MENU

iPhoneはSIMフリーにして売った方がお得な3つの理由

 

 

iPhoneはSIMフリーにして売った方がお得な3つの理由

皆さんは、どのキャリアのiPhoneを使っていますか?

 

iPhoneを売る前に、一点確認してほしいことがあります。それは、iPhoneがSIMフリーかどうかということです。

 

今回は、SIMフリーにして売った方がお得な理由について書きます。

 

SIMフリーiPhoneの方が価値が高い

 

理由その1:高く売れる

SIMフリーとキャリアでは1〜2万円の差になることがあります。

 

SIMフリーのiPhoneは、キャリアを問わず好きな会社と契約でき、今話題の格安SIMや海外の現地SIMなどが使えるので選択肢の幅が広がります。

 

iPhoneのモデルや商品状態によって違うものの、基本的にSIMフリーとキャリアのiPhoneでは商品価値が大きく異なり、SIMフリー端末の方が高く売れます。

 

例えば、最新機種「iPhoneX」だと、モデルによっては2万円もの差が出ることもあり、同じiPhoneを売るならSIMフリーにしてから売った方が何倍もお得なのです。

 

その他のモデルでも、SIMフリーの方が中古販売価格が高いので、iPhoneを売る際はできるだけSIMフリーの状態にして買い取ってもらいたいものです。

 

これが、SIMフリーにして売るべき最も大きな理由です。

 

理由その2:ほとんどの格安SIMが使える

高く売れるということはそれだけ需要が高いということです。

 

毎月の料金をキャリアの半分以下に抑えられる「格安SIM」の人気が年々高まっています。

 

Docomo系、au系、そしてSoftBank系の格安SIMがありますが、SIMフリーなら基本的にどれでも利用可能です。

 

格安SIMはDocomo系が多いので、DocomoのiPhoneであればほとんどの格安SIMが使えますが、auやSoftBankのiPhoneだとそうはいきません。

 

理由その3:SIMフリーにするのに費用はかからない

キャリアにSIMロック解除をしてもらう際、店頭に持ち込むと解除料がかかりますが、オンラインで行うと費用は一切かかりません。

 

また、インターネットさえあれば時間や場所に関係なくSIMロック解除が可能なので、せっかく高く売れるのならSIMフリーにしない理由は見当たりません。

 

キャリアのiPhoneとたった数分かけてSIMロック解除したiPhone、ほんの少しの差が数万円もの差になるかもしれません。

 

たとえ、今すぐに売る予定がない人でも、SIMロック解除はした方がいいでしょう。

 

というのも、SIMロック解除をしても今使っているキャリアは問題なく利用できるので、忘れないうちにやっておきたいです。

 

キャリアのSIMロック解除の注意点

最後に、iPhoneのSIMロック解除の手順をまとめました。

 

まず、手元にあるiPhoneがSIMロック解除に対応しているか確認します。

 

SIMロック解除できるのは、2015年5月以降に発売された機種で、SIMロック解除に対応しているモデルのみです。

 

そのため、全てのiPhoneでSIMロック解除ができるということではありません。

 

具体的には、

・iPhone6s
・iPhone6s Plus
・iPhoneSE
・iPhone7
・iPhone7 Plus
・iPhone8
・iPhone8 Plus
・iPhoneX

※iPhone6はギリギリ未対応なので、注意が必要です。

 

その他、端末を一括購入した場合は即日で、分割なら購入後100日でSIMロック解除が可能になります。

 

また、もしiPhoneを解約済みであっても、下記の条件を満たせばSIMロック解除が可能です。(Docomoの場合)

 

・SIMロック解除対応機種であること
・ネットワーク利用制限がかかっていないこと
・購入日から100日経過していること
・解約から100日経過していないこと
・利用料金の支払い実績があること
・契約者本人の購入履歴があること

 

基本的にこれらの条件を満たしていなければ、解約済みのiPhoneではSIMロック解除できません。

ただ、以下の2つの条件を満たす場合のみ、購入日から100日経過していなくてもSIMロック解除が可能です。

 

・当該回線において、過去にSIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合

・当該機種を一括払い、または分割払いでご購入し、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合

 

iPhoneを解約してから100日経過すると、キャリアではSIMロック解除ができなくなるので、注意が必要です。

 

また、解約済みの端末の場合、Docomoショップでの手続きのみとなっているので手数料3,000円(税別)かかります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、iPhoneをSIMフリーにして売った方がお得な理由についてでした。

ぜひ、この記事が皆さんの役に立てば嬉しいです。