MENU

分割支払い中のiPhoneでも売れるって本当?

 

分割支払い中のiPhoneでも売れるって本当?

 

ガラケーと比べて本体代金が高いiPhone、他の機種に乗り換えたくても分割支払い金が残っているので、なかなか機種変更できないという人も少なくないと思います。

 

もし、分割支払い中のiPhoneでも買取ってくれるところがあれば便利だと思いませんか?

 

今回は、分割支払い中のiPhoneを売る際に覚えておきたい知識や注意点について詳しく解説します。

 

ほとんどの人が分割で支払っている

 

iPhoneはスマートフォンの中でもかなり高額です。

 

1台、約8〜10万円ほどで、ある程度のスペックのパソコンを買えるくらいの価格です。

 

そんなとにかく高いiPhoneを購入する際、一括で支払えたらいいですが、多くの人が2年間など分割で支払っています。

 

分割で支払うと、毎月の支払い料金が抑えられるだけじゃなく、キャリアによっては大きな割引サービスが受けられることもあるので非常にお得です。

 

ただ、分割支払いのデメリットは支払いが終わるまでに2年間などある程度の時間がかかることです。

 

iPhoneは高性能なので2年くらいは問題なく使えますが、新しい機種が出ると乗り換えたくなるかもしれません。

 

分割支払い中のiPhoneは売れないと思っている人が多いですが、実は買取ってくれるショップが存在します。

 

ここからは、分割支払い中のiPhoneを売る際に知っておきたいポイントについてです。

 

赤ロム・白ロム

 

まず、前提として、分割支払い中のiPhoneを売ったからと機種代金の請求が終了するわけではありません。携帯キャリアからは完済するまで契約者に対して請求が続きます。

 

ただし、全ての人がちゃんと支払っているわけではなく、もし分割金の支払いを中断してしまった場合、それらの端末は「赤ロム」になります。

 

赤ロムでは、携帯キャリアが契約した端末に遠隔でロックをかけ、誰かが使おうとしても使えない状態になります。

 

赤ロムの端末をキャリアに持って行って契約しようとしても、通信端末として利用することはできません。

 

赤ロムに対して「白ロム」というものがあり、これは電話番号やメールアドレスなどの情報が書き込まれたSIMカードが抜き取られた状態で、再度SIMカードを挿入すれば利用可能です。

 

基本的には、白ロムなら買取してくれるところは多いですが、赤ロムになると難しくなります。

 

赤ロムか否かを調べるには、各キャリアのサイトで確認できます。×が出たらネットワーク利用制限中であり、赤ロムであることを意味します。

 

Docomo→http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

au→https://au-cs0.kddi.com/FtHome

SoftBank→https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

 

分割支払い中=赤ロムではない

 

赤ロムは、あくまでも支払い中の端末が支払い不履行になり、キャリア側からネットワーク利用制限がかけられた端末を言います。

 

そのため、必ずしも分割支払い中=赤ロムではなく、あくまでも将来、支払いがストップしたりすると赤ロムになる可能性があるということです。

 

赤ロムになると買取ってくれるショップが少なくなるので、基本的に赤ロムは買取が難しくなると考えてもらって構いません。

 

買取ってくれるショップの条件を確認

 

最近では、分割中でも買取ってくれるショップが増えました。

 

各ショップには、分割支払い中のiPhoneを買取る条件があるので、事前にしっかり確認しておきたいです。

 

例えば、分割支払いを最後まで完済すること、ネットワーク利用制限の場合でも買取完了後も常時利用できるよう維持することなどがあります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、分割支払い中のiPhoneの買取についてでした。

 

買取ってもらう際は、注意点をしっかり把握してあとでトラブルが起きないようにしたいです。