MENU

画面割れのiPhoneが2万円に?修理して売るよりも買取がお得

 

 

画面割れのiPhoneが2万円に?修理して売るよりも買取がお得

新しくiPhoneを購入した時、前の端末はどうしていますか?画面が割れているからと放置している人もいるかもしれません。

 

実は、画面が割れていても買取可能です。今回は、そんな画面割れのiPhoneを高く売る方法をご紹介します。

 

iPhoneの画面が割れた際の選択肢は2つ

 

「落下して画面が割れた」、「後ろポケットに入れていたら割れた」など、iPhoneの画面が割れてしまった時は2つの選択肢があります。

 

・そのまま使い続ける or 修理して使う

・iPhoneを買い換える

 

そのまま使い続ける or 修理して使う

普段使っているiPhoneなので、できることなら修理してでも同じ端末を使いたいものです。大きさやデザインにこだわりがある人なら、なおさら同じ端末がいいかもしれません。

 

もし、修理せずにそのまま使うのであれば費用はかかりません。ただ、破損状態によって操作性に影響を及ぼすことがあります。

 

とは言っても、修理するとそれなりの費用がかかります。Appleで修理する際、AppleCareに加入していれば3,400円ですが、未加入なら31,800円です。(iPhoneXの場合)

 

iPhone修理業者ならもう少し安いですが、非純正品の部品を使うところもあるので注意が必要です。

 

また、インターネットで液晶画面の部品を購入して自分で修理する人もいますが、費用を最大限に抑えられる点ではいいですが、リスクが高いのでオススメしません。

 

もし、それでも自分で直したいという人は、あくまでも自己責任で行いましょう。

 

iPhoneを買い換える

そして、2つ目の選択肢はiPhoneの買い替えです。

 

特に、iPhone5sやiPhone6など古い端末を使っている人は、修理してまで古い端末を使い続ける意味は性能を考慮するとあまりないかもしれません。

 

iPhoneを買い換える際、できることなら画面割れのiPhoneを費用の足しにしたいと考える人は多いと思います。

 

画面割れのiPhoneをお金にするには

 

 

画面割れのiPhoneをお金にするには、2つ方法があります。

 

順番に詳しく解説します。

 

その1:下取りに出す

DocomoやSoftBankなどキャリアでは、使っていないiPhoneを下取りしてもらえます。最もメジャーで手軽にできる方法です。

 

ただ、欠点としては画面割れの状態によって値段が著しく下がることです。下取り価格の目安は、下取りする時期やモデルによって異なりますが、満足できる価格とは限りません。

 

そこで、オススメしたいのが次に紹介する業者に買取をしてもらう方法です。

 

その2:買取ってもらう

業者で買取をしてもらう最大のメリットは、何と言っても買取価格の高さです。

 

キャリアの下取りの2倍以上になることもあり、少なくても買取価格の方が高くなります。iPhoneの端末によっては、2〜3万円以上になることもあるとか。

 

そもそも、なぜ画面割れのiPhoneでも買取ってもらえるのでしょうか。

 

その大きな理由は、修理することができるからです。

 

iPhone修理業者なら、画面割れ程度なら簡単に直すことができ、中古品として販売できます。

 

まとめ

日本全国には、たくさんの中古買取業者が存在するので、自分のiPhoneがいくらで買取ってもらえるのか比較・検討してベストなものを選びましょう。

 

今回は、画面割れのiPhoneを高く売る方法についてでした。