MENU

どのキャリアでも使える!iPhoneをSIMフリーにする手順

 

 

iPhoneをSIMフリーにする手順

最近、よく耳にするようになった「SIMフリー」という言葉。

 

Docomoやauなどキャリアに関係なく好きなものを使えるSIMフリーですが、皆さんはSIMフリーにする方法を知っていますか?

 

今回は、iPhoneをSIMフリーにする手順について詳しく解説します。

 

そもそもSIMフリーとは?

 

SIMフリーは、SIMロックのかかっていない端末のことです。SIMフリー端末なら、国内の格安SIMはもちろんのこと、海外でも現地のSIMが利用できます。

 

例えば、海外旅行する際、日本で購入したiPhoneであってもそのまま現地のSIMカードを挿入すると利用できます。

 

日本では、まだSIMロックのかかった端末が多くありますが、海外ではこのSIMフリー端末が主流になっています。

 

キャリアで購入したiPhoneにはSIMロックがかかっている

 

Docomoやauで購入したiPhoneには、基本的にSIMロックがかかっています。

 

ただ、Appleストアで購入したものなら、SIMフリーの端末もあります。

 

SIMフリーのメリットはやはり選択肢の多さ

 

SIMフリー端末には、たくさんのメリットがあります。その中でもやはり一番大きいのは、選択肢の幅が広がることです。

 

国内海外を問わず自分の好きなキャリアを使えるので、これまでのように契約した1社のみだけじゃなく、選択肢が格段に増えます。

 

最近、シェア率が急激に伸びている格安SIM(MVNO)でも好きなものを選べるので、自分の使用目的に合わせて最高の1枚が選べるでしょう。

 

iPhoneをSIMフリーにする方法

 

iPhoneをSIMフリーにするには、DocomoやauなどキャリアにSIMロック解除をお願いします。

 

2015年5月、総務省が「SIMロック解除原則義務化」を開始し、対象端末であれば公式にSIMロック解除が可能になりました。

 

購入してから〇〇日以降など、SIMロック解除するにはいくつかの条件があるので、自分のiPhoneがSIMロック解除に対応しているか確認します。

 

SIMロック解除の手続きは2つ。

 

・店頭で手続き
・オンラインで手続き←オススメ

 

どちらの手続きでも、同じようにSIMロック解除が可能です。

 

ただ、店頭での手続きでは、3,000円の手数料がかかります。また、ショップによっては混んでいることもあるので、多少待たされることもあるかもしれません。

 

それに対して、オンラインなら費用は一切かかりませんし、時間や場所も問わないのでオススメです。

 

ここからは、オンラインでSIMロック解除を申し込む際の大まかな流れを説明します(SoftBank)

 

ステップ1:My SoftBankにログイン

iPhone、パソコンでもどちらでも構いません。使いやすい方で行います。

 

ログインしたら、端末の製造番号(IMEI)を入力して「次へ」を選択。IMEIは、iPhone本体の「設定」→「一般」→「情報」で確認できます。

 

ステップ2:SIMロック解除後、電源を切る

 

SIMロック解除が完了したら、一度iPhoneの電源を切ります。

 

ステップ3:別キャリアのSIMカードを挿入

 

iPhoneに挿入しているSIMカードを入れ替えます。Docomoでもauでも構いません。

 

そして、iPhoneをアクティベートして完了です。

 

その際、念のため電話やインターネットができるか確認しておきます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、iPhoneのSIMロック解除の手順についてでした。何も難しいことではないので、この記事のステップに沿ってやってみてください。

 

では、この記事が皆さんの役に立てば嬉しいです。