売りたい金がリングやネックレスなどのアクセサリーである場合は、その情報を確認しておきましょう。

 

リングの裏側にその金の情報が刻印されていることもあります。

 

金の種類、宝石の重量などを確認することで、どれくらいの金が配合されているのか、純金かそうでないかを把握することができます。

 

また、そのアクセサリーがハイブランドのアイテムである場合、金として買い取ってもらうのではなくブランド品として買い取ってもらう方が高く売れる可能性があります。

 

ブランド品の買取相場をチェックしてみましょう。

 

ブランド品として買い取ってもらう場合は、保証書や外箱などの付属品も揃えて買取に出すことで高く買い取ってもらうことが可能になります。

 

金の買取相場を確認

金は日本国内だけでなく世界中で価値のある貴金属です。

 

その相場は世界の政治、経済、自然災害などによって大きく変動します。

 

また、毎日金の相場が変動するので、毎日チェックして一番高く売れるタイミングを知ることも大切です。

 

まったく同じ金なのに、売る日にちを一日間違えるだけで大幅に買取金額が変わってしまうというケースはよくあることなのです。

 

買取業者のホームページなどにも金の買取相場が掲載されているので、よくチェックしておくようにしましょう。

 

 

金を高く買い取ってくれる業者の特徴

金を高く買い取ってくれる業者の特徴をチェックしてみましょう。

 

上記のような点に気をつけていても、金の買取業者によっては買取価格が安かったり、高かったりと微妙に違いがあります。

 

少しでも高く買い取ってもらうためには買取業者選びも大切。

 

どのような点に注意して買取業者を選ぶべきなのか、その特徴をご紹介いたします。

 

 金・貴金属買取専門店

金の買取を行っている業者はたくさんあります。

 

書籍、衣類、家電などを買い取ってくれる総合買取店から、金や貴金属の買取のみを行っている専門買取店までそのジャンルは様々。

 

なんでも買い取ってくれる総合買取店は一見すると便利に見えますが、高く買い取ってもらうことを目的とするなら不向きと言えます。

 

総合買取店のスタッフはそれぞれの専門的な知識が浅く、トレンドや買取市場に疎いという可能性も。

 

すべてがマニュアルで決められているので、イレギュラーな買取には対応してくれないというケースもあります。

 

金や貴金属の買取を専門としている買取業者のスタッフは買取査定の経験が豊富で、様々な金、貴金属の買取に対応してくれます。

 

そのときの相場、トレンドをいち早くキャッチしてから査定に挑んでくれるので、より適正な価格での取引が可能になります。

 

手数料がかからない業者

金、貴金属の買取業者の中には、査定料や振込手数料などを査定金額から差し引く業者もあります。

 

宅配買取や出張買取を利用する場合は、送料、出張料、キャンセル料、返送料などを取られるという場合も。

 

査定金額が高くても、このような手数料をたくさん取られては損をしてしまいますよね。

 

事前にホームページを確認しておき、買取にかかる手数料がいくらかかるのかを見ておきましょう。

 

中には手数料がまったくかからない買取業者もあるので、そのような業者を利用することもおすすめです。

 

 

買取業者を比較してみよう!

買取業者を慎重に選ぶのは大切ですが、ホームページや店頭の情報だけではわからないこともたくさんあります。

 

いきなりひとつの買取業者に頼りっきりになるのではなく、いくつかの買取業者を比較してみることもおすすめです。

 

査定料やキャンセル料が無料の買取業者をいくつかピックアップして、買取査定を依頼してみましょう。

 

見積もり金額、査定までのスピード、またスタッフの対応などもチェックして、一番信頼できそうな業者に依頼することをおすすめします。

 

宅配買取などを利用すればあちこちの店舗に行かずに済みますが、時間がかかってしまうため価格の変動しやすい金の買取にはやや不向き。

 

近くに複数の店舗があるエリアに赴き、一日で査定を済ませてしまうとスムーズに取引ができますよ。

 

 

金を高く買い取ってもらうなら神戸がおすすめ!

金の買取についてご紹介いたしました。

 

金の買取相場は毎日変動しています。

 

世界情勢などに大きく影響されるので、一人でその金額を見極めるのは難しいと言えるでしょう。

 

ある程度高く買い取ってもらえそうな時期を考えて、買取業者に査定を依頼してみてください。

 

買取業者は複数をピックアップし、査定金額や対応を比較するのがおすすめです。

 

買取業者は金の買取を専門にしているところ、また得意なところを選ぶようにしましょう。

 

神戸には買取店舗が多くあり、休日などを利用して一日で回ることができます。

 

関西、兵庫県にお住まいの方で金の買取をお考えの方は、ぜひ神戸に足を運んでみてくださいね。

三宮で金を高く売ろう!高価買取してくれる買取業者の選び方

 

金の買取を依頼する際は、買取業者選びが何よりも大切です。

 

きちんと丁寧に査定してくれるか、適正な価格を提示してくれるか、気持ちよく取引を行うことができるか、どのような点に注目して買取業者を選べばいいのかについてご紹介いたします。

 

三宮には金を買い取ってくれる買取業者がたくさんありますが、その中から正しく業者を選べるようにしていきましょう!

 

貴金属の買取を専門にしている買取業者

金を買取してくれる買取業者には様々な種類がありますが、中でも金や貴金属の買取を専門としている業者を選ぶことがおすすめです。

 

ブランド品やアパレルアイテムなどを総合的に買い取ってくれる業者は、まとめて不用品を処分するのには最適です。

 

ですが、金のような專門知識が必要なアイテムを売却するにはやや不向き。

 

專門の知識を持たないスタッフが適当に査定しているというケースも少なくなく、安く買い叩かれてしまう可能性があります。

 

金の買取に特化した、経験豊富なスタッフがいる專門業者を利用することで、さらに高い買取金額を期待することができますよ。

 

 

貴金属の買取実績が豊富にある買取業者

金や貴金属の買取を專門にしている買取業者でも、またできたばかりの場合は総合買取業者と同じくスタッフの経験不足が懸念されます。

 

いつから経営を続けているのか、年間にどれくらいの買取実績があるのかについても調べておきましょう。

 

ホームページを確認すれば、これらの情報は確認することができます。

 

チェーン店として何年営業を続けてきたのかではなく、その店舗が何年経営を続けているのかをチェックするようにしましょう。

 

長くその土地で経営を続けているような店舗は、信頼も厚くリピーターも多い傾向にあります。

 

とくに三宮は店舗の入れ替わりが激しい人気の土地ですので、長く続いているというのはそれだけで安心材料の一つになりますね。

 

毎日金の買取相場を確認している買取業者

金やプラチナは世界的に価値のあるアイテムです。

 

その価格相場は、日々の株価や経済状況によっても大きく変動します。

 

そのため、毎日相場を確認しなければ正しい価格で取引することはできません。

 

金、貴金属の買取専門業者の中には、毎日金やプラチナの買取相場を確認し、店頭やホームページに公表しているところもあります。

 

このような店舗に査定を依頼すれば、より満足のいく価格で取引を行うことができるでしょう。

 

 

目の前で金を計量してくれる買取業者

金の査定金額は、その重量によってほとんどが決まります。

 

より細かい数値まで計量できる専門の計量器を使って測定が行われますが、中には依頼者を残して裏で計量をしてしまうという買取業者もあります。

 

このような業者の場合、計量結果をごまかして安く見積もってくる場合もあるので要注意。

 

目の前で計量してくれて、すぐに計算してくれる買取業者を選ぶようにしましょう。

 

また、数値をごまかされないためにも一度自宅で計量して、金の重さを確認しておくことも大切です。

 

専門の計量器は高額ですが、料理の調味料などを計量するデジタルの計量器などでもある程度の重さを計量することができますよ。

 

 

宝石やブランドアクセサリーも買い取る買取業者

総合買取店は買取金額が低くなる傾向にありますが、宝石やブランド品のアクセサリーも買い取ってくれる業者はおすすめです。

 

売りたい金が金そのものではなく、アクセサリーに埋め込まれているもの、ハイブランドのアイテムである場合は、このような業者を利用してみるといいでしょう。

 

金そのものの価値も査定してくれるだけでなく、アクセサリーとして、ブランド品としてどれくらいの価値があるのかも査定してくれます。

 

状態がいいアクセサリーであれば、金や宝石を取り外したりせずにそのまま買取、販売した方が依頼者にとっても買取業者にとっても都合がいいケースもあります。

 

宝石として、ブランド品として価値がありそうなものを売却したい場合は、どちらの目線からでも買い取りを考えてくれる業者を選んでみましょう。

 

手数料がかからない買取業者

買取業者の中には、査定料、振込手数料、キャンセル料などを要求してくる業者もあります。

 

せっかく査定金額が高くでも、このような手数料を差し引かれてしまうと結局他社とあまり変わらない結果に・・・というケースも少なくありません。

 

とくに金の買取は專門知識が必要な分、査定料を差し引かれることが多いので注意しましょう。

 

ホームページを確認し、事前に手数料がかからないかをチェック。査定前にも一度スタッフに確認しておけば、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

 

 

価格交渉に応じてくれる買取業者

三宮にはたくさんの金買取業者があります。

 

いきなり一つに決めてしまうと、あとから別の業者の方が高く売れたかも…と後悔してしまう事態にもなりかねません。

 

いくつかの買取業者を回って、それぞれに査定を依頼して査定金額を比較するのがおすすめです。

 

その中で一番高い金額を提示してくれた業者を選ぶのもいいですが、より高く買い取ってほしいという方は価格交渉にもチャレンジしてみましょう。

 

他社の見積もりを提示して、これよりも高く買い取ってくれるなら利用してもいい、と持ちかけてみるのです。

 

他社と対抗してくれる業者なら、さらに高い金額を提示してくれることでしょう。

 

 

不審な点がある場合はキャンセルしても大丈夫!

買取業者の選び方には様々なポイントがありますが、慎重に選んでもやはり外れの業者を選んでしまうことはありえます。

 

しっかり調べなかった自分が悪い…と諦めてしまうのではなく、不審な点がある場合は無理せずにその場でキャンセルするようにしましょう。

 

キャンセル料がかからない買取業者がほとんどですので心配する必要はありません。

 

三宮には他にもたくさんの業者がありますので、気を取り直して別の業者に査定を依頼してみてくださいね。

 

 

三宮で金を高く買ってくれる買取業者を見つけよう!

三宮で金を高く買い取ってくれる業者の選び方をご紹介いたしました。

 

金の買取には專門知識が必要ですが、三宮には優良な業者がたくさんあります。

 

自分にぴったりな業者を見つけて、気持ちよく取引ができるように考えてみてくださいね。

 

 

PT850の買取価格は!?詳しく解説します!

プラチナについて調べていくと純度に差があることがわかります。

 

誰だって純度が高いほうがいいのですが、価格的な予算もあって手頃なアクセサリーが欲しいという人もいるはずです。

 

プラチナの中でも純度が低くデイリー使いに適しているのが「PT850」です。

 

PT850とはどのようなものになるのか?買取の価格など詳しく紹介致します。

 

プラチナのPT850とは?

PTはプラチナの純度を表します。

 

日本では白金と呼ばれることもあり純白な見た目が特徴だと言われています。

 

プラチナは南アフリカ・ロシア・カナダが主な生産国として知られています。

 

PT850の場合、純度が85.0%のものを指し日本ではネックレスやブレスレットなどに使われることの多いプラチナです。

 

刻印があるプラチナの中では最も硬い性質を持っているものになり、凡庸性が高いプラチナとして知られています。

 

プラチナ以外の15%にはパラジウム・イリジウム・ルテニウムなどの合金を合わせて作られています。

 

純度の高いプラチナほど価格も高額になります。

 

変色や錆びもおきにくいものになりますし、プラチナ独特の色合いもあるので万人受けするプラチナの種類でもあります。

 

ただしプラチナ以外の金属が含まれている割合が多い分、中にはアレルギーを起こしてしまう人もいます。

 

もともとアレルギーの可能性が高い人の場合は、純度の高いプラチナを選ぶ人がおすすめです。

 

本来純度の高いプラチナは柔らかく傷つきやすい性質を持っているので、日常使いのものには使用することが少なくなります。

 

そのため他のパラジウムなどを含み加工することによって、他の金属を混ぜて強度を高めたものになります。

 

以前はPT850を買取に出す人は少なかったのですが、近頃はプラチナ需要が高くなっていることもあってPT850の買取を行う業者も増えています。

 

純度が低いから買取対象外でしょと決めてしまうのは損していることになります。

 

PT850の買取について知りたい

PT850はプラチナ相場によって左右され、世界情勢が悪化すると価格が上昇する傾向にあります。

 

近頃は2,500円~3,100円程度の価格で前後している場合が多く数百円程度の相場の差額はよくあります。

 

そのため相場を常に確認した上で相場が上がっているタイミングを見計らって、買取に出すのがおすすめです。

 

先週買取に出していたらもっと高額になったのに…なんてケースも珍しくありません。

 

そもそもプラチナは金の1/30程度しか流通量がないので、そもそも供給されている地域が限られていること、政治や国際情勢によって変動してしまうのです。

 

PT850を少しでも高額買取に出したいと思うのであればチャンスを逃さないようにすることが大切です。

 

PT850の場合、アクセサリーとジュエリーとしての素材にできるなどの需要が高くなるのでデザインやブランドなどを合わせて査定してくれる場合があります。

 

買取時はネームバリューをあわせて評価してくれる場合があるので、合わせて相談してみるといいかもしれません。

 

PT850だけの価値ではなくその他の要因でも評価してもらえる可能性があるのを覚えておいてくださいね。

 

またプラチナの価格を決める時に純度も需要なポイントになりますが、重量も価格を決める上で重要です。

 

純度が低くてもある程度の重量があれば査定額は高額になります。

 

その逆で純度は高くても重量が少ないと買取額が安くなります。

 

PT850を買取に出す時のポイント!

プラチナというとアクセサリーをイメージする人が多いかもしれませんが、大半のプラチナは自動車や医療などの産業に使用されています。

 

排気ガスの浄化媒体としての役割もありますし、ガソリン車には約5割もプラチナが使われています。

 

そう考えると実は私達の生活にとって身近な存在であることがわかります。

 

PT850を買取に出す時は自分でしっかりと業者を選ぶことがポイントです。

 

買取額はもちろんのこと、査定額の詳細説明はきちんとあるのかどうか?

 

総額を伝えてくるだけの買取業者は信用できません。

 

また目の前で計量してくれるかどうかは重要なポイントになり製品を裏に持ち込んで「◯グラムでした!」と伝えてくる業者は信用できません。

 

少しでもおかしいなと思う時には買取に出さない勇気も必要です。

 

また買取に出す前に現状のプラチナ相場がどの程度になるのかを調べておくと、損せずに買取に出すことができます。

 

ホームページに買取額を提示している場合が多いので、まずはその買取額の情報を集めて比較することが大切です。

 

ニーズのある人気ブランドであるだけでも評価が高まる可能性が十分にあるのです。

 

まとめ

PT850はプラチナの刻印があるものの中では一番下の純度になるものの、安定した価格を推移している為、高額買取のチャンスはたくさんあります。

 

PT850をどれだけ高額買取してもらうのかについては、買取店をしっかりと選ぶのがポイントになります。

 

PT850を高額買取してもらう為にも、日頃の保管状態をしっかりとして汚れたままにしないように工夫することが大切です。

 

合金なので錆びや傷みが出てしまう場合もありますので保管状態には気を付ける必要があります。

プラチナの王道「PT900」の買取事情について

プラチナには純度によって種類があります。

 

日本のプラチナアクセサリーで良くみかける「PT900」とはどのようなものか知っていますか?

 

なかにはプラチナってPT900だけじゃないの?

 

なんて思っている人もいるかもしれません。

 

PT900とはどのようなものなのか?具体的な買取額についても説明します。

 

プラチナのPT900とは?

日本は世界的に見てもプラチナの歴史が長い国です。

 

戦後から長い間、日本の職人の多くは婚約指輪や結婚指輪といえばプラチナでPT900を使ってきました。

 

その理由については、比較的作業がしやすく作業効率を高める為に、PT900が一番適していたことにあります。

 

景気がいい時代になると注文も多い時代になりますので、余計なトラブルもなくできるのいがPT900になるのです。

 

その結果集中力の高さにも繋がり、安定した質の高さを誇るプラチナを作り出すことができるのです。

 

加工のしやすさはもちろん、軽量なのでアクセサリーにも適したものだといえるでしょう。

 

プラチナの数字を表すPTはプラチナの含有量がどの程度になるのかを表したものになります。

 

例えばPT1000が最もプラチナの保有量が多い数値になりますが、これでも99.95%プラチナであるに過ぎません。

 

現在の技術では100%純粋なプラチナを作ることはできず、どうしても中に不純物を残してしまうのです。

 

またプラチナ自体がとても柔らかい金属になりますので純度が高すぎると傷が付きやすく傷みやすくなってしまうことから、PT950やPT900が好まれるのです。

 

ちなみにPT950とPT900の価格的な差は1g100円程度しかありません。

 

金額にして5,000円~10,000円程度になるといいます。

 

PT900の場合、プラチナ90%にパラジウム10%の素材で構成されています。

 

プラチナと比較すると安価にアクセサリーなどの加工ができ人気がある金属なのですが、アレルギーが出てしまう場合もあります。

 

パラジウム100%の人の場合、約50%の人にアレルギー反応が出てしまうと言われており、国によっては妊婦さんや子どもには使用する際に禁止している場合もあるぐらいです。

 

PT900の買取について知りたい

PT900の買取についてですが、日本では特に人気の高い順度になりますので十分に高額買取の可能性があります。

 

1g辺り2,600円~3,200円前後で値段が変動していることが多く、数百円程度の変動は良く見かけます。

 

買取の基本は安く購入してできるだけ高く買取に出すことだと思います。

 

またPT900を買取に出す時は税率についても把握しておきたいところです。

 

消費税率の差額が出る時はその分、上乗せされる場合があります。

 

ただし日本基準ではPT900はプラチナと表記することができますが、世界ではPT950以上でないとプラチナと表記することが認められていません。

 

PT900の凡庸性を高める為に日本が作り出しているプラチナの純度になりますので、買取に出す場合は日本の方が高値が付きやすいといえるのではないでしょうか。

 

また世界情勢が不安定になるとプラチナの価格は値上がりしやすいといわれています。

 

プラチナを販売するのに最適な時期はいつになるのか、見極めた上で買取に出すのがおすすめです。

 

PT900を買取に出す時のポイント!

PT900を少しでも高額に買取してもらうためには、いくつかポイントがあります。

 

そもそもプラチナ相場の動きによって日々変動していることもあり買取価格は常に変わっています。

 

こまめにレートを確認しておき、一番条件がいいタイミングを見計らって買取に出すのをおすすめします。

 

ある程度レートを把握していないと、買取額で損をしてしまうこともありますし、なかにはそういった顧客を掴もうと悪質な詐欺を行っている買取店もあります。

 

また買取に出す前に複数店で見積もりをもらい、汚れがある場合は落としてから審査に出すようにします。

 

多少の汚れがあっても価格変動に繋がらない場合が多いのですが、査定を行う人も人間ですのでできる限りのことをしている方が印象も良くなります。

 

買取先を決める場合は、口コミを確認したりお客様の声やホームページを確認した上で買取に出す先を考えるようにしましょう。

 

プラチナの市場は年々需要が伸びていますので、安い価格を提示されてもすぐには納得しないようにしましょう。

 

プラチナ相場を調べた上で指摘できるように、詳細をしっかりと提示してもらうようにしてください。

 

まとめ

PT900は日本では一般的なプラチナの純度になります。

 

純度こそ90%程度のものになりますが、プラチナとしても純白の輝きはお墨付きです。

 

見た目の美しさに虜になってしまうかもしれません。

 

PT900の買取はレートを確認しながらできるだけ損なく最適なタイミングで買取に出せるようにしてくださいね。

 

相場は常に変動していますし、高額買取も夢ではありませんよ。

 

またPT900は比較的傷もつきにくく丈夫にできていますが、傷がついたり汚れたりしないように定期的にしっかりとメンテナンスをしておくのもおすすめします。

 

PT900は日本では特に需要の高いものになりますので、あなたも納得できる買取額を見つけてくださいね!

 

【プラチナ】PT950とは!?純度など詳しく解説

プラチナには純度に違いがありランク付されています。

 

海外ジュエリーブランドなどでプラチナの基準として使用されるPT950をご存知でしょうか。

 

プラチナとしての高い純度はもちろんのこと、他の金属を混ぜ合わせることによって強度を高めているものです。

 

プラチナとしてPT950が気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

そもそもPT950とはどのようなものなのか?詳しく説明していきます。

 

プラチナのPT950とは?

そもそもPTとはプラチナ本来が持っている元素記号のことをいいます。

 

プラチナ特徴として銀白色をしているのが特徴になり、白金と表記される場合もあります。

 

金属の中でも変色・変質しにくい性質を持ち合わせており長年愛用できるジュエリーとして婚約指輪や結婚指輪などに用いられることが多いとされています。

 

PT950はプラチナをどの程度含んでいるのかを表したものになり、PT950は95%はプラチナを使っていることを表したものになります。

 

プラチナの最低基準として国際貴金属宝飾品連盟によってPT850以上と定められています。

 

プラチナ自体はもともと真っ白なものではなく少し黒みがかった色をしています。そのためプラチナの純度が高くなるとイメージするような真っ白のものにはならず、中にパラジウムなどを混ぜることによって、プラチナの白さ表現しています。

 

またプラチナ自体はとても柔らかい素材をしているので、何か加工して使用する場合は他の金属を混ぜるなど硬度を高める必要があるのです。

 

金属にはパラジウムやルテニウムなどを使用しており、硬度を高くすることでアクセサリーとして長く愛用できるようになります。

 

またプラチナの純度を下げたPT900以降よりも金属アレルギーが起こりにくいという特徴があります。

 

これはプラチナ自体はアレルギーを起こしにくい金属になるのですが、他に含まれている金属の割金によってアレルギーを起こしやすくなってしまう可能性があります。

 

その分他の金属を混ぜていることで傷もつきにくく頑丈にできているのがPT950になるのです。

 

海外アクセサリーブランドのティファニーやカルティエなどはこのPT950うぃ採用しており、プラチナなどの貴金属に詳しい人であれば一度は目にしたことがあるかもしれません。

 

PT950の買取について知りたい

PT950の買取についてですが、プラチナは純度が高い=重いほど価格が高額になります。

 

PT950は2番目に高いプラチナになりますし、純度も高いのでその分高額になります。

 

プラチナの価格は世界が公表している「プラチナ相場」によって日々変動しています。

 

ドルで発表されたあとに円建てで換算し直し国内のプラチナ相場として発表されているのです。

 

世界の情勢によって数百円~、時には数千円単位で価格が変動します。

 

もし資産としてプラチナを持っているのであればこまめに相場を確認しておくと安心です。

 

実際に2016年9月~2017年9月の1年間の間では、1g辺り600円の差が出たと言われています。

 

PT950をどのタイミングで買取に出すかも重要なポイントになります。

 

またプラチナの場合消費税が8%の時に購入して10%の時に売った過程した場合その差額の税金が上乗せされるようになります。

 

消費税率についてもプラチナの買取時は意識しておくといいでしょう。

 

国内だけでなく海外にも需要が高いPT950になりますので、プラチナ相場がどの程度なのかしっかりと確認しておき、少しでも高い価格で買取してもらえるようにしたいものですね。

 

PT950を買取に出す時のポイント!

PT950をいつ買取に出すのか?考えると悩んでしまいます。

 

少しでもお得に買取してもらえた方が誰だっていいはずです。

 

投資用として所持している人もいれば、PT950の場合はアクセサリーとして所持している場合も多いのではないでしょうか。

 

PT950の場合はタイミングがとても重要になりますので、世界の経済の不安定さやマイナス金利によって実物資産が大きく変動することが考えられます。

 

特に中国やアジア圏のプラチナの需要が急増していることによって、相場も高くなっていますので今がチャンスだと言えるのではないでしょうか。

 

ジュエリー素材として人気があるのがPT950になるので、付加価値がつくこともあるので、買取店を比較して一番高い金額のところで買取に出すのをおすすめします。

 

買取業者によって査定の手数料なども変わるので、しっかりと比較するようにします。

 

買取価格はホームページなどで確認できる場合もありますが、実際には問い合わせをしてみた方が後から買取額が違うと後悔することもなくなります。

 

まとめ

PT950を買取に出す場合は、少しでも条件の良い買取店を探すようにしましょう。見積もりを比較した上で選ぶと安心です。

 

さらに、プラチナの価値が高騰しているいまだからこそチャンスもあります。

 

需要の高さもあるので、家にある使わないプラチナがあれば買取に出してみるのをおすすめします。

 

特にジュエリーに関しては日本だけでなく世界的にも価値が高いので、この機会に比較してみてくださいね。

 

プラチナ最高純度の「PT1000」とはどんなもの!?

 

プラチナといえば誰もが憧れる高級な金属の一種です。

 

純白の美しい輝きに虜になってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

プラチナにも純度がありなかには合金の割合を多くして、硬度を高めたり値段を手頃なものにしている場合もあります。

 

プラチナの中でも特に投資要素として人気が高い、最高純度といえば「PT1000」でしょう。

 

そもそもPT1000とはどんなものなのか?買取に付いて詳しく説明していきます。

 

プラチナのPT1000とは?

PT1000は別名「ピーセン」と呼ばれることもあります。

 

PTの値はプラチナがどの程度含まれているのかを表したものになります。

 

PT1000の場合はプラチナの比率が100%であることを表しており、純度の高さもあり投資用として用いられることが多いものです。

 

なかには婚約指輪や結婚指輪に使われる方もいますが、値段が高価になってしまうことと硬度が低いので向いていないとされています。

 

プラチナ自体がもともと粘性の高い金属になり、金属の中でも柔らかく繊細な加工を施すことができる分強度には欠けてしまうのです。

 

一般的にはコインにしたり、工業用・産業用品に姿を変えて使われています。ただし今の技術ではPT1000と表記しているものの、含有率でみると1%未満の不純物は含まれています。

 

そのためPT1000と表記する場合もあれば、PT999と表記する場合もあり、両者は全く同じものになります。

 

純白と称されるプラチナですが、もともとは若干の黒みが入っていて、そのまま加工してしまうと、プラチナ特有の美しい輝きを表現することができません。

 

商品として販売する場合は、その中に他の金属を混ぜることによって、プラチナの輝きを表現しているのです。

 

ちなみに婚約指輪や結婚指輪に使われるのは、PT900程度のもの日本で流通している約9割を占めています。

 

強度の高さなども丁度いい数字ですよね。ただしティファニーやカルティエなどの海外ブランドの場合、PT950を用いて作られるのが一般的です。

 

というのも、海外のジュエリーブランドの場合、PT950以上を使うことと決められている場合が多いのです。

 

そもそも海外では日本ほどプラチナ人気が少なく、イエローゴールドの方が人気があります。

 

そのためプラチナの定義としてPT950と定めるようになったのです。

 

PT900とPT950の品質自体は大差ありませんし、温泉でも変色を起こす心配もありません。

 

PT1000の買取について知りたい

プラチナは純度に合わせて買取額が高くなります。

 

そのためPT1000はプラチナの中でも一番高額なものになり、金で一番高いと言われているインゴッドの次に高額な買取になります。

 

プラチナの価格は世界が公表している「プラチナ相場」にて日々変動しており、日頃はそこまで大きな変動はないのですが、数百円~数千円単位で大きな変動を起こす場合もあるのでPT1000を投資用とする場合は、プラチナの価格をこまめにチェックしておくと安心です。

 

またプラチナ相場はドルで表記されていますので、それを日本円に換算した上で買取額を決めるようになります。

 

相場によって変動はあるものの、相場で買取額が決まるので世界のどこで買取に出しても価格の変動はありません(※手数料は異なる)

 

PT1000を買取に出す時のポイント!

PT1000を買取に出す時に「税率」はしっかりと押さえておきたいポイントです。

 

プラチナは金融製品になりますので、売買をする時は必ず税率が絡んできます。

 

その時の税率がベースとなって考えられるため、消費税8%の時に買ったプラチナを消費税10%の時に売ると、その分の差額が上乗せされるようになります。

 

税率に変動がある場合はその分儲けになりますので、できるだけ税金が安い時に購入して高くなったら売る方が何倍もオトクなのです。

 

またプラチナをまとめて買取に出す場合は譲渡所得についても押さえておくのをおすすめします。

 

プラチナの買取時に本体を出す場合は年間50万円以上、アクセサリーの場合は年間30万円以上になると特別控除が適用されるようになります。

 

PT1000はPT950やPT800よりも純度が高く高額な買取額になるのが一般的です。

 

ですが、買取業者の中には驚くほど安い価格で買取しようとする場合もあります。

買取業者の多くは買い取りした地金を一度溶かして不純物を取り除くのですが、その分の作業費や手間暇を上乗せしている場合もあります。

 

PT1000を買取に出す場合、複数社で見積もりをもらった上で納得できる買取額のお店に依頼するようにしてください。

 

PT1000は高い価値を持つ金融資産ですし、少しでも高額買取してもらった方が嬉しいですよね。

 

まとめ

プラチナは純度の違いによっても価値に変動があります。

 

PT1000は最高純度のものになりますので、投資用として使う場合もありますし、中には結婚指輪などに用いられることもあります。

 

日々プラチナ相場によって変動していますが、時代に左右されることもなく高い価値を保ち続けています。

 

プラチナの中でも一番価値の高いものになりますし、プラチナ本来の姿を楽しめるものです。プラチナの品質の高さを求める人におすすめします。

美しい純白の輝きを放つ白金「プラチナ」「PT」について

 

誰もが憧れる「プラチナ」は、混じりけのない純白の輝きを放つことから白金とも呼ばれます。

 

美しい光沢感のある姿は、年齢を問わずに多くの人達に親しまれています。

 

そもそもプラチナとはどのようなものなのか?プラチナについて詳しく説明していきます。

 

プラチナとは?

プラチナは白金と書きますが、外見が似ているホワイトゴールドとは全く別のものになります。

 

プラチナはもともと白い金属になりますが、ホワイトゴールドは金にパラジウムやシルバーを混ぜて作られた合金になります。

 

ホワイトといいますが真っ白なわけではなく少し黄色みがかった色も残ります。

 

その黄色みを隠す為に最後にメッキ加工が施されているのです。

 

プラチナはとても希少な金属になり採掘できる場所も限定され、金の1/30程度にしか採掘できないと言われています。

 

現在は南アフリカ共和国がメインとなり1トンの原鉱石からたったの3g程度のプラチナしか採掘できないのです。

 

さらに原鉱石から地金になるまでの期間が約8週間と膨大な時間がかかることもプラチナの価格が高い理由です。

 

またプラチナと一言でいっても純度に違いがあります。

 

純度が高いほど数字の値が大きくなると言われており、Pt850、Pt900、Pt950、Pt1000と表示されます。

 

ただし純度100%のプラチナは存在しませんので、Pt999と表記される場合が多く、それが一般的なものになっています。

 

プラチナにパラジウムやイリジウム・ルテニウムなどの他の金属を合わせて作ります。

 

この効果によってプラチナ自体がとても柔らかい金属になるのですが、丈夫で長持ちできる金属に変えることもできます。

 

ちなみに日本のプラチナの多くはPt900のものが多いので、プラチナに他の金属を混ぜている場合がほとんどです。

 

プラチナのメリット・デメリット

プラチナのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

 

メリット

プラチナ自体はとても安定した素材になり、経年劣化による変色や変質しにくい特徴があります。

 

例えば温泉にも強いのでアクセサリーを外すことなくそのまま入れます。

 

他のカラーゴールドだと変色したり錆びてしまうことがあるのですが、プラチナにはその心配がないのです。

 

またプラチナはとても柔らかく細工がしやすい形状をしているので、デザインの種類も豊富にありますし、サイズが合わなくなってしまった時にも変更ができる金属です。

 

プラチナに宝石を合わせたものや、彫ってデザインを加えたものもあり自由にアレンジを加えられるのが嬉しいですね。

 

時間が経過してもその美しい見た目を保ってくれるので、余計なメンテナンスなども必要なく、長く愛用できます。

 

デメリット

希少性の高さもあってどうしても高額になってしまいやすいのがプラチナのデメリットです。

 

見た目は美しいものの、自分用のアクセサリーとしてはなかなか購入しづらいものです。

 

そのため婚約・結婚などの人生の節目に購入したり、国や地域によっては21歳の誕生日にプラチナを贈るといった風習もあるそうです。

 

気軽に購入できるものではない分、その価値を保っているともいえますね。

 

プラチナはこんなところにおすすめ

プラチナはシーンを選ばずどんなファッションとも合わせることができます。

 

ビジネスシーンはもちろん、日常使いであってもシンプルな中にプラチナ本来が持つ美しさが合わさり上品でエレガントな大人の装いにしてくれます。

 

ファッション全体を引き締めてくれる効果があるのがプラチナですので、普段なかなかアクセサリーを付けない人にもおすすめです。

 

またプラチナはその純白の姿から「純粋な愛」の証だとも言われています。

 

婚約指輪や結婚指輪として選ぶ場合も多く、一生の愛を誓うのに最適な金属です。実際に日本の9割以上がプラチナを付けて作られています。

 

毎日つけていても変質・変色などの心配もなくそのままの姿で私達を楽しませてくれます。

 

ただし国によって人気のある色は代わり、アメリカではホワイトゴールドの方が人気があります。

 

実際に目にしてみて自分が気に入るかどうかで選んでみるといいでしょう。プラチナはダイヤモンドとの相性も抜群です。

 

プラチナは汗や薬品に足しても強い金属だと言われています。

 

普段は柔らかい布を使って拭く程度のメンテナンスで十分です。汗や皮脂がついてしまうと輝き自体が鈍くなってしまうこともあり、もしプラチナの輝きが気になる場合は中性洗剤などを用いてきれいにすえう方法もあります。

 

洗った後は水分をしっかりと取り除くようにします。

 

メンテナンス自体はとても簡単ですので気になった時にきれいに磨いておきましょう。

まとめ

プラチナは一生に一度は欲しい憧れのアクセサリーです。

 

純度によっても見た目が変わりますし、値段も大きく変わります。

 

変色・変質しずらいことから日本では婚約指輪や結婚指輪に用いられることも多い金属です。

 

プラチナの価値は時代に影響されることもありませんので、アクセサリーを選ぶ時などはしっかりと吟味した上で選ぶようにしてくださいね。

女性人気No1の金!PG「ピンクゴールド」について

 

女性らしい風合いと可愛らしい印象から人気の「ピンクゴールド」は、ゴールドともシルバーとも違う魅力がありますよね。

 

色合いからローズゴールドと呼ばれる場合もあります。

 

肌なじみも良く、ピンクゴールドが好きな女性も多いはずです。

 

そもそもピンクゴールドとはどういうものなのか?その魅力について紹介します。

 

ピンクゴールドとは?

金の中でも少しピンク味がかっているのが特徴になり、これは金と銀・銅を混ぜることによってできた合金です。

 

ピンクゴールドのピンクの色こそが銅の色になり、ピンクゴールドは銅カラーゴールドの1つにもなり女性から絶大な人気があるカラーです。

 

例えば日本でもメジャーな18金のアクセサリーなどは純金が75%で残りの25%が銅・銀で配合されています。

 

配合量はメーカーによって異なるので色や硬さには多少の違いがあり、自分好みの色を選ぶのも楽しいかもしれません。

 

同じピンクでも深みのある色合いや、パラジウムの配合量を多くして淡い色などピンクの印象が異なるのも楽しみ方の1つといえるのではないでしょうか。

 

さまざまなお店を回って自分好みの、自分の肌に合うピンクゴールドを探してみると楽しいかもしれません。

 

ピンクゴールドのメリット・デメリット

ピンクゴールドのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

 

メリット

ピンクゴールドの優しい色合いは日本人の肌に自然に馴染みますし、黄色とピンクは昔から相性がいい色だと言われています。

 

女性の肌をより美しく見せてくれる色合いになので、普段はアクセサリーを付けない人にもおすすめします。

 

ピンクゴールドはその人の肌の色に合わせて、肌に独特の照り感を与えてくれるのが、肌なじみを良く見せてくれる理由でもあります。

 

日本人女性に一番似合う色とも言われているのがピンクゴールドです。

 

また18金の中でも銅の割合が多い分最も硬い特徴があります。

 

そのためほとんど混ぜ物のない金の場合はジュエリーには向いていないと言われています。硬さがある分、アクセサリーにしやすいのもポイントです。

 

デメリット

銅を多めに含んでいるピンクゴールドは、一番硬い性質があります。

 

頑丈で長持ちする反面、柔軟性がないので強い衝撃を浴びると割れやすく壊れてしまう可能性があります。

 

ピンクゴールドのアクセサリーの場合、取扱に注意しないと壊れてもとに戻らなくなってしまいます。

 

また温泉に入る時など、銅は変色しやすい性質があるので必ず外すようにしてください。このような取扱面で注意があるのがピンクゴールドです。

 

またピンクゴールドは経年劣化によって徐々に変色しやすい特徴もあります。

 

色が薄くなる時もあれば表面上のメッキが剥がれることが原因となっている場合もあるのです。

 

ただしもともとの素材がとても丈夫にできているので、メンテナンスをして汚れを取り除くことで、新品と同じような輝きを取り戻しやすいとされています。

 

メンテナンスにかかる費用も比較的リーズナブルなので、長期的に長く使痛い人におすすめします。

 

ピンクゴールドは日本人女性を一番美しく見せてくれる優しい色合いが特徴です。少し赤みがかった色合いは、上品さやエレガントさも感じられるので指先をより美しく見せてくれます。

 

とても丈夫で長く使える分、あなたにとって愛着を感じるアクセサリーになるのではないでしょうか。

 

ピンクゴールドは取扱こそ少ないものの、毎日使うアクセサリーにも最適です。そんなピンクゴールドならではの魅力をあなたも体験してみませんか?

 

 

ピンクゴールドはこんなところにおすすめ

ピンクゴールドはアクセサリーの素材として人気があります。

 

例えばネックレス・ピアス・イヤリング・ブレスレット・ペンダントなどのさまざまなデザインに適しています。

 

ピンクというと若い女性をイメージしてしまうかもしれませんが、ピンクゴールドは適度な大人の上品さも感じられる色合いになりますので、年齢問わずピンクゴールドの風合いを楽しむことができます。

 

またアンティーク調のアクセサリーを演出してくれるのは、まさにピンクゴールドならではです。

 

イエローゴールドだとカジュアルな印象になってしまいがちですが、ピンクゴールドは大人の可愛らしさを演出してくれる色なのです。

 

プラチナとの相性もいいのでコンビのリングなどもおしゃれでおすすめです。

 

またピンクゴールドは女性から圧倒的な人気があるので、価格も安定しています。色合いの鮮やかさなどもあり、購入後買取に出す時にも安心できるアクセサリーです。

 

まとめ

ピンクゴールドは貴重な金を原料として使用している為、価格も高価ですし流通量の少なさもあって価値も高いカラーゴールドになります。

 

近頃は結婚指輪にピンクゴールドを選ぶ人もいるなど、いかに人気のあるカラーであることがわかると思います。

 

 

WG「ホワイトゴールド」とは!?白く輝く美しい金をご紹介

 

プラチナのような高位な魅力に溢れた「ホワイトゴールド」は、もともとプラチナの代用品として誕生したものです。

 

白く輝く美しいジュエリーは誰もが憧れの存在ですが、プラチナまでの値段はなかなか出せないし…。

 

なんて人でもホワイトゴールドであれば、ほぼ変わらない見た目で美しい輝きが手に入るのです。

 

数あるカラーゴールドの中でも最もメジャーで人気のあるカラーです。

 

そんなホワイトゴールドの魅力について説明していきます。

 

ホワイトゴールドとは?

見た目はプラチナとほとんど変わらず白い輝きを持っているのがホワイトゴールドです。

 

第一次世界大戦後、プラチナの供給量が減少してしまった時に開発されたもので昔から代用品として使用されることが多いものでした。

 

カラーゴールドが注目されるようになってから、ホワイトゴールドの人気の沸騰したのです。

 

日本語で訳すと白色金となり、割金の量によって白の色合いが少しずつ変わります。

 

名前こそホワイトゴールドがついていますが、真っ白なホワイトゴールドはなかなか存在しないと言われています。

 

ホワイトゴールドの合金には「ニッケル」と「パラジウム」の2種類に分類することができます。

 

国によっても変わるのですが日本の場合はパラジウムを多く配合した、ホワイトゴールドが主流となっています。

 

これはニッケルがパラジウムの後に作られたものであること、海外ではニッケルを使用したものも珍しくありません。

 

ただし使う人によってはアレルギー反応が出てしまう場合もあり、その可能性がパラジウムの方が少ないのです。

 

もしホワイトゴールドのアクセサリーを付けてかゆみや赤みが出てしまった場合は、このニッケルがもとになっていてアレルギー反応出てしまった可能性も考えられるのです。

 

ただしパラジウムを使用したホワイトゴールドは少し黄色みがかった色合いをしているので、純白のような色合いではありません。

 

アクササリーの場合は真っ白なものの方が人気があるので、表面にロジウムメッキを施している場合もあります。

 

ですが時間が経過すると中身の地の色が出てきてしまうこともあり、メッキの処理が再度必要になってしまいます。

 

ホワイトゴールドのメリット・デメリット

ホワイトゴールドのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

メリット

プラチナに比べて値段が手頃で、白いアクセサリーが欲しいと思っている人には最適です。

 

純金のままだと耐久性の面で問題が出てしまいますが、純金以外が合金となっているホワイトゴールドの場合は、硬くて丈夫なのもポイントです。

 

傷がついたり変形しずらい素材ですし、普段遣いするようなアクセサリーにも使いやすいのです。

 

落ち着いていて控えめな色合いであること、見た目はプラチナと大差ないことも人気の理由です。

 

上品な印象のアクセサリーになりますので、場所を選ばずに使えるのも嬉しいですね。

またホワイトゴールドは軽量であることから、つけ心地の良さにも定評があります。

 

毎日使うものだからこそ、見た目の美しさだけでなくつけ心地にこだわりたい人からも定評があるのです。

 

デメリット

純金以外に入っている金属に反応してアレルギーが出てしまう場合があります。

 

ニッケルを合金に使用しているか確認してから購入すること、日本製のものを選ぶとニッケルの使用率が格段に下がりますので生産国を確認するのをおすすめします。

 

またメッキ品の場合もあるので、表面のロジウムメッキを定期的にメンテナンスしなくてはいけないなどのデメリットもあります。

 

ただしメンテナンスを施すことで元の白い色を取り戻せます。

 

ホワイトゴールドはこんなところにおすすめ

ホワイトゴールドはその見た目の美しさもあって、結婚指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われることの多いものです。

 

白は宝石をより美しく見せてくれるので、見た目の印象も高級感がありとても素敵ですね。

 

ただし柔軟性には少し劣るので、指輪などの模様を加工するには向いていないと言われています。

 

ホワイトゴールドは硬いブラシでこすったり、温泉によってメッキ加工が剥がれてしまう場合があります。

 

温泉や成分を含んだ入浴剤を使う時は、必ず外した方が長持ちします。

 

またメッキ部分が剥がれてしまった場合は、店舗にてメンテナンスを行うことができます。

またメッキ部分が剥がれてしまうのが嫌な人は、メッキ加工されていない少し黄色みが買ったものを選ぶのもおすすめです。

 

少し黄色みがかってはいますが日本人には肌なじみの良い色になるので、意外としっくりくるはずです。

 

まとめ

ホワイトゴールドの魅力について紹介しました。

 

ホワイトゴールドは白をベースにしている分、清潔感もありますし見た目も爽やかで美しい色合いです。

 

カラーゴールドの中でも人気があるのも納得できますね。

 

結婚指輪でプラチナよりも手頃で見た目が似ていることもあり、ホワイトゴールドを選ぶ人も多いそうですよ。

金の定番の人気色!YG「イエローゴールド」について

 

純金のような華やかな印象を与えてくれる「イエローゴールド」はジュエリーなどで見かける定番の人気色です。

 

純金ほど値段が高い訳でもないのに、美しい輝きに虜になってしまう人もいるかもしれません。

 

金に色を加えた新しい色をカラーゴールドといいます。

 

そもそもイエローゴールドとはどんなものなのか?イエローゴールドのメリット&デメリットも踏まえてご紹介致します。

 

■イエローゴールドとは?

金の中に銀・銅を混ぜて絶妙な配合によって作られた合金がイエローゴールドです。

 

温かみのある金色は華やかで豪華な雰囲気を演出してくれます。

 

見た目は純金のようにも見えますが、少し黄色みが強い色をしており金が75%程度、残りの25%に銀・銅が3対2の割合で混ぜられています。

 

そのため「18KYG」と表現する場合もあります。

 

そもそもどうして純金のままにしないのか不思議に思ったことはありませんか。

 

確かに純金はとても美しい色合いをしていますが、硬度も耐久力も不足してしまい傷がつきやすくなってしまいます。

 

他の金属を混ぜることによって、硬度や耐久性を高めることができるのです。

 

合金による色の変化は金だけでなくシルバーやプラチナにも起こるものですが、金ほどの大きな変化はないことから、金を合金にしたカラーゴールドが定着しました。

 

ISO8654-1987の決められた光源であるころ、表面反射角度で色の測定をした時に、CIE色座標で指定された範囲内に収まっている時に、正式にイエローゴールドと認定されます。

 

ただ色味が黄色いからイエローゴールドではないのです。

 

また、明確に定義した場合K18以下のものをイエローゴールドとしていて、K20以上の金の純度になると、ISO似て定義された風合いが出せないため、一般的にイエローゴールドとは呼びません。

 

割金の具合によってイエローゴールドの色は多少の変化がありますので、その差を比較しつつ気に入ったものを選んでみると面白いかもしれません。

 

ホワイトの割合が少し多めのものは明るい印象になりますし、イエローの割合が少し多めのものは温かみのある印象になりますね。

 

 

イエローゴールドのメリット・デメリット

イエローゴールドのメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

 

メリット

合金の為、変色にも強く傷がつきにくいのが特徴です。

 

その硬さはプラチナ程度だと言われており日常的に使う指輪としても最適です。

 

イエローゴールドは日本人の肌に自然に馴染みやすい色をしているので、派手すぎることなくちょうどいい存在感をしています。

 

カジュアル目のファッションとの相性もいいので気軽に楽しめるのが嬉しいですね。

 

結婚指輪にゴールド系が多い人に特におすすめのカラーです。

 

また変色しても見た目がさほど変わらないので長く愛用できるのもポイントです。

 

デメリット

カラーゴールドの中にはつけているうちに色の変色をしていくなどの楽しみがあるものもありますが、イエローゴールドの場合は変色や変質が少ないのでそのままの姿を長く保ってくれます。

 

傷もつきにくくなかにはそれでは楽しめないなんて思ってしまう人もいるかもしれません。

 

イエローゴールドはこんなところにおすすめ

イエローゴールドの場合は日常使いするようなリングやネックレス、もしくはブライダルジュエリーとして使うのをおすすめします。

 

ブライダルというとプラチナをイメージするかもしれませんが、金の方が生産量が高いこともあり手頃に購入できます。

 

中には指輪の素体はイエローゴールドにして、宝石を豪華にする場合もあります。またプラチナやシルバーと合わせた重ね付けなどの相性もいいのがポイントです。プラチナと合わせると一気に大人っぽい印象になりますね。

 

イエローゴールドは女性らしい風合いですしエレガントさも印象づけてくれるので、純金とも違う輝きで私達を楽しませてくれるはずです。

 

また、イエローゴールドの場合はジュエリーとして加工しやすいことから、不規則なデザインや、表面加工などのデザインが豊富にあります。

 

カラーゴールドとしての色だけでなく、デザイン性も一緒に楽しみたい人におすすめします。

 

イエローゴールドの美しい風合いを長く続ける為に、定期的なメンテナンスはしっかりと行うようにします。

 

金自体はほとんど変色することのない貴金属になりますが、銀・銅に関しては空気中の水分・油によって色のくすみがおきる原因になります。

 

柔らかい布などで軽くこすって上げ汚れを取り除くこと、中性洗剤を薄めたもので優しく拭き取るときれいになります。

 

錆びにくく耐久性に優れたイエローゴールドですが、完全に金ではないのでしっかりしたメンテナンスが美しさを保つカギになるのです。

 

まとめ

イエローゴールドの魅力についてご紹介しました。華やかでエレガントな印象のイエローゴールドはお祝いのアクセサリーとしても最適です。あなたが気に入る色合いのイエローゴールドに出会えるといいですね。

K10(10金)は金属アレルギーが出やすい!?K10を詳しく解説

 

金には様々な純度がありますが、その中でも純度が低く中にはK10・10金は金として認められない…なんて人もいるかもしれません。

 

確かにお値段も手頃な金になりますが、気軽に購入できることもありその需要は高まっています。

 

そもそもK10・10金とはどんなものなのか?

 

楽しむ上での注意点について詳しく説明していきたいと思います。

 

K10・10金とは?

K10・10金は10カラット程度の純度の金のことをいいます。

 

カラット数はドイツ語になり、宝石のカラット数(英語)とは異なるものです。

 

金の純度を重量比率で表すものになります。

 

純金を24分率として表しますが、24分の10の重量を純金の成分である場合に、K10・10金と表記されます。

 

全体でみるとおよそ42%程度が純金の成分になりますが、残りの58%は割金と呼ばれるものになり、銅・銀などの別の金属を混ぜ合わせて作られたものになります。

 

日本と海外では表記が異なり1000分率で表されることが多いので時には「416」や「417」と表記される場合もありますが、どちらも同じものになります。

 

半分に満たない量であることから、金として認められないなどの厳しい声もありますが手頃な金の中では流通している種類だといえるのではないでしょうか。

 

そもそもK10・10金が主流になったのは、金の価格が高騰したことにあります。

 

そのため以前よりも気軽にK10・10金のアクセサリーを購入することができなくなってしまったのです。

 

K10・10金だから安いと思っている人もいるかもしれませんが以前よりもその価格が上がっていることもあると、K10・10金であっても決して安いものとはいえません。

 

K10・10金はどんなものに使われているの?

K10・10金は近頃アクセサリーとしての人気が高まっています。

 

ピアスやチェーンなどで使われることもありますしK10・10金を使ったアクセサリーがどんどん登場しています。

 

金の純正が低いことから丈夫で傷つきにくく、色の種類が多いのも特徴です。

 

どんなデザインにも加工ができるので、金を使ったアクセサリーが欲しいと思っている人にもおすすめします。

 

特に割金の割合が多いこともあって金属の比率を変化させてバラエティーに富んだK10・10金のカラーゴールドなども登場しています。

 

主にホワイトゴールド・ピンクゴールド・イエローゴールドなどがあり、金特有の光沢感がなく上品で落ち着いた色合いなのも特徴だと言えるのではないでしょうか。

 

K10・10金は比較的安価な金になるので、その分デザイン性を工夫したものが多く登場しています。

 

バリエーションも豊富ですし、気分に合わせて合うものを選べるのもポイントです。適度な存在感もあるので、近頃はカップルのペアリングとして使用するケースもあります。

 

カジュアルな要素で使えるのがK10・10金の良さでもあるのです。

 

 

K10・10金の買取価格はどのぐらい?

K10・10金の買取相場は日々変化しています。

 

世界4大金市場の中でも特にロンドン市場が大きな影響を与えると言われており、世情によっても買取額が変わります。

 

ただし金の場合は日本でも世界で買い取りしても金額は同じです。

 

手数料の違いはあるにしても、金の価格が変わることはありません。

 

K10・10金の買取額はその時によっても異なりますが、1,800円台を行ったり来たりしているぐらいの価格帯になります。

 

時には1,700円台に下がることもありますが、大きな価格変動がなく安定している資産といえるのではないでしょうか。

 

K10・10金は金属アレルギーに注意

K10・10金は比較的カジュアルに使えるアクセサリーになりますが、割金の割合が多くなってしまうので、中には金属アレルギーが出てしまうこともあります。

 

中には銀・銅・ニッケルなどを含んでいる場合が多く、中でもニッケルはアレルギーをおこしやすい金属です。

 

古いアクセサリーになるとニッケルの割合が高くなりますので特に注意したいポイントです。

 

またK10・10金を長く愛用する為には定期的なメンテナンスが必要になります。

 

K10・10金は空気でも腐食しますし色のくすみに繋がる可能性もあります。

 

日頃から密閉したままで保管をしたり、油分がつかないように工夫しなくてはいけません。

 

水分がついたままにするとK10・10金を傷めてしまう原因になります。

 

またGPやGFなどの製品の外側に金をかぶせただけのメッキ品では、金と同じ価値にはbなりません。

 

過度に安いものや割引しているものを購入してしまったり、海外製のものを購入するとなかには純度がもっと低い金の場合もあるので注意しましょう。

 

まとめ

K10・10金について詳しく説明していきました。

 

買取に出す場合、K10・10金は確かにチープだと言われることもありますが、金の価値は急騰していますので決して安価なものではありません。

 

丈夫でアレンジしやすいK10・10金はアクセサリーにも適したものになりますので、カジュアルで日常使いしやすいちょうどいい金ともいえるのではないでしょうか。

 

メンテナンス次第で長く使えますし、カラーゴールドなど種類の多さも嬉しいですね。

 

 

心斎橋で金を高く売ろう!高価買取のコツは?

金は投資目的で購入される方も多いほど、世界中で共通して価値があります。

 

金を利用したアクセサリーだけでなく、金貨、チェーンなど、金であれば必ず買取価格がつきます。

 

自宅に不要になった金があるという方は、そのまま放置せずに買取に出してみましょう。

 

高く買い取ってもらえる方法、買取業者の探し方などについてご紹介いたします。

 

 

金の買取について

金の買取業者は、投資目的で取引されるインゴットだけでなく、アクセサリーや金貨など、金でできているものならなんでも買い取ってくれます。

 

金を回収して再利用することが目的なので、アクセサリーが壊れていたり、古いデザインのものであっても買取が可能。

 

他店でブランド品として査定したもらったときには安い買取価格だったというアイテムでも、金としては高い価値がある可能性もあります。

 

金の他、プラチナ、宝石などを一緒に買い取ってくれる買取業者も多いです。

 

遺品整理などでたくさん金や貴金属、宝石が出てきたというような場合は、買取業者にまとめて査定を依頼してみましょう。

 

 

金を高く売るコツ

金を高く売るコツをご紹介いたします。

 

金はそのままでも比較的高い金額で買い取ってもらうことができますが、下記のようなことに注意して買取に出せばよりお得な取引ができるようになるかもしれません。

 

 

  • 汚れを落としてから査定を依頼する

金は重さでほとんどの査定金額が決まってしまうため、傷や汚れなどは査定基準には含まれません。

 

しかし、査定スタッフの心象も取引には大きく関わっています。

 

キレイなものを査定に出した方が印象もよく、高く買い取ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

 

買い取ったあとにそのまま販売するようなものなら、汚いものは一度査定スタッフがキレイにメンテナンスをしなければなりません。

 

このような手間を省くという意味でも、やはり事前に金をキレイに磨いてから買取に出すことは大切と言えるでしょう。

 

 

  • 付属品を一緒に査定してもらう

金には鑑定書、箱などが付属しているものもあります。

 

このような付属品は、できるだけ揃えて一緒に買取に出すようにしましょう。

 

その金のアイテムがブランド品である場合は、買取後そのまま売却するケースもあります。

 

そんなとき、やはり付属品や保証書、鑑定書があった方が高く売ることができます。

 

金だけを売るよりも、付属品をまとめて一緒に買取に出した方が高く買い取ってもらえる可能性が高くなるので、査定に出す前に揃えておくようにしましょう。

 

 

  • 金のレートを確認しておく

金、プラチナなどにはレートというものがあります。

 

このレートは世界中で通用するもので、日々変動していきます。

 

毎日チェックしていると、高くなる日、安くなる日があることがわかります。

 

自分が納得のいくレートの日に買取に出すことで、満足のいく取引ができるようになりますよ。

 

買取業者の中には、手数料といって査定金額からお金を差し引いたりする業者もいます。

 

このような業者に言いくるめられないためにも、事前にある程度の査定金額を予想しておくことも大切です。

 

金のレートは、買取業者のホームページなどでも確認することができますよ。

 

 

  • 重量を測っておく

金の買取は重量で決まることがほとんどです。

 

買取業者に持ち込むと重量は測定してくれますが、事前に自宅でも測定しておくようにしましょう。

 

買取業者では専用の機器を使って測定してくれますが、自宅で測定する際にはわざわざ購入する必要はありません。

 

しかし、できるだけ正確な数字を出すためにも0.1グラム単位で測れるものがおすすめです。

 

買取業者の中には、重量をごまかして安く買い取ろうとする悪質な業者もあります。

 

このような業者に引っかかってしまうと、あとから気づいても泣き寝入りするしかありません。

 

本来なら目の前で測定してもらうのが一番ですが、万が一の可能性も考えて自宅で一度ある程度の重量を把握しておくようにしましょう。

 

 

金を高く買い取ってくれる業者

では、どのような買取業者が金を高く買い取ってくれるのでしょうか。

 

その特徴についてご紹介していきます。

 

  • 金買取を専門にしている

まずは金やプラチナ、貴金属の買取を専門としている業者を選ぶようにしましょう。

 

総合買取店、リサイクルショップなどでは、なんでも買い取ってもらえるというメリットはあるもののそれぞれの査定基準が甘く、正確な査定金額を期待することはできません。

 

また、安く仕入れて安く売ることをモットーとしているところも多く、金などの高価なアイテムを売るのには適していません。

 

金のレートを日々確認し、きちんと重量を計量してくれるような業者を選びましょう。

 

また、金買取専門業者の中には、金としての価値だけでなくデザイン、ブランドバリューも加味して買取査定を行ってくれるところもあります。

 

またキレイで、デザイン性も高い金などのアイテムをお持ちの方は、このような買取業者を選んでみるのもおすすめですよ。

 

 

  • 買取実績が豊富にある

金買取を行っているとホームページに書いていても、すぐに依頼するのは待ってください。

 

次に、買取実績のページをチェックしてみましょう。

 

この買取実績が豊富であればあるほど、信頼に値する買取業者と考えることができます。

 

金の買取査定は素人には難しく、しっかりとした知識や経験が必要です。

 

買取実績が少ない業者に査定を依頼すると、素人同然の視点で査定をされてしまい、本来の価値に気づいてもらえないという可能性もあります。

 

また、長年の営業実績があるような買取業者なら、それだけ多くの人に依頼されてきたという証拠にもなります。

 

金の買取が初めてで不安…という方は、営業年数もチェックしておくとより安心ですよ。

 

 

  • 査定方法が明確である

金の査定基準は、ブランド品や古着などと比較すると比較的明確です。

 

しかし、金の重量の計量を裏でされたり、見えないところに持って行かれてしまうと不安になってしまいますよね。

 

また、買取査定金額を提示されたあとになんの説明もないと、どうしてその価格になったのかを知ることができません。

 

しっかり目の前で計量してくれる買取業者、査定金額の内訳を説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

このような業者かどうかは実際に査定にいかないとわからないというケースも多いですが、クチコミをチェックしたり、ホームページを確認することである程度把握することができます。

 

また、実際に査定してもらって不審な点があるという場合は、遠慮せずに持ち帰りましょう。

 

査定だけなら無料で行ってくれる業者がほとんどです。

 

 

  • サービス・対応がいい

どうせ取引をするなら、最後まで気持ちよく取引をしたいですよね。

 

査定中、問い合わせ中の、スタッフの対応についてもチェックしておきましょう。

 

やはり、信頼できる買取業者というのは対応も一流です。

 

問い合わせにはすぐに返信してくれる、査定中の対応がいい、わからない点があればきちんと説明してくれるなど、ストレスなくやりとりができるかどうかについても確認してみてくださいね。

 

返信が遅い、対応が雑な業者に依頼してしまうと、入金が遅くなったりいい加減な査定をされてしまうという可能性もあります。

 

 

心斎橋の金買取店舗に行ってみよう

金の買取についてご紹介いたしました。

 

大阪の心斎橋には、金の買取を行っている業者、店舗がたくさんあります。

 

複数の店舗が競合しているので、査定金額を比較しやすく、また価格交渉がしやすいというメリットも。

 

休日などを利用して複数の店舗を周り、より高く買い取ってくれる業者を見つけるようにしましょう。

アクセサリーにK14(14金)が選ばれる理由!

 

純金は見た目こそとても豪華で資産的な価値も高い最高品質になりますが、傷がつきやすく加工しづらいなどのデメリットもあります。

 

そのためせっかく購入してもアクセサリーなどの普段遣いには使えませんし光沢感もあるので、合わせにくさを感じてしまうこともあります。

 

そんな金には純度がありその%を下げることで頑丈なものになります。加工品として使用するのであれば「K14」「14金」がおすすめします。

 

K14・14金とは?

全体のおよそ60%程度の金の純度をK14・14金と表します。

 

Kはドイツ語で質量であるカラットを表しています。宝石のカラットとは別のものです。

 

カラット数を計算する時に24分率にて金の純度を表しますので、K14・14金の場合は、24分の14が純度になります。

 

金以外は割り金と呼ばれる銀・銅などを用いて合金が作られています。

 

またK14・14金を1000分率で表記した場合の「583」と表示されることもありますが、どちらもK14・14金になります。

 

純度が下がってしまう分、金の輝きは少なくなってしまうのですが、見た目も十分に高級感があります。

 

K14・14金の硬さについては、ピッカーズ硬度の指標にて測られています。

 

純金の場合は25Hv程度しかピッカーズ硬度がないのですが、割金の%によっても変わりますが120Hv程度の硬度が期待できると言われています。

 

金属の中でもパラジウムの割合を高くするとその硬度はより向上すると言われています。

 

金の純度は国によっても好き好みがわかれるといわれており、頑丈さを求めるアメリカではK14・14金の需要が高いと言われています。

 

その反面、中国は豪華な純金を求める傾向にあるのでK24やK22などが好かれているといいます。国によっても違いがあるのは面白いですね。

 

K14・14金はどんなものに使われているの?

K14・14金は他の金と比較して加工しやすい素材になりますので、アクセサリー(ブレスレット・ネックレス・ピアス・万年筆のペン)、時計・眼鏡などの装飾品にも使われています。

 

またアクセサリーの留め具に用いられることもあるなど、加工がしやすく頑丈でコストがかからないこともあり、さまざまな装飾品として使われています。

 

例えば音楽楽器のフルートの場合、木製や銀製などさまざまなものが用いられますが、頭部管や管体部分などに金を使う場合があります。

 

どの金を使うかによって純度でフルートの音色が変わってきます。

 

初心者向けの手頃なものはK9で十分だと言われていますが、K14以降になると格段に音色が変わり、純度の高さは音色のパワフルさにも繋がります。

 

音の調整や抵抗感をなくすためにK14を使ったフルートを使う人も少なくないのだとか。

 

他の純度では実現できなかった使い方だと言えますね。

 

K14・14金と認識せずに使っている人も多いかもしれません。

 

特に金の価格が高騰していることもあり、K14・14金を使って加工することが増えています。

 

単純に価格的な問題だけでなく合わせるものの良さを引き出してくれるのがK14の場合もあるのです。

 

K14・14金の買取価格はどのぐらい?

K14・14金がどのぐらいの買取相場になるのか気になりますよね。

 

4代金市場と呼ばれるロンドン・香港・ニューヨーク・チューリッヒにて日々取引が行われ金の相場が変化しています。

 

その中でも特に大きく影響すると言われているのはロンドン取引となります。

 

戦争やテロなどの国際的な不安が高まると、金の価格が上昇すると言われています。

 

大規模な自信や竜巻などの災害時にもその価格が上がりやすいこと、また紙幣の価値がなくなってもK14・14金の価値は保ちつづけることを考えると持っておきたい資産といえます。

 

ただしK14・14金はその時によって相場が変わるので、買取に出す前に現状の買取額を調べておくのをおすすめします。

 

K14・14金は刻印をチェック

また金の表面に「GP」=金メッキ、「GF」=近張りの刻印があるかどうかもチェックするようにします。製品の外側に金をかけて加工しただけのメッキ品の場合があります。

 

刻印を確認してみてその表記があるかどうか調べてみてください。GP・GFの表記がない場合は、本物のK14の可能性が高くなります。

 

金は刻印を調べればある程度調べることができます。

 

K14・14金は他の金と比較すると光沢感が少なくなるのですが、あまりにも見た目が違う場合は人工的に作られたものの可能性もあります。

 

専門家が持ってみると金の重さの違いでも本物の金かどうかを見分けること」ができます。持っている金の刻印を確認してみてくださいね。

 

まとめ

K14・14金について詳しく説明しました。

 

低価格で楽しむことができさまざまな加工に用いることができる金になりますので、さまざまな場所で用いられる機会が多くなりました。

 

頑丈で傷がつきにくいこと、ハワイアンジュエリーなどで使われることもあり、もっと身近に金を楽しめるのです。

 

ただしK14・14金の場合は定期的なメンテナンスをしないと傷んでしまうこともあるので使い方やメンテナンスには十分に注意したいものです。

K18(18金)の価値について詳しく解説

 

日本で頻繁に見かける金のグレードといえば「K18」や「18金」ではないでしょうか。

 

誰もが憧れるジュエリー等、比較的耳にしたり目にしたことがあるかもしれません。

 

でも似たような名前の、K18と18金にはどんな違いがあるのか?気になったことはありませんか。

 

純度はどのぐらいを表すかなど、金としての資産はどのぐらいなのかも気になるところです。

 

K18・18金の買取についてなど、詳しく説明していきたいと思います。

 

K18・18金とは?

K18・18金にはどんな違いがあるか説明できますか?

 

そもそもKはドイツ語でカラットのことをいい、「質量」という意味があります。

 

宝石を表す時のカラットとは全く別のものになります。

 

これは金をどのぐらい含有しているのかその%を表しています。

 

金は100%を24分率で表現していますのでK24といえば純金のことをいいます。

 

K18・18金の場合は24のうち18%つまり75%の含有率になることがわかります。

 

ではどうして同じK18や18金といった違いがあるのでしょうか。

 

これは小さな違いになるのですが製造国の違いになります。

 

日本の造幣局が発行しているものの場合、制度の取り決めとして金の純度を表す時に数字の前にKを付けることが決められているのです。

 

日本で製造されたものと考えるとわかりやすいですね。

 

18金の場合は「あとK」とも呼ばれることがあるのですが、海外で製造されたものの多くにこの表記を用いている場合が多いと言われています。中国製の金などにも多いはずです。

 

同じ18であっても製造国によって違いますし、海外の場合は18Kと書いてあったとしても審査したらもっと低い価値のものだった…なんてこともあります。

 

海外製の場合は一度本物かどうか調べるのをおすすめします。

 

また、金はとても柔らかい材質になりますので昔の人は本物かどうかを見分ける為に噛んで試すなんて時期もあったそうです。

 

そのため金の純度が低くなればなるほど傷が目立ちにくくなりますが、純度が低くなると他の含まれている金属によって変色しやすくなります。

 

銀や銅は酸化することによって真っ黒になりますが、K18になるとその可能性が高くなってしまいます。

 

K18・18金はどんなものに使われているの?

金は様々な加工ができるのでいろいろな姿に変えて私達の生活の中に存在しています。

 

時計や眼鏡・金歯などもK18が使用されていますし、指輪やブレスレットなどのアクセサリー系もK18が使用されています。

 

純度が高いほど金の価値は高くなりますが、合金することで多様な顔を見せてくれるのがK18になるのです。

 

特にK18に関しては銀・銅などの別の金属との相性が良く、合金にして強度を高める方法を使っています。

 

中でも色のついている金属を絶妙なバランスで配合して色を作り出す、カラーゴールドも多いと言われています。

 

色鮮やかな仕上りになるので、金をもっと気軽に使用できると幅広い層から人気があります。

 

例えばホワイトゴールド・イエローゴールド・レッドゴールド・ピンクゴールドなどもあり、金だけだとインパクトが強くなってしまいますが仕上りの上品さなども定評があります。

 

K18・18金の買取価格はどのぐらい?

K18や18金は十分に高額買取のチャンスがあります。

 

毎時間世界のさまざまな市場で取引が行われており、その価格によって買取額が変動します。

 

ただし他の金属とは違い価格の変動が大きいわけではないので、安定した資産を得たい人から人気があります。急騰しない分。

 

急激な下落も少ないのがK18・18金になるのです。

 

K18・18金は刻印をチェック

K18・18金を買取に出す場合、まずは刻まれている刻印を確認するようにします。

 

K18の場合は、「K18」「18K」「750」などの刻印が刻まれているはずです。

 

この刻印がない場合は、本物ではない可能性も考えられます。

 

また金の表面に「GP」=金メッキ、「GF」=近張りが刻印されている場合は製品の外側部分だけを金で加工したメッキ品になります。

 

そのため金としての買取対象外になってしまいます。

 

金の多くは刻まれている刻印を確認すればある程度情報を得ることができます。

 

専門家に持っていき一度金がどの程度のものなのか、相談してみるのも一つの方法と言えるのではないでしょうか。

 

また金の純度が高いほうが金色の割合が強くなりますので、例えばK14と比較した時に少し色味が強いという特徴もあります。

 

さらに金の含有量が多くなる分重量感も出てきます。

 

見た目は全く同じように見えるのですが、実はちょっとした色の濃さに違いがあるのです。

 

まとめ

K18・18金は純度こそ下がってはしまいますが、それでも金としての価値は十分にあります。

 

資産として購入する場合もありますし、アクセサリーなどの加工品として取り入れるのもおすすめします。

 

ただし国産のものは十分に価値の保障ができますが、海外製になると純度に違いがある場合もありますので、一度自分が持っている金にどのぐらいの価値があるのか、しっかりと調べるようにしてくださいね。

K22(22金)の純度と他の金との違いを解説!

 

金を投資用の資産として持つ人は増えています。でも金にも純度がありますし、その違いについて知らず把握しないまま所持している人もいるかもしれません。

 

今回は意外とよく見かける「K22」「22金」について説明します。他の金とどんな違いがあるのでしょうか。

 

K22・22金とは?

金は純度が高ければ高いほど高品質だと言われています。

 

一番純度が高いのはK24になりますが、その次に純度が高く引けを取らない存在だと言われているのが、K22・22金です。

 

どちらも表記こそ違うものの、同じ純度の金であることは間違いありません。

 

Kはいわゆるカラット数を表したものになりドイツ語がもとになっており、金の純度を表す為に用いられています。

 

金はカラットの表記をする時に24分率で表します。最も純度の高いものを24と表記していて、24分のどれだけ金が含まれているのかどうかによっても異なる数字が表示されます。

 

K22は24分の22は純度の高い金であることを証明しています。

 

100分率で表すと91.7%になります。

 

K22のように純度の高い金は自然界から採掘されることはなかなかありません。そのため、純金と他の金属を熱で溶かした時など合金をすることによってK22が作られます。

 

純金に配合させる貴金属を割りかねといい、体積あたりの重量を軽くすることにも繋がります。

 

そのため実用性も高くなるのがK22になります。

 

K22・22金はどんなものに使われているの?

日本ではK18やK24が多くK22はあまり流通していませんが、世界まで視野を広げると万年筆のペン先、ブランドジュエリーなどで見かけます。

 

一番有名なのがクロムハーツの22Kかもしれません。

 

ブランド好きな人であれば一度は目にしたことがあるかもしれません。

 

純度の高い金は見た目も豪華ですし資産価値も高いのですが、純金のままですとどうしても強度が弱くなってしまいます。

 

多少の銀や銅を含めることによって純金の弱さを解消したのがK22になるのです。

 

そうはいっても90%以上は高い順度を保っていることになりますので、いかに価値の高いものであることがわかりますね。

 

また物によっては適度な柔軟性も追加できることからK22が一番適していると考えられる場合も多いようです。特に中国ではK22が頻繁に使用されているようです。

 

他にもK22通貨が世界的に人気があり、海外のチキン型金貨の素材として用いられることが多いと言われています。

 

1oz、1/2oz、1/4oz、1/10ozと表示されることが多く、オンスで表現されます。

 

K22金貨の中で一番人気があるのはイギリスの「ブルタニア金貨」になり、エリザベス2世の横顔が彫られているものになります。

 

他にも南アフリカ共和国造幣局の発行する「クルーガーランド金貨」もありますし、アメリカが発行している「イーグル金貨」なども人気があります。

 

純金ほどではないものの、高品位の金になりますので金貨としても十分に高い価値が保証できるものだと言われています。

 

日本でも珍しいものではあるものの不動の地位を獲得している金貨と言えるのではないでしょうか。

 

K22・22金の買取価格はどのぐらい?

金の価格は日本だけでなく世界共通のものです。

 

そのため日本であっても海外であってもその値段が変動することはないのです。

 

金の現物取引では世界最大のマーケットはロンドンになります。

 

そのロンドンで1日2回提示されているゴールドの終値によって、毎日変動します。

 

K24とも数百円程度しか変わらないので、十分に高い価値があることがわかります。

 

日頃からK22がどのぐらいの価値があるのか確認しておき、自分で所持している金の価値を把握しておくようにしましょう。

 

そうしないと買取に出した時など損してしまう可能性もあり、ある程度知っていくことはとても重要です。

 

K22・22金の刻印をチェック

K22や22金を買取に出す場合、品位を確認するのを忘れないようにしてください。

 

例えば金の表面に「GP」=金メッキ、「GF」=近張りと刻印がある場合があります。

 

これらは製品の表面に金を被せただけのものになり、中は金ではないものになるので買取対象外になってしまいます。

 

これらの表記がないK22になれば金としての価値が十分にある可能性もあります。

 

まず自宅にあるK22が本物なのかどうかを知ることが大切です。

 

なかには業者で購入した時点で偽物を販売していることもありますので、購入時にこのような刻印をチェックするのも忘れないようにしたいものですね。

 

K22は専門家であれば見ただけでも本物か偽物かを見分けることができます。

 

まとめ

日本では認知度こそ低いものの、金としての価値が十分に考えられるK22は金としての資産が高いものになります。

 

純度の高いK24よりも実用性にとんでいるのでさまざまな場所で見かけるかもしれません。

 

値段も純金よりもお手頃なものになりますので、金を買ってみたいと思う人にはおすすめできる金貨だといえるのではないでしょうか。

 

純度も91.7%とかなり高いものになりますので見た目も美しいものですし、金貨などもおすすめします。

K24(純金)はどんなものに使われている?純金の価値と買取価格

資産として持つのであれば絶対に裏切らないと言われているのが純金です。

 

その純金にも種類があり、どんな違いがあるのか見た目ではわかりにくいものですよね。

 

今回は意外とよく見かける「K24」について説明します。

 

 

 

K24 純金とは?

そもそも数字の前についている「K」ですが、金属製品にどのぐらい金が含まれているのか、その純度を24分率で表したものになります。

 

Kはカラットの頭文字です。この数値でみるとK24は100%純金であることがわかりますね。

 

ただし金がむき出しの状態で有る限り、0.1%は他の物質が混ざってしまう可能性があります。

 

そのため表記上は100%で表すことはできないと言われています。

 

具体的には金の純度が99.99%以上の製品に対してK24の表記を使います。

 

これ以上の高い順度の純金はありません。

 

純度の高い方がいい純金にとってK24の価値が一番高いのはいうまでもありません。純度が低くなると値段が下がっていくためK18はK24よりも安くなります。

 

「純金」「24金」と呼ばれる場合もあり、すべて同じものです。

 

K24はその価値の高さから投資用として持っている人が多い金だと言われています。

 

そもそもどうして金の純度が24分率で表記されると思いますか?私達の生活では1日が24時間周期になるなど、24は数字のキリがいいと考えられています。

 

再高品位の数字であることを表す為に、24の数字を使っています。

 

 

K24はどんなものに使われているの?

K24を使った製品はさまざまなものが出ており、仏像等で使われることもあれば御鈴、金杯、印鑑、小判、大判、食器、アクセサリー、オーダーメイドのパターなどに加工されて使います。

 

ただしアクセサリーに使われる機会は少ないといえます。

 

金という価値の高さから世界的に見ると造幣局が金貨として使用しているものもあり、K24の純金はフォーナインとも呼ばれます。

 

カナダの「メイプルリーフ金貨」、中国発行「パンダ金貨」や、オーストリア発行の「ウィーン金貨」、オーストラリア発行の「カンガルー金貨」などが使用されています。

 

相場によって売却できるなど、換金性の高さも注目されています。

 

見た目が黄金の色をしていてとても美しいこと、コインジュエリーとして愛されているものになります。

 

K24は柔らかい性質を持っていることもあり、傷がついてしまいやすかったり加工をする上で問題がおきてしまうことがあります。

 

そのため金だけでなく銀や銅などの別の金属を合わせることによって、強度や硬度を高めたものを合金というのです。

 

 

K24の買取価格はどのぐらい?

金の価格は世界共通です。

 

そのため日本であっても海外であってもその値段が変わることはありません。

 

金の現物取引では世界最大のマーケットはロンドンになります。

 

そのロンドンで1日2回提示されているゴールドの終値によって、毎日変動します。

 

金の中では1gの価格が高いものになり、相場によって変動します。

 

自分が持っている金が1gいくらになるのか、K24を資産にしているのであればある程度把握しておく必要があります。

 

そうしないと本来の価格よりも安い価格で買取に出してしまうこともあります。

 

 

K24は刻印をチェック

K24の買取などで頻繁にチェックされているのが、金に表記されている刻印です。

 

特に近張りを表すGF(Gold Filled)や金メッキを表すGP(Gold Plated)は、製品の外側だけを金で加工したものになり、中身は金ではありません。

 

そのためK24を使っていても金としての買取ができなくなってしまいます。

 

このような刻印がない場合は、本物の可能性が高いといえるのではないでしょうか。

 

K24以外の表記として「99.9」と書かれている場合もあります。

 

K24を購入する時に偽物を売りつけてしまう業者もいるので、自分が持っているK24が本物なのかどうか不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

 

また持っている金が古く刻印をチェックできないケースも考えられます。

 

そんな時は磁石を使って簡単に調べることができます。金が本物で純金なのであれば、磁石に反応することはありません。

 

中に別の金属が混ざっている場合は磁石に反応しますので、金について詳しくない人であっても簡単に見分けができます。

 

ただしくっつかなくてもメッキの可能性は0ではありませんので、一度専門家に相談するのをおすすめします。

 

専門家であれば刻印の見分け方はもちろん金を持った時の重量感や質感の違いだけでも、本物かどうかを見極めることができます。

 

K24を持っている人は一度調べてみるといいかもしれません。

 

 

まとめ

K24について具体的に紹介致しました。

 

純金の中でも最高品位を表すK24は投資としてはもちろん、資産価値も十分に見込めるものです。

 

でも中には偽物を持っている場合もあるので、一度調べてみるといいでしょう。

 

本物の純金は時間の経過に流されることなくその価値を保ち続けています。

 

K24はとても傷つきやすいので扱いには十分注意してくださいね。

 

K24の価値は今後も変わることは少なく、持っていて損をすることのない資産です。

金の価値について!金が世界的に評価されている理由とは!?

 

買取業界でいうところの金とは主に「金地金」「金貨」のことをいいます。金の価値は世界共通のものになり世情によって左右されてしまう心配がありません。紙幣や貨幣をそのまま持っていても国が破綻してしまえば、資産を得ることができなくなってしまいます。金にはその心配がないのです。そもそも金とはどのようなものか、詳しく説明していきますね!

 

金とは?

金といわれて思い出すのはネックレス・指輪などの貴金属ではないでしょうか。

金はそのままの形で取引されるだけでなく、さまざまな形に姿を変えて私達の生活の近くに存在しています。

通貨やメダルなどもその1つになり金は最上位を表現するものでもあります。

まず金の定義として見た目は黄金もしくは金色に輝くものになります。

古くから人間の生活に根付いているものになり、固体金属の一種として扱われています。

 

金が世界的に評価されている理由

金がどうしてここまで人間にとって魅力的だと思われているのかというと、見た目の輝きはもちろんのこと、希少性の高さにもその理由があるのではないでしょうか。

金は時間が経過しても錆びることもなく腐らない資産です。また金は資源になるので限りあるものです。

 

人間が掘り出した金の量はおよそ18万トンと言われています。これはオリンピック用のプール3個分に値するものになり、残り1個分程度の金しか残されていないと言われています。現在は年間3000トンの金が採掘されていますが、20年ほどの期間で枯渇してしまうと言われています。

 

金は永遠に作り出せるものではないからこそ、今後も価値が高くなっていく可能性があるものです。現在は中国が金の採掘ではメインとなっています。

 

金の取引価格は日々変動しています。ですが世界中のどこで金を売買したとしても1g辺りの売買価格は同じになるのです。そもそも金は紙幣のように発行できるものではなく、これから起こると予想されているインフレにも逆に価値を上げる可能性があるのです。

 

インフレでは紙幣の価値が低下するのは皆さんも知っているのではないでしょうか。ただし価格変動がおきると状況次第ではその価値が下がってしまうこともあります。また盗難や紛失などの実物資産ならではのデメリットがあるのも忘れてはいけません。

 

実物資産だからこそ次世代に受け継ぎたいと考え保有している人も増えています。

 

金地金の投資について

金地金は別名インゴットとも呼ばれています。重量が同じ金地金であってもその純度が変われば金地金としての価値が変わります。いわゆる金の塊のことをいいます。その歴史ははるか昔から行われてきたものになります。金には以下のような表記が記載されています。

 

・金塊番号 商品を管理する上での連続した番号のこと

・重量表示 金地金の重量をグラムで表示したもの

・MELTER 製錬業者

・ASSAYER 検定分析業者

・商標 金地金の製錬した業者の登録マーク

・素材表示 純度を証明するもの。FINEGOLDなど

・品位表示 金の純度を表す数値

 

などの表記が金に記載されています。ただし一概にいえるものではなく、金によって異なる場合がありますのであくまでも参考にしてください。

 

金地金はその価値を証明する審査期間が設けられています。投資用として流通するためには「ロンドン貴金属市場協会(LBMA)」にて厳選な審査をクリアする必要があるのです。登録の証を刻印されることによって価値を証明された金地金になるのです。

 

日本ブランドで購入する場合、古い歴史があるのですが三菱マテリアルにて購入するのをおすすめしあす。金を狙った詐欺なども増えていますので、金をどこで購入したのか?によって資産として十分な価値がある金かどうかが変わるのです。

 

金の通貨の投資について

金にはもう一つ「金貨」もあります。金地金と比較すると比較的安価で購入できるので趣味の延長線上として金貨を購入する人もいます。金貨を投資用として購入するのであれば、「記念通貨」や「アンティーク通貨」などの地金型金貨を購入するのをおすすめします。

 

金貨の収集型の方になると、世情に影響されやすく人気がなくなればその価値が急激に低下してしまう場合があります。地金型金貨の場合は、もともと金をベースにして製造費の金額を上乗せしている場合が多いので、金の価値が上がればその分価値も高まるようにできています。

 

発行元の政府がその価値を証明していることも、金貨を金の投資として持つ上ではおすすめです。保管も簡単で贈答品用として使う方もいるぐらいです。金の投資を試しにはじめてみたいのであれば、金貨は最適です。

 

金について説明しましたがいかがでしたでしょうか。安全資産として金を保有することもできますし、インフレにも強い金は紙幣だけのリスクを防いでくれることにも繋がります。金は限り有る資産だからこそ高い価値が有り魅力的なものです。それは日本だけでなく世界共通であることを考えると、いかに高い価値のあるものかがわかります

広島で金の買取は手数料無料のお店に売ろう!

 

金の買取の際にかかる手数料を皆さんはご存知でしょうか!?

 

買取手数料として、実際の相場よりも20%~30%程引く買取店も多く存在しており、そのようなお店に売るのは非常にもったいないです。

 

だったらどこに売ればいいのか!?と思われる方に今回は金の手数料と失敗しないお店の選び方についてご紹介いたします。

 

 

金の買取手数料とは!?

 

一般的な買取店は買取した金は、貴金属専門の業者に売却し利益を得ています。

 

相場の20%~30%を手数料として引く買取店は手数料の20%~30%が利益となり、運営しています。

 

全てが上記のような手数料で利益を得ている訳ではございませんが、基本の仕組みはそうです。

 

ですが近頃は金買取に積極的なお店が多く増えており、貴金属専門の業者と同様の金額で買取をしてくれるお店もあります。

 

そのようなお店は独自の販売ルートを持っているか自社にて精錬をすることで手数料無料でも運営ができています。

 

 

 

手数料無料の罠!?

 

では手数料無料のお店に売れば良いのでは!?と考えられる方もいると思います。

 

ここで間違えてはいけないのが手数料を引かないからといって、金の買取価格が高いとは限りません。

 

買取店によって金の設定単価が決まっており、それに応じて査定額を提示されます。

 

設定単価は非常に安いお店もありますので金の相場を確認しておくと損せず売ることが出来ます。

 

またホームページ上に買取相場や買取金額が書いてあるお店は金買取に強い傾向があるのでネットで探し、来店する前、または来店時に必ず金の買取単価を聞きましょう。

 

 

どこに売れば良いの!?

 

金の買取店は相場の高騰と素人でも参入がしやすい事から数年前から非常に増えました。

 

今やどこにでもある買取店なので一体どのお店に売れば良いのかわからない!という方が多いと思います。

 

一番良い方法はネットで検索をしてお店のサービスを理解した上で売るのが良いです。

 

ホームページに買取相場や買取金額が書いてあるお店をチェックしてお問い合わせで本日の金買取単価を聞いて比較するのが良いでしょう。

 

ですが電話だけだとわからないこともありますので電話対応も含めて対応が良いお店、気になるお店を複数決めて実際に店頭で査定してもらうのが一番オススメです。

 

実際に店頭にて査定をしてみると付加価値が付くモノがあったりプラス査定をしてもらえることも多いのでお問い合わせのみでの判断は禁物です。

 

 

 

広島で金を売るなら手数料無料の当店へ!

 

買取オフでは当日の買取相場をホームページ上に公開しており、さらには独自の査定基準により小さな宝石などの付加価値、金製品のデザイン代までプラス査定が出来ます。

 

豊富な販売ルートと独自の査定基準により業界最高価格にて対応をさせていただきますので広島で金買取の依頼を考えられている方は是非一度当店へご来店をよろしくお願いいたします。

 

 

広島県の店舗一覧

広島で金買取を依頼するなら口コミが良いお店へ!

 

広島市の中心部、広島市内の郊外、呉市、東広島市、福山市に金の買取店は数多くあり、どこのお店も「高価買取!どこよりも高く!」て書いてあるのでどこに売れば良いかわからない!と思われている方は非常に多いでしょう。

 

そんな時一番参考になるのが「口コミ」になります。

 

口コミは実際にその買取店を利用した人が投稿しているため、リアルな声が聞けるので参考になりやすく口コミを見てから来店される方も多いです。

 

今回は口コミから評判の良いお店の選び方をご紹介いたします。

 

 

グーグルで口コミを調べる

 

ネットでグーグル検索にて調べる方法になります。

グーグルにはグーグルマップ上にお店の情報を登録「マイビジネス」というサービスがあり、ほとんどのお店が登録をしています。

グーグルマップ上に表示された情報の中に口コミを投稿する事ができ、見る事もできます。

これは実際にそのお店に来店された方の口コミ投稿が見ることができ、その投稿に対して店舗から返信することもできます。

さらに口コミは5段階の☆により評価がされており一目でそのお店の評価がわかりやすくなっています。

 

信憑性がある口コミを見る

 

他にも口コミサイトがあり、店舗紹介と共に魅力などを説明しているサイトがあります。

もちろん信憑性の高いサイトもございますが、中には的外れなことが書いてあるサイトがあります。

広島市で探しているのに都会の買取店の紹介で広島に店舗がない場合や、宅配買取を進めているサイトはあまりオススメしていません。

もちろん都会のお店と買取額に差が出る場合もございますが、それは数年前までの話で近頃は地方であっても金の買取価格は都会と同様の相場となっていますのでご安心下さい!

 

<オススメの口コミサイト>

・エキテン

・ヒカカク

・ウリドキ

 

 

実際に買取店を利用した方の紹介による口コミ

 

店頭買取で多いのがご紹介によるご来店です。

 

実際に利用した方であればお店の雰囲気も含め事細かに聞けることから参考になります。

 

金を売ろうと迷われている方は一度回りの友人や知人、家族に一度聞いてみて、もし金の買取を使用したことがある方に体験談を聞くのも良いでしょう。

 

 

まとめ

 

口コミは実際に利用した方が感じる意見が多く参考になりやすいので来店前に一度お調べすることをオススメします。

その上で気になるお店を2~3店舗決めて、比較して売るのが間違いない売り方といえるでしょう!

 

 

広島で金買取ならお任せ下さい!

 

買取オフは広島県内5店舗展開中の金買取には自信があります。

広島が地元の買取店となっており地元広島では負けない買取価格と接客にて対応をさせていただきます。

小さなダイヤや価値ある宝石、製品のデザインまで全てプラス査定!

広島で金買取を迷われたら是非一度ご相談下さいませ!

 

広島県の店舗一覧

金買取|インゴット買取と購入について

 

インゴット

 

世界経済が不安定の中、円やドルに代わる安全資産としてインゴットに注目が集まっています。世界的に株価が大暴落していたときも、インゴットの価格が安定していたことは記憶に新しいかもしれません。しかも金の価値は貴重になっており、今後さらにインゴットの価値が上がることが予想されています。

 

今回はインゴットとは何か、またインゴットを購入する場合や買い取りに出す場合、どんなことを注意しておけばよいかを解説します。

 

インゴットとは?

インゴットとは、簡単にいえば金塊のことです。金は「無国籍通貨」と呼ばれていて、多少の変動はあるものの、株や債券のように価値が急落することなく安定していますので全世界の安全資産として利用されています。

 

インゴットには必ず刻印がされています。ブランドによって順番が違いますが、最低でも次の点が刻印されています。

 

・商標(製錬した業者の登録マーク)

・金の品位表示(金の純度)

・金の重量

・地金番号

 

これらはただのデザインではなく、買い取り価格を決める上で重要な意味をもっています。

 

インゴットの種類

インゴットは種類によって、「純度」「サイズ」「ブランド」が変わってきます。

 

純度

日本では、「純度が99.9%以上のもののみ」が純金として認められています。純度は必ずインゴットに刻印され「99.99」もしくは、「999.9」と表記されています。

 

サイズ

インゴットのサイズは、以下の9種類があります。

 

【ラージバー】

・1000g

 

【グラムバー】

・500g

 

【スモールバー】

・300g

・200g

・100g

 

【コインバー】

・50g

・20g

・10g

・5g

 

ブランド

インゴットを扱っているブランドは数多くありますが、偽物も流通していますので、「東京工業品取引所」や「LBMA(ロンドン貴金属市場協会)」など信用できる機関のお墨付きを得ているブランドの製品を購入しましょう。

 

【国内ブランド】

東京工業品取引所が認定するブランドの例

 

・三菱マテリアル

・アサヒプリテック(株)

・住友金属鉱山(株)

・田中貴金属工業(株)

・(株)徳力本店

・三井金属鉱業(株)

・日鉱金属株式会社

 

【国外ブランド】

LBMA(ロンドン貴金属市場協会)が認定するブランドの例

 

・Swiss Bank:スイス銀行(スイス)

・Degussa:デグサ社(ドイツ)

・Degussa Singaporeデグサ シンガポール(シンガポール)

・Perth Mint:オーストラリア造幣局(オーストラリア)

・Johnson Matttheyジョンソンマッセイ(香港)

 

インゴットを保有するメリット

税金面での優遇

インゴットで得た利益は、譲渡所得として確認申告を行う必要がありますが、次のような条件で課税対象となります。

 

保有期間 課税対象となる条件
保有期間が5年以内 利益から特別控除額50万円を差し引いた金額
保有期間が5年以上 利益から特別控除額50万円を差し引いた金額の50%

 

このように5年以上保有すると、課税対象となる金額が半額になります。株券のように暴落することはありませんのでできるだけ長期保有を心がけましょう。

 

株券と比較したメリット

インゴットは、株券のように大儲けするチャンスはありませんが、逆に大損することがない安定した資産です。

 

日経平均株価を見ると、過去5年だけを見ても変動幅がおよそ10,000円もあります。株券の中には、価値がほとんどゼロになってしまったものもあります。

 

一方インゴットの価格は、同じく過去5年を見ても4,500円/gを前後に、プラスマイナス1,000円以内の中であまり大きく変動していません。

 

 

現金と比較したメリット

繰り返しになりますがインゴットは、世界共通の価値がありその価格が変動することはありません。

 

しかし普段意識している人はあまり多くありませんが、日本の円も株券と同じように日々変動しています。特に米国と中国の貿易戦争が始まっている今、成り行きによっては日本円の価値も大きく変動することが予想されます。

 

こういった不安定な状況の中、改めて安定しているインゴットの価値が見直されています。

 

金貨と比較したメリット

金貨もインゴットと同様安定した資産として注目を浴びていますが、インゴットは金貨に比べて、手数料が割安であるというメリットがあります。一方金貨は、インゴットよりも少額から購入でき、サイズが小さいので小さな金庫でも保管が可能であるというメリットがあります。

 

最初に金投資を少額から始めたいという人は、金貨をオススメしますが安定した資産を大量貯蓄しておきたいという人は、インゴットをオススメします。

 

インゴットの購入方法

インゴットは、次の方法で購入することができます。

 

  • 店頭
  • 電話
  • インターネット

 

それぞれを、国内安心ブランドである、三菱マテリアル株式会社を例にして紹介します。

 

店頭で購入する方法

わざわざ足を運んで店頭でインゴットを購入するメリットは、店にいるインゴットのエキスパートと相談しながら、実物を見て購入できるというところにあります。特に三菱マテリアルは熟練したスタッフが丁寧に説明してくれますので、初めてインゴットを購入するという人は、出来れば店頭に直接言って、購入前にいろいろ相談してみてください。

 

また店頭では、インゴットの購入制限がありませんので大量購入したい場合は必然的に店頭に訪れる必要があるでしょう。

 

三菱マテリアルは、全国主要5箇所(東京、仙台、名古屋、大阪、福岡)にありますので、お近くのショップに行ってみてください。

 

店名 ゴールドショップ三菱 東京・丸の内店
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル1F
電話番号 03-5252-5212
営業時間/定休日 午前 10:00~午後 5:00 / 日曜・祝日
最寄駅 JR有楽町駅(国際フォーラム口)より徒歩4分
地下鉄二重橋前駅 (B7出口)より徒歩2分
駐車場 新東京ビル地下2F
お取引いただいた方に1時間 無料券サービス

 

店名 ゴールドショップ三菱 仙台店
所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-1-25 東二番丁スクエア12F
電話番号 022-711-5751
営業時間/定休日 午前 10:00~午後 5:00/土・日・祝日
最寄駅 地下鉄広瀬通駅(西6番出口)より徒歩2分
駐車場 ブラザービル(リパーク)駐車場
お取引いただいた方に無料券サービス

 

店名 ゴールドショップ三菱 名古屋店
所在地 〒460-0003 名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル14F
電話番号 052-223-8511
営業時間/定休日 午前 10:00~午後 5:00/土・日・祝日
最寄駅 市営地下鉄桜通線・鶴舞線丸の内駅(5番出口)より徒歩1分
駐車場 錦パークビル立体駐車場(大型車は三井リパーク錦第25駐車場)
お取引いただいた方に無料券サービス

 

店名 ゴールドショップ三菱 大阪店
所在地 〒530-6001 大阪市北区天満橋 1-8-30 OAPタワー1F
電話番号 06-6356-5014
営業時間/定休日 午前 10:00~午後 5:00/日曜・祝日
最寄駅 JR桜ノ宮駅(西口)より徒歩7分
駐車場 OAPタワービル地下駐車場
お取引いただいた方に平日2時間、土曜日4時間の無料券サービス

 

店名 ゴールドショップ三菱 福岡店
所在地 〒810-0073 福岡市中央区舞鶴 1-1-3 リクルート天神ビル6F
電話番号 092-717-2678
営業時間/定休日 午前 10:00~午後 5:00/土・日・祝日
最寄駅 地下鉄天神駅(1番出口)より徒歩3分
天神地下街(西1出口)より徒歩4分
駐車場 なし(お近くのパーキングをご利用ください)

 

電話での購入方法

20kg以下に限り、インゴットは電話で購入することができます。店頭に足を運ぶ必要がないので、近くにショップがない方にオススメです。

 

下記のステップで、インゴットを購入することができます。

 

  1. 1.電話する。フリーダイヤル0120-45-3214 受付時間:10:00~17:00(日曜・祝日除く)
  2. 2.購入するインゴットの本数、種類、サイズを決める。
  3. 3.購入金額が提示されるので同意する
  4. 4.名前、住所、生年月日、電話番号を伝える
  5. 5.購入代金を以下の口座に振り込む
振込先

 

三菱UFJ銀行 本店 当座0914278 三菱マテリアル株式会社
振込期限 注文量が10kg以下 ご契約の翌営業日 午前中まで
注文量が10kg超20kg以下 ご契約の当日 午後2:00まで
  1. 入金確認後、発送が完了

 

インターネットで購入する

インゴットは、インターネットでも購入することもできます。一番手軽な方法で下記のサイトでクレジットカードを通して購入すれば商品がすぐに届きます。

 

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB+%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88/

 

インターネットで購入する場合、懸念されるのが偽物の可能性があるということです。この点を、楽天市場に問い合わせましたら次のような返答が返ってきました。

 

「お問合せをいただきました商品はブランド商品ではないため、誠に恐れいりますが、

ブランド補償申請の窓口では対応できかねる商品でございます。

 

しかしながら、楽天市場にてご購入後の商品に問題があるとのことで、商品の返品を

ご希望の場合は、楽天あんしんショッピングサービスにて確認させていただきます。」

 

つまり楽天市場でインゴットを購入した場合、1回あたり最大30万円を保証してくれる「ブランド保証」の対象にはなりませんが、商品の返品については考慮してくれるということだそうです。

 

このように、わずかばかりはリスクがありますが、スマホがあれば24時間いつでもどこでも購入できるので忙しい方にはオススメです。

 

インゴットを買取に出すときの注意点

1回200万円を超える時は本人確認書類が必要

所得税法第225条第1項第14号により、一度の取引で換金額が200万円を超えると、「支払調書」を提出しなければならないことになっていますので、本人確認書類の提出が必要になります。必要な情報は以下の通りです。

 

・氏名

・住所

・マイナンバー

・インゴットの種類、重量、数量

・支払金額

・支払確定年月日

 

これらは書類を作成するために必要な情報なので、を求められても怪しまなくても大丈夫です。

 

総重量500グラム未満の場合は貴金属店へ

インゴットの総重量が500グラム未満の場合、ほとんどの場合手数料のかからない貴金属店に持っていくことをオススメします。

 

インゴットを購入する場合は三菱マテリアルをオススメしていますが、買取に出すときは以下のように手数料がかかるからです。

金地金 販売手数料(消費税込み)
5g、10g、20g 1本につき3,240円
100g 1本につき5,400円
500g、1kg 無料

 

例えばもし400gの場合、手数料だけでも21,600円も引かれてしまいますので、貴金属店のほうが高値で買い取ってもらえることになるでしょう。

 

<h3>業者によって買い取り価格が変わることを覚えておく </h3>

インゴットは、買い取り業者によって価格が変わりますので、複数の業者に見積もりを出すことをオススメします。

 

インゴットは、数十万~数百万という高額な買取になりますので、1gの価格が最終的に大きな金額なります。最低でも3社は見積もりを出して、あなたが納得のいく金額で買い取ってもらうようにしておきましょう。

 

インゴットを売ると税金はどうなる?

インゴットを売る時にかかる税金は、保有期間によって異なります。

 

インゴット保有期間が5年以内の譲渡所得額(短期) 譲渡価格(売却価格)-取得費・譲渡費用(購入価格+手数料)-特別控除額(50万円)
インゴット保有期間が5年以上の譲渡所得額(長期) {譲渡価格(売却価格)-取得費・譲渡費用(購入価格+手数料)-特別控除額(50万円)}×1/2

 

このように、インゴットは保有期間に関わらず取引額が50万円以内だったら納税義務はなくなりますので、インゴットを売る前に計算しておきましょう。もし高額になるようでしたら、税務著に相談しておくことをオススメします。

 

【まとめ】

インゴットは、保有することのデメリットが非常に少ない安定した資産です。ただし、偽物も出回っていますので注意が必要です。購入する場合は、三菱マテリアルのような安心できる店で購入し、買取に出す場合は、複数の業者に見積もってもらってできるだけ高い業者に買い取ってもらうようにしておきましょう。

 

この機会にあなたの将来に備えて、また次の世代に安定した資産を残せる、インゴットの購入を検討してみることをオススメします。

 

 

金買取にかかる手数料と手数料無料のお店とは!?

 

金を高く売りたい!少しでも高く売るために手数料無料の買取店に依頼をしたいと思われている方が多くいると思われます。もちろん金買取の際は手数料がかからない買取店に売る方が断然お得です!

ですが金買取の手数料無料をお店のホームページで記載がしてあっても相場通りの査定額を提示してもらえない場合もありますので、今回は金買取における手数料や金買取の仕組みを解説致します。

 

金買取に手数料がかかる理由

 

手数料を利益とするため

通常の買取店では買取後に貴金属買取業者に売却することで利益が出ます。

簡単に説明すると通常の買取店では金を買取後、貴金属買取業者にその日の相場で売却することができ、貴金属買取業者に売却した差額が買取店の儲けとなる仕組みです。

ですので金をお持ち込みした買取店で「買取の際に手数料がかかる」「目減り分を引かせてもらう」という名目で手数料を取るお店は金の買取はそこまで強くないと言えるでしょう。

 

実際には手数料がどれくらいかかる!?

 

手数料は買取店により異なる。

手数料は買取店で自由に決める事ができますので手数料は異なります。

多くのケースが10%前後を手数料として設定しているお店が多いですが、郊外型のお店や個人店では20%~30%の手数料を設定しているお店も数多くあります。

また全ての買取店が手数料を取っている訳ではなく、中には本当に手数料無料の買取店もありますし、近頃増えてきているのが大手貴金属買取業者よりも高い金額で買取をしてもらえるお店もあります。

 

グラム数により手数料が変動するお店もある

 

金買取の時に一番重要となるのが重量ですが、重量があれば査定額も高額になる事からグラム数による変動式に手数料が変わるお店もございます。

それはなぜかというと、グラム数が多い方が一度に得れる利益が多いためグラム数がある貴金属が手数料が安くなる傾向にあります。

 

~例~

18金のリング    当日相場¥3,500 3.5g 手数料40% グラム単価¥2,100

18金ブレスレット  当日相場¥3,500 50g  手数料25% グラム単価¥2,625

18金ネックレス  当日相場¥3,500 150g 手数料10% グラム単価¥3,150

 

どのようにして金の買取額は決まる!?

 

金買取は当日の相場と重量が重要となっており、重量により買取金額が決まり、手数料も決まります。

当日の相場は大手貴金属買取業者のホームページにて金種別の買取相場が確認できますので金を売る際は事前にチェックしておくと良いでしょう!

 

<一般的な金の買取額計算方法>

当日の相場×重量=買取金額

 

≪大手貴金属買取業者≫

 

・田中貴金属

日本では最大手の貴金属業者で一般のお客さんにインゴットや金貨、その他金の販売をしていますが買取店からは貴金属の買取は原則行っていません。

全国各地に田中貴金属特約店もあり、一般のお客さんでも金の買取をしていますが、手数料が5%~8%程かかります。

インゴットの買取の際も手数料がかかり、その手数料は重量により異なります。

 

ホームページはコチラ→https://gold.tanaka.co.jp/index.php

 

・ネットジャパン

買取店はネットジャパンに売却することが多く、こちらのホームページにて当日の相場が確認できます。

貴金属やダイヤがメインですが時計やブランドジュエリーの買取も行っており総合的に支持されている貴金属買取業者です。

 

ホームページはコチラ→https://www.net-japan.co.jp/

 

 

・日本マテリアル

ネットジャパンと同様に買取店に人気なのが日本マテリアルです。

ネットジャパンは自社製錬技術はもっていないのに対し、日本マテリアルは自社にて貴金属の精製・分析技術をする為、様々な融通も利くことから買取店に支持されています。

 

ホームページはコチラ→https://www.material.co.jp/

 

 

 

手数料がかからない買取店は逆に危険!?

 

これまでの開設を読んでいく上で「手数料がかからないお店を選べばいいの!?」と思われた方も多いと思います。・・・・必ずしもそうではございません!

手数料がかからないというお店でも金のグラム単価を相場より安く設定しているお店もあるからです。

金のグラム単価を安くすることにより「手数料は無料」ですが買取金額が相場よりも安いというになります。

 

≪実例≫

手数料がかかるお店・・・当日相場¥3,500 手数料10% グラム単価¥3,150

手数料無料のお店・・・・当日相場¥3,500 手数料0%  グラム単価¥3,000

※手数料無料のお店ではグラム単価を安く設定している場合があります。

 

上記のことが考えられる事から必ずしも手数料無料が良い事とは言い切れません。

 

 

高く買取してくれるお店の見つけ方!

 

金を少しでも高く売るために以下の事をチェックする必要があります。

 

当日の相場を確認する

金を売る時は必ずその日の相場を確認する事をオススメします。

当日の相場をご自身で確認していないと安い査定額を提示された場合や手数料が発生したときに安い事に気づかず買い叩かれてしまう事があります。

 

お店のグラム単価を聞く

インターネットなどで調べて気になる買取店があればまず電話で金のグラム単価を聞くといいでしょう。ですが電話で聞くよりも実際にお持ち込みして査定の際にグラム単価を聞くのもオススメで、対応が良い査定員であればグラム単価を頑張ってくれることもあります。

 

手数料の有無を確認する

手数料の有無の確認も必ず必要となります。

ホームページで手数料の有無は確認は出来ますが念のため査定員に確認した方が良いです。

 

査定方法を知る

 

買取店は独自の査定システムを取り入れているお店も多くそれにより高額な金額を提示してもらえる場合もあります。

ホームページで査定方法や査定システムが記載されているお店もあるのでその場合は必ずチェックするようにしましょう!

ここで一般の買取店と当店の査定システムを比較してみます。

≪買取システム比較≫

 

一般的な買取店

当日相場×グラム数(重量)-手数料(利益)=買取金額

 

当店「買取オフ」

当日相場×グラム数(重要)+付加価値(宝石など)+デザイン性=買取金額

 

当店は相場と重量の他に付加価値やデザイン性まで評価して買取金額にプラスさせていただいております。

評価基準は買取店により様々なので変わった査定基準を取り入れているお店があれば一度査定をしてもらうのも良いと思われます。

 

 

まとめ

現在金買取を行っている買取店は数多くあり様々な基準により買取金額が決まります。

少しでも高く売りたいと方は相場を把握した上で複数店舗比較した上で売却するお店を決めるといいでしょう!

金の買取をメインに取り扱いしている≪買取オフ≫では独自の査定基準があり、小さなダイヤモンドや宝石、デザイン性など付加価値を評価しますのでより高価買取が出来る可能性があります。

金を売ろうと考えられている方は是非一度買取オフにご相談下さいませ!

 

買取オフ広島県の店舗一覧

 

 

金・プラチナの相場更新|広島で金の買取なら

広島で金・プラチナの買取の事なら買取オフへお任せ下さい!

買取オフは広島で5店舗展開しており、地元広島ではどこにも負けないよう頑張らせていただいております。

金の買取で重要となるのが重量とデザイン性になり、重量はもちろん相場マックスの業者価格で計算をし、デザイン性に関しましては買取オフ独自の査定基準により鑑定の上プラス査定をさせていただきます。

2018年9月18日最新の金・プラチナの買取相場を更新致します!

3連休明けの相場は金-26円|プラチナ-48円でスタートしました。

本日の買取相場

※2018年09月18日 09:30

  • 金インゴット
  • 4,614円/g
  • 前日比/-26円

  • プラチナインゴット
  • 3,051円/g
  • 前日比/-48円

金の買取相場

K24(純度100%) 4,545円/g
K22(純度91.6%) 4,106円/g
K21.6(純度90%) 4,060円/g
K20(純度83.5%) 3,765円/g
K18(純度75%) 3,461円/g
K14(純度58.5) 2,584円/g
K10(純度41.7%) 1,809円/g
K9(純度37.5%) 1,615円/g

プラチナの買取相場

PT1000(純度100%) 3,005円/g
PT950(純度95%) 2,853円/g
PT900(純度90%) 2,743円/g
PT850(純度85%) 2,590円/g

コンビの買取相場

K18/PT900(5:5) 3,057円/g
K18/PT850(5:5) 2,981円/g

広島県の店舗一覧

金を買取に出すときに消費税はかかる!?金の売るときの税金について

金を買取に出すときに消費税はかかる!?金の売るときの税金について

 

金を買取に出すときに、消費税がかかるのかどうか気になりますよね。消費税が8%に引き上げられ、決して安い税金ではありません。金を買取に出す場合少しでもお得に出せた方が嬉しいですよね。そんな金の消費税について調べてみました。金の買取を検討している方は消費税の額によっても買取に出す時期を検討してみるといいのではないでしょうか。

 

 

金の買取に消費税はかかるの?

金の買取に消費税がかかるかどうか気になるところですよね。祖父母から引き継いだもので、金の価値などの知識をよく知らないなんて人もいるかもしれません。

 

金を購入する時に消費税がかかり、購入する側はそれを支払う義務が発生します。例えば金を購入した時も、顧客は事業者に対して金そのものの値段と一緒に消費税を支払っています。そのため金を買取に出すのであれば消費税の支払いは誰になるのでしょうか?

 

それは買取店側になり、国に納税する義務が発生します。正しく支払いができていないと処罰の対象になりますので、必ず消費税を申告し納めなくてはなりません。金を買取に出した側はどうなるのでしょうか。

 

買取店から支払われた消費税は国に納税する義務がありますが、これは法人や個人事業主に限った話になりますので、個人の所有物である金を買取に出したからといって消費税の支払いは発生しません。また個人事業主の場合は1,000万円以下の場合は免除になります。

 

 

消費税の変化によって儲かる場合もある?

消費税は常に一律ではありませんよね。今は8%の消費税も以前は3%の時代もありましたし、これから10%になるともいわれています。小さな値段の買い物であればあまり気にならない消費税も、金のように大きな買い物になるとその変化によって損得が出てしまうのか気になるところです。

 

消費税が購入時よりも上がっていれば、その差額で少しだけ儲けることはできなくはありません。ただし金の相場が一律であればの話になります。金の相場も日に日に変化していますので、金を購入した時と同額もしくは高くなっていれば儲かるかもしれませんが、それよりも安くなっていれば儲からない場合もあります。

 

金の相場と消費税の両方が上がっているタイミングを…と考えてもそううまくいかないケースのほうが多いのです。そのため、実際には損をしてしまったなんて話も耳にします。

 

 

金で利益を得たときは確定申告が必要

金の買取などで実際に利益を得た場合は、翌年の2月16日~3月15日までの間に、他の所得と合わせて確定申告を行う必要があります。確定申告に必要な書類もありますので、この期間よりも前から準備をし始めるのをおすすめします。

 

ぎりぎりの日程になってしまうと、申告期日内に間に合わなくなってしまうこともあります。郵送やインターネットなどの申請方法も選べますし、自分で手続きをしても税理士に依頼しても問題ありません。

 

金の買取で利益が出た場合は、申告の義務がありますので忘れないようにしてくださいね。もし故意に申告しなかった場合は調査が入ってしまい、高額な税金の支払い義務が発生することもあります。

 

金の買取にかかる消費税について説明しました。金を所持している以上その価値や最低限の知識くを知っていないと買取で損をしてしまう可能性があります。もし金の買取のタイミングで迷っているのであれば、実際に相場などを確認したうえで今の金額ならと思えるタイミングで買取に出すようにしましょう。

 

また金ので利益を得たときは必ず申告しておきましょう。金は相場によって変動しやすいので、金の価値が高いタイミングを見計らっておくのはすこしでも高い利益にも繋がりますので、忘れないようにしてくださいね。

金の買取時に注意すべき点一覧!

 

 

金は安定して価値の高いものなので、買取を行っている業者も多くどこの業者に買取を依頼しようか迷ってしまう人もいるのではないでしょか。なかには業者の中にも悪質な詐欺をはたらくような人もいますし、業者の選び方を間違えてしまうと買取で大きな損をしてしまうこともあります。金を買取に出す際は事前に調べるなど必ず準備をした上でタイミングを見ながら買取に出すようにしましょう。金の買取時の注意点を説明します。

 

 

金の買取業者を選ぶ時の注意点

 

金の買取業者を選ぶときにどんなポイントに注意をしたらいいのか迷いますよね。何度も買取業者を利用したことがある人ならなんとなくは知っているので、高い価値のある金でも買取に出すのは心配ないかもしれませんが初めて買取業者を利用する人はもちろん、金のように高価なものだからこそ少しでも高い価格帯で買取をして欲しいと希望する人もいます。買取業者の注意ポイントについて具体的に説明します。

 

手数料の有無

 

買取業者には必ず手数料が発生します。これは業者が自由に決められるお金でもあるのですが、一般的には2~3割程度が適正だと言われています。ただし金の価格を安く設定している業者もいれば、何かと理由を付けて手数料を高く請求してくる業者もいます。買取業者を選ぶときは本当に妥当な手数料なのかどうか判断できるようにしておきましょう。

 

査定の技術

 

金はとても高価なものなので買取に持っていって査定の金額が出る前に、目の前からバックヤードなどの裏に持っていく、他のスタッフとこそこそ相談しているなど高い価値のある金だからこそ不安になりますよね。誰だって買取額が出るまでは不安になります。そういったお客さまの気持ちを理解できること、査定方法も的確で無駄な動きがないなど「査定の技術」はその買取店によって大きな差が出ます。

 

金の買取実績が豊富

 

金の価値はその経験が豊富な人でないと見分けることができません。ただ相場だけを見て買取額を決めてしまう場合や、豊富な経験やノウハウのないスタッフだと、査定結果に納得できないケースもあります。在籍している鑑定士のスキルが高い場所で買取に出せるのが一番ですので、過去の買取実績数が多いところを選びましょう。

 

 

金を買取に出す前に知っておきたい注意点

 

金の相場は実は毎日変動しているのを知っていますか?その時の需要と供給のバランスによって変化するものでもあるのですが、買取業者の価格は「現物市場」の相場をもとにしています。買取業者で買収された金は精製や溶解・さらに加工されて地金になり市場で取引される流れになっています。金の相場は毎日の新聞で確認することができます。

 

新聞によって表示方法が変わりますが価格については新聞によって変わることがありません。他にも金の買取業者のHPで確認することもできます。公開していないときは電話で問い合わせをすると教えてくれます。電話での回答ができませんと言われてしまった場合は、その業者はあまり信用できない場合もあります。

 

もしくは相場よりも安く買取をしようとしているなど、あまり信用できる業者ではありません。金の買取に出す前にまずは相場を確認してからその価値が損することがないかどうか、確認して買取に出すようにしましょう。

 

金の買取に出す際の注意点についてご紹介いたしました。金のように高い価値がある大切なものだからこそ買取で損をしないように業者選びは慎重に行いましょう。また買取額だけでなく最後まで気持ちよく取引ができる業者を選ぶことが大切です。

 

金を買取に出して良かったと思える業者に依頼できるようにしてくださいね。金の買取の注意点について、まずはしっかりと把握した上で業者に依頼しましょう!

金の買取で被害に合わない為のポイント

 

 

金買取の被害件数は年々増加しています。特に買取方法が多様化した現代は店舗買取だけでなく郵送や宅配買取・出張買取など種類が多く、買取に慣れていない人が被害に合いやすくなってしまっているのです。「私は買取の被害なんて大丈夫!」と思っている人に限って、なにか大きなトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。金の買取で被害に合わないためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

金の買取で被害は増えている

金の買取被害といっても昔のようなシンプルなものではなく新たな手法を用いて、犯罪を行う人が増えています。実際に国民生活センターには金の買取被害にあった人たちから日々相談を受ける場所でもあるのですが、2008年には100件もなかった金などの貴金属の買取被害が、今や2000件~3000件もの被害が出ており、急激に増加しています。

 

相談をしている頃には被害にあっていることになりますし、なかにはそこから金を取り戻せる人もいればそのまま泣き寝入りをしなければいけないケースもあります。金の買取被害にあったのを誰にも相談できない人もいるので、実際にはもっと多い件数になるのかもしれません。実際に金の買取被害に合っているのはほぼ高齢者だといいます。

 

1人で生活している独居の方や、資産は持っているけど親族が近くに住んでおらず認知症などを患っている人が狙われます。若い人だとインターネットなどを使い、金の相場を瞬時に出すこともできるのですが高齢者になるとインターネットも使えない人が多いので、金の相場すらも騙されてしまうのです。

 

 

金の買取被害に合わない為のポイント

 

金の買い取り被害に合わない為にはいくつかポイントがあります。金をたくさん持っていて詐欺被害を見抜けるか不安…そんな人にこそ覚えておいて欲しいポイントです。

 

定期的な家族の訪問

買取詐欺被害の多い高齢者が巻き込まれてしまわないようにするには、家族がこまめに家に遊びに来るなど様子を見ることが大切です。家族が遠方に住んでいる場合は、近所の人との交流を持つようにして、なんでも1人で判断しないようにしましょう。また、電話などで買取詐欺を防止する場合は、留守番電話を設定しておくのが効果的です。留守電につながれば証拠が残ってしまうので、詐欺を防ぐことに繋がりますし電話に出る前に相手が誰か考える余裕もあります。自宅の電話はできるだけ留守番電話にしておきましょう。

金などの貴金属の詐欺がいることを知る

貴金属を狙った詐欺があることを知っておきましょう。急な押しかけや強引な買取、不用品回収という名目で家に上がり込んで買取を行うなどどこに詐欺がいるかはわかりません。金の詐欺被害はどんな場合があるのか、また金を持っていることを安易にまわりに話してしまわないように注意しましょう。狙われる原因を自ら作り出していることになります。本当のお金持ちは身なりを派手にしないともいいますし、金は隠して置くことが大切です。

怪しい買取業者を見抜く

自宅に訪問してきた買取業者がいて名刺を提示されてもすぐには信用しないでください。優良な買取業者は必ず事務所を構えている場合が多いのですが、「所在不明」や「固定電話」などがない、買取業者も存在します。買取をする場合は「古物商」の許可が必要ですがそういった許可を取っていない場合もあります。怪しい買取業者を見抜ける目を持ちましょう。

 

金の買取被害はけっして他人事ではありません。それだけ価値のあるものだからこそ狙われてしまうのですが、買取詐欺などは被害にあっても取り返せない場合も多いので自分の金は自分で守るつもりで被害に合わないように注意しましょう。金の買取被害が増えているのを忘れないでくださいね。

 

金買取の悪徳買取業者とは!?

 

金の買取業者の中には安心して任せられる優良な業者もいれば、残念ながら悪質な業者も数多く存在しています。一昔前は特にそういった悪質な業者も多く問題になりましたが、実は今でもその手の悪質業者は存在しています。急な押しかけや訪問で金を相場よりも格安価格で買い取ろうとしてきますので、金を持っている人は注意したほうがいいでしょう。

 

 

金の悪質な買取業者とは?

本来買取を依頼する場合、インターネットや電話などで問い合わせをして見積額を出してもらったうえで買取をお願いしはじめて家に業者の人が来ます。

 

中には自宅に来てから査定してもらい見積額を出す場合もありますが、必ず依頼したうえで業者が来ているはずです。本来買取業者が客の依頼なしに自宅まで出張買取に来ることはありません。

 

ですが悪質な買取業者になるとアポなしで急に自宅に訪れたり、電話営業などで「不用品を買い取ります」と話してくるのです。最初は金ではなく自宅にある不用品を目的で自宅に訪れるのですが、本来の目的は貴金属になりますので、「一緒に買い取りに出すとお得です」などの理由をつけて買い取ろうとします。

 

ちょっと怪しいなと思って断ったとしても「絶対にあるので探してみてくださいよ」などの理由をつけて食い下がりません。あまりにしつこい場合は、警察を呼ぶなりしないと、ずっと家に居座り貴金属を出すまで帰ってくれない場合もあるのです。

 

悪質業者はとにかくこういったケースのプロになりますので、言葉巧みにだまそうとしてきます。ああ言えばこう言うではありませんが、金の相場を知らない人だと簡単にだまされてしまうのです。

 

悪質な業者は金についての相場を知らない高齢者を狙ってきます。インターネットで検索すると調べられるのを知らないので、金の相場をだまして買取させやすいのです。実際の相場よりも1グラムで計算したときに半額程度の価値を提示してくる場合もあり、だまされて買取に出してしまうケースも多いのです。

 

 

悪質買取業者を見分ける方法は?

悪質な買取業者を見分ける方法として、家のポストに入っているチラシなどの「無料回収」は絶対に信用しないでください。そもそも不用品を処分するのに必ずお金がかかりますので、実際に荷物を積んでから高額なお金を請求してくる悪質業者もいます。目的が別にある場合も多く、無料に食いついてしまうと後々大きな損をすることになります。また「今だけ」「限定」「特別」などのフレーズを伝えてくる業者は、いつでもどこでも同じことを言って、金の買取をしている可能性が高く、考える時間も与えないような営業方法は信用してはいけません。

 

また名刺をもらったけど、名刺に携帯番号しか記載されておらず住所や固定電話などの記載がない、所在地がはっきりとしない業者は信用してはいけません。個人営業で買取をしている場合もありますが、悪質なケースも多く安易に信用するのはやめましょう。また、公式HPなどを確認してみて、優良な買取業者であれば必ずHPがありますので、これらのない業者は悪質な可能性があると考えるようにしましょう。

 

もし帰ってくれない場合は「警察を呼びますよ」や「主人がそろそろ帰ってくるので相談してみます」などと伝えて、すぐには買取を決めないようにしましょう。

 

 

昔に比べて悪質業者は減ってはいますが、なかには同様の手口を繰り返している業者も少なくありません。そもそも急に自宅に訪ねてくる業者なんて悪質以外に考えられませんので、少しでもおかしいなと思う気持ちも大切です。金は大切な資産だからこそ、悪質業者ではなく本当に信用できる業者に売りたいものですよね。冷静に判断する気持ちも大切です。

 

 

 

金の買取詐欺とは!?金を売る前にチェック

 

金は世の中の情勢にかかわらずその価値が安定しているものでもありますね。そんな金を買取に出す際に注意してほしいのは詐欺被害です。詐欺の種類も年々悪質になり巧妙化していますので、金の買取を検討している人は損をしないように、金の買取で被害にあわないように気を付けなくてはいけません。

 

 

金の買取詐欺とは?

 

金の買取詐欺は明らかにおかしいなと思えるものもあれば、言葉巧みにだましてしまう業者もいます。少しでもおかしいな?と思う点があれば、そのまま買取に出さずに一度考え検討する時間を作ることも大切です。具体的にはどんな詐欺があるのか紹介します。

押しかけ訪問

 

急に自宅に金の買取業者と名乗る人が訪問してきて、強引に金の買取を迫る押しかけ訪問買取は急に訪問してくるので考え検討する時間もなく買取を決めることになります。「今買取に出さないと損します」「買取額UP中ですのでチャンスですよ」などとすぐに買取を決めさせようとします。また金の状態に何かと理由をつけて「状態が悪いのでクリーニングが必要です」などの理由をつけて、実際の相場よりも安く買い取る場合がほとんどです。自宅に一人でいる日中の時間帯などに来ることが多く、だまされてしまう人も多い詐欺です。

貴金属テスター

 

買取業者などが使用する本物に当てると音がなる機器のことです。金が宝石などの目利きの際に使用します。ただ素人からするとその使い方なんてわからないものですよね。例えば「偽物だけに反応して音が鳴ります」と言われたら信じてしまいますよね。この金は偽物ですが今なら特別に買取します。なんて言葉に騙されてしまうこともあるのです。

大手の買取業者を名乗る

 

誰もが一度は耳にしたことのあるような大手の買取業者を名乗ってお客を安心させて、相場よりも安い価格で金を買い取ろうとする詐欺もあります。大手の買取業者にいわれると金はその程度の価値なのかなと思ってしまいます。名刺なども偽造していますので、もし少しでもおかしいなと思ったときは、お店の住所や身分証明書などを提示させて、本当に買取業者なのかどうか確認してみましょう。

 

 

金の買取詐欺にあわないためには?

 

金の買取詐欺はいつあなたのお家にやってくるかはわかりません。もちろん店舗に持ち込んで買取を依頼する場合も、相場よりも安い価格帯で見積もりを出してくる場合もありますし、詐欺にあわないとはいいきれませんが、金の買取詐欺にあわないための方法を紹介しますね。

即決しない

 

金を買取に出すときは、何件か見積もりを取り相場感やその中でも特に金額の高い店舗に買取を依頼するようにしましょう。買取業者に今だから買取額UPしています!といわれてもそれをうのみにしないことです。自分の目で比較したうえで納得できる業者に買取を依頼しましょう。

金の相場を確認

 

インターネットなどで金の相場を定期的に確認しておきましょう。金の価値は下がりにくいとは言われていますが、多少の変動はあります。世界中の市場で取引されていますので、常時チェックしておくことで、買取詐欺にあうのを防ぐことができます。

店舗買取を選ぶ

 

店舗買取の場合は実際に目の前で鑑定し、軽量の数字などを見せてくれます。相場なども詳しい店舗を選ぶと、金の買取額を損する心配もなくなります。もし店舗買取でも、裏にいってこそこそしているような業者はおすすめしません。また店舗買取に行くときは1人ではなく2人以上で行くと安心です。

 

金の買取詐欺は決して珍しいことではありません。特に高齢者が狙われやすく、金の買取で損をしてしまう人もいます。詐欺にあわないためにできることを今から実践してみてくださいね。